マリアーノ・ルモール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マリアーノ・ルモール
Mariano Rumór
Bundesarchiv B 145 Bild-F054628-0037, Ludwigshafen, CDU-Bundesparteitag, Rumor.jpg
マリアーノ・ルモール(1978年)
生年月日 1915年6月16日
出生地 イタリア王国の旗 イタリア王国ヴィチェンツァ
没年月日 1990年1月22日(満74歳没)
死没地 イタリアの旗 イタリアローマ
所属政党 キリスト教民主主義

任期 1968年12月12日 - 1970年8月6日
大統領 ジュゼッペ・サーラガト

任期 1973年7月26日 - 1974年11月23日
大統領 ジョヴァンニ・レオーネ

イタリアの旗 第24代イタリア共和国外務大臣
任期 1974年11月23日 - 1976年7月29日
首相 アルド・モーロ

イタリアの旗 第13代イタリア共和国内務大臣
任期 1963年6月21日 - 12月4日
首相 ジョヴァンニ・レオーネ

イタリアの旗 第15代イタリア共和国内務大臣
任期 1972年2月17日 - 1973年7月7日
首相 ジュリオ・アンドレオッティ
テンプレートを表示

マリアーノ・ルモールイタリア語: Mariano Rumór, 1915年6月16日 - 1990年1月22日)はイタリア政治家キリスト教民主主義所属。同国閣僚評議会議長(首相)、内務大臣をそれぞれ2期、また外務大臣を歴任した。

経歴[編集]

ヴィチェンツァのヴェネト出身。学校を卒業後、1946年に憲法制定会議の一員に選ばれた。当時、そこでは共和制に移行したばかりのイタリアにおけるイタリア議会の新たな道を模索していた。

1963年に内務大臣、1968年に首相に就任した。2期目の内務大臣を務めていた1973年、自称無政府主義者ジャンフランコ・ベルトーリイタリア語版に襲撃された。爆発により4人が死亡し、45人が負傷。ルモールは生きてその場を離れた。その後2期目の首相、また外務大臣を務めた。ベルトーリは1975年に終身刑を宣告されている。

1990年1月22日にローマで死去。74歳没。

公職
先代:
ジョヴァンニ・レオーネ
ジュリオ・アンドレオッティ
イタリアの旗 イタリア共和国
閣僚評議会議長

第57代:1968 - 1970
第60代:1973 - 1974
次代:
エミリオ・コロンボ
アルド・モーロ
先代:
アルド・モーロ
イタリアの旗 イタリア共和国外務大臣
第24代:1974 - 1976
次代:
アルナルド・フォルラーニ
先代:
パオロ・エミリオ・タヴィアーニ英語版
フランコ・レスティヴォ英語版
イタリアの旗 イタリア共和国内務大臣
第13代:1963
第15代:1972 - 1973
次代:
パオロ・エミリオ・タヴィアーニ英語版
パオロ・エミリオ・タヴィアーニ英語版
党職
先代:
アルド・モーロ
キリスト教民主主義書記長
第9代:1964 - 1969
次代:
フラミーニオ・ピッコリ英語版
執筆の途中です この「マリアーノ・ルモール」は、イタリアに関連した書きかけ項目です。この記事を加筆・訂正等して下さる協力者を求めていますP:イタリア/PJイタリア)。