イヴァノエ・ボノーミ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イヴァノエ・ボノーミ
Ivanoe Bonomi
Ivanoe Bonomi.jpg
生年月日 1873年10月18日
出生地 イタリア王国の旗 イタリア王国マントヴァ
没年月日 1951年4月20日(77歳)
死没地 イタリアの旗 イタリアローマ
所属政党 イタリア社会党 (1893-1912)
イタリア改良主義社会党 (1912-26)
労働民主党 (1942-46)
イタリア民主社会党 (1948-51)

任期 1921年6月4日 - 1922年2月26日
元首 ヴィットーリオ・エマヌエーレ3世
任期 1944年6月18日 - 1945年6月19日
元首 ヴィットーリオ・エマヌエーレ3世
テンプレートを表示

イヴァノエ・ボノーミ(伊:Ivanoe Bonomi [iˈvaːnoe boˈnɔːmi][1]1873年10月18日1951年4月20日)は、第二次世界大戦前後のイタリアの政治家である。

ボノーミはマントヴァにて生まれる。1909年に代議院議員にイタリア社会党員として当選するも、彼の改良主義思想と伊土戦争の支持により1912年、社会党から追放される。また第一次世界大戦に際しては三国協商側としての参戦を主張した。

ボノーミは1916年から1917年にかけて公共事業担当大臣を務め、1920年にはユーゴスラビアとの交渉のため国防大臣を務めた(ラッパロ条約)。1920年末には財務大臣に就任し、1921年には連立内閣で1回目の首相を務めた。しかし1922年初頭、ベニート・ムッソリーニ率いる国家ファシスタ党の反乱により連立政権は崩壊し、ルイージ・ファクタに首相の座を追われた。1922年10月にムッソリーニがローマ進軍によって権力を得ると、ボノーミは政界から退いた。

1940年にボノーミは反ファシズム運動に加わり、1943年にムッソリーニが失脚するとボノーミは運動の指導者となっており、イタリア新政府の首相の座が用意された。1944年に連合国軍がローマを奪うと、連合国側に立ちイタリア社会共和国ナチス・ドイツらファシズム勢力から母国奪還の指揮を執った。

ボノーミは1944年11月、戦後戦略として首相を辞職しようとしていたが、イギリスウィンストン・チャーチルに続投するように促された。そのため第二次世界大戦が終結する1945年まで首相を務めた。また、その後もイタリア政府の仕事を続け、条約により憲法制定委員会も務め、1946年まで外相会議にはイタリア代表として出席した。1948年には元老院議長に就任し、死ぬまで務めた。

ローマにて没した。

脚注[編集]

  1. ^ Correct Italian pronunciations of the name Ivanoe are available in the Dizionario d'ortografia e di pronunzia online.

ウィキメディア・コモンズには、イヴァノエ・ボノーミに関するカテゴリがあります。

公職
先代:
ジョヴァンニ・ジョリッティ
イタリア王国の旗 イタリア王国首相
1921年 – 1922年
次代:
ルイージ・ファクタ
イタリア王国の旗 イタリア王国内務大臣
1921年 – 1922年


先代:
ピエトロ・バドリオ
イタリア王国の旗 イタリア王国首相
1944年 – 1945年
次代:
フェルッチョ・パッリ
先代:
サルヴァトーレ・アルディーシオ
イタリア王国内務大臣
1944年 – 1945年
次代:
フェルッチョ・パッリ
先代:
ピエトロ・バドリオ
イタリア王国外務大臣
1944年
次代:
アルチッド・デ・ガスペリ
先代:
ピエトロ・トマジ・デラ・トレッタ
イタリア元老院議長
1948年 – 1951年
次代:
エンリコ·デ·ニコラ