ヴィットーリオ・エマヌエーレ・オルランド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ヴィットーリオ・エマヌエーレ・オルランド: Vittorio Emanuele Orlando, 1860年5月19日 - 1952年12月1日)はイタリア外交官政治家第一次世界大戦当時のイタリア首相でパリ講和会議の同国首席全権。

生涯[編集]

出生と代議士時代[編集]

オルランドはシチリアパレルモで生まれた。彼の父は大地主であり、オルランドが生まれた時にジュゼッペ・ガリバルディ千人隊イタリア王国統一のためシチリアに進駐してきたため、出生届の提出を遅らせている[1]

1897年、オルランドはパルティニーコ地区代表としてイタリア下院の代議員となり、1925年まで再選されつづけた[2]。オルランドは1892年から1921年の間に5回イタリアの首相を務めたジョヴァンニ・ジョリッティを支援した。政治家として果たした役割も大きかったが、オルランドは法科の教授でもあり、法律や判例に関して100を超える著書を残している。

大臣、そして総理大臣へ[編集]

オルランドは自由主義派の政治家としてさまざまな大臣になった。まずジョリッティ内閣で1903年から文部大臣を、1907年から1909年まで法務大臣を務めた。さらにアントニオ・サランドラ内閣で1914年11月から1916年まで再び法務大臣となり、パオロ・ボセッリit:Paolo Boselli)内閣で1916年から内務大臣を務めた。

第一次世界大戦下のイタリア戦線において、1917年10月25日、いわゆるカポレットの戦いでイタリア軍が大敗し、ボセッリ内閣が退陣した。オルランドはその後を受けて首相となり、戦争終結までイタリアを指導した。オルランドは優れた指導力を発揮し、1915年にイタリアのダルマチア獲得権を明記した秘密協定であるロンドン協定を活用して連合国の支援を受けることに成功する。オルランドはイタリア世論を鼓舞し、ついに1918年11月のヴィットリオ・ヴェネトの戦いでイタリアの勝利を決定的にした。オーストリア=ハンガリー軍 (en) の崩壊により、イタリア戦線は終結し、オーストリア=ハンガリー帝国は終焉を迎えることになった。この勝利により、オルランドは「勝利の首相」と呼ばれるようになった[1]

1919年、パリ講和会議[編集]

パリ講和会議における各国首脳、左からロイド・ジョージ(イギリス)、ヴィットーリオ・エマヌエーレ・オルランド(イタリア)、ジョルジュ・クレマンソー(フランス)、ウッドロウ・ウィルソン(アメリカ)

オルランドは首相であったが、1919年パリ講和会議でイタリア首席全権を兼務した。オルランド内閣で外務大臣を務めていた保守派のシドニー・ソンニーノit:Sidney Sonnino)が、ウェールズ人とのハーフであり、英語が話せなかったためと言われる。オルランドとソンニーノの方針の違いは会議が進むにつれて明確になっていった。オルランドはアドリア海の重要な港湾都市フィウメ(現リエカ)を獲得する代わりに、ダルマチア地方の割譲権の放棄を考えていた。ソンニーノはダルマチア地方こそ重要だと主張した。結局、イタリアは両方を要求することになった。しかし、アメリカのウィルソン大統領民族自決の方針により、いずれの領土も得ることはできなかった。オルランドは1919年4月に突如会議を退席するが、結局翌月に戻ってヴェルサイユ条約にしぶしぶ署名した。フランスの首相ジョルジュ・クレマンソーはオルランドを泣き虫 (The Weeper) 呼ばわりし、オルランド自身は「あの時・・・、我々の要求が全く受け入れられないと分かった時・・・、私は床にうずくまった。頭を何度も壁にぶつけた。泣いた。死にたかった」と呟いたという[1]

オルランドの政治的立場は、パリ講和会議でイタリアの要求を通せなかったことから非常に弱くなった。結局、フィウメ獲得失敗を理由に1919年6月23日に首相を辞職した。1919年12月、オルランドはイタリア下院の議長となった。

ムッソリーニを支援する[編集]

1922年ムッソリーニが政権を取った当初、オルランドはムッソリーニを支援した。しかし1924年ジャコモ・マッテオッティが暗殺されたのをきっかけとして、1925年、オルランドは下院を辞職し、政治家を辞めた[3]1935年、ムッソリーニがエチオピアに侵攻すると、オルランドはナショナリズムを触発され、ムッソリーニに親書を書いて再び政治世界に戻った[1]

戦後[編集]

1944年、ムッソリーニの失脚を受け、オルランドは保守民主党の党首となった。そしてイタリア下院の議長となり、1946年まで務めた。1946年にイタリア憲法制定議会議員に選任され、1948年にイタリア上院 (en) の終身議員に指名された。1948年、共和国となって初めてのイタリア大統領選に出馬するが、ルイージ・エイナウディに敗れた。

1952年、オルランドはローマで死去した。

マフィアとのつながり[編集]

オルランドは国会議員として活躍していた当初からマフィアとのつながりがあった[4]。マフィアを脱退し証言人となったトンマーゾ・ブシェッタは、オルランドがマフィアのメンバーであり、「名誉会員」だったと証言した[5]パルティニーコでは、アメリカからイタリアに戻ってきていたマフィアのボス、フランチェスコ・コッポラ (w:Francesco Coppola) の支援を受けた。[6]1925年、オルランドはイタリア上院で、自身がマフィアのメンバーであることを誇るかのような演説を行っている[7][8]

参考文献[編集]

  1. ^ a b c d Last of the Big Four, obituary of Orlando in Time, December 8, 1952
  2. ^ Servadio, Mafioso, p. 71
  3. ^ Orlando Out, Time Magazine, August 17, 1925
  4. ^ Arlacchi, Mafia Business, p. 43
  5. ^ Dickie, Cosa Nostra, p. 184
  6. ^ Servadio, Mafioso, p. 252
  7. ^ Arlacchi, Mafia Business, p. 181
  8. ^ Dickie, Cosa Nostra, p. 183
  • Arlacchi, Pino (1988). Mafia Business. The Mafia Ethic and the Spirit of Capitalism, Oxford: Oxford University Press ISBN 0-19-285197-7
  • Dickie, John (2004). Cosa Nostra. A history of the Sicilian Mafia, London: Coronet ISBN 0-340-82435-2
  • Servadio, Gaia (1976). Mafioso. A history of the Mafia from its origins to the present day, London: Secker & Warburg ISBN 0-440-55104-8


公職
先代:
パオロ・ボセッリ
イタリア王国首相
1917-1919
次代:
フランチェスコ・サヴェリオ・ニッティ
先代:
ジュゼッペ・マルコーラ
イタリア下院議長
1919 - 1920
次代:
エンリコ・デ・ニコラ
先代:
ディーノ・グランディ
イタリア下院議長
1944 - 1946
次代:
カルロ・スフォルツァ
執筆の途中です この「ヴィットーリオ・エマヌエーレ・オルランド」は、イタリア歴史関連の書きかけ項目です。この記事を加筆・訂正などして下さる協力者を求めています。(PJイタリア/P:イタリア