パオリーノ・タデイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

パオリーノ・タデイ(1860年1922年)とは、ポッジョ・ア・カイアーノ生まれのイタリアの政治家でローマ進軍まで内務大臣を務めた人物である。[1]なお内務大臣の職は当時首相だったルイージ・ファクタより1922年8月1日より任されたため3ヶ月しか務めなかった。(1922年10月31日からはベニート・ムッソリーニが就いた)

出典[編集]

先代:
ルイージ・ファクタ
イタリア王国内務大臣
1922
次代:
ベニート・ムッソリーニ