ルイージ・ファクタ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ルイージ・ファクタ
Luigi Facta
FACTA Luigi.gif
生年月日 1861年11月16日
出生地 イタリア王国の旗 イタリア王国ピネローロ
没年月日 1930年11月5日(68歳)
死没地 イタリア王国の旗 イタリア王国ピネローロ
所属政党 自由党

任期 1922年2月26日 - 1922年10月31日
元首 ヴィットーリオ・エマヌエーレ3世
テンプレートを表示

ルイージ・ファクタ(伊:Luigi Facta、1861年11月16日1930年11月5日)は、イタリアの政治家、ジャーナリストムッソリーニ政権以前最後の首相である。

ファクタはイタリア王国ピエモンテ州ピネローロに生まれる。彼は法学を学んだ後、ジャーナリストとなる。その後1892年に代議院議員となった。 ファクタは自由党員の一人で司法事務次官と連立内閣の内務大臣を務め、1910年から1912年、1917年から1924年にかけて財務大臣を務めた。第一次世界大戦が勃発した際に、ファクタはイタリアの中立を保持しようとしたが、失敗した上彼の息子は戦死した。

ファクタは1922年2月に首相に任命された際、イタリアは政治的混乱に加えムッソリーニ率いる国家ファシスタ党の反乱の危機にさらされていた。同6月、ファクタはファシスト党への対応が不十分だとして不信任となり罷免されたが、政権運営をできる人間が他にいなかったため国王より再任命された。ファクタは公然とムッソリーニを批判しなかったが、ムッソリーニはファクタに辞任するように要求していた。また、民衆の蜂起に対する対応も後手に回りがちであった。その結果ヴィットーリオ・エマヌエーレ3世はファクタを罷免し、ムッソリーニに組閣を命じた(ローマ進軍)。 1924年にヴィットーリオ・エマヌエーレ3世によりファクタは上院議員に命じられた。[1]

ファクタは最期故郷のピネローロで没した。

脚注[編集]

先代:
イヴァノエ・ボノーミ
イタリア王国の旗 イタリア王国首相
第39代:1922 - 1922
次代:
ベニート・ムッソリーニ
先代:
イヴァノエ・ボノーミ
イタリア王国の旗 イタリア王国内務大臣
1922
次代:
パオリーノ・タデイ