イタリア社会党

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イタリアの旗 イタリアの政党
イタリア社会党
Partito Socialista Italiano(PSI)
成立年月日 1892年8月14日 - イタリア労働者党
1895年1月13日 - イタリア社会党
解散年月日 1994年11月13日
解散理由 新党結成のため
後継政党 イタリア社会主義者
本部所在地 ローマ市
政治的思想・立場 民主社会主義社会民主主義
機関紙 アヴァンティ!
シンボル イタリア社会党党章
国際組織 社会主義インターナショナル
テンプレートを表示

イタリア社会党(イタリアしゃかいとう、Partito Socialista Italiano、略称:"PSI")は、かつて存在したイタリア政党

概要[編集]

1892年に、労働者運動の広がりを受けてフィリッポ・トゥラーティを中心に社会主義政党としてイタリア労働者党(伊:Partito dei Laboratori Italiana)が結成された。その後1895年にはイタリア社会党に改称。左翼勢力の中心として大きな勢力を持ち、ベニート・ムッソリーニもかつては社会党員だった。1919年から1924年までコミンテルンに加盟してたものの、イタリア共産党の創設や社会党の分裂から離脱する。

第二次世界大戦後は、長らくキリスト教民主主義民主社会党共和党中道左派連立政権を組み、1980年代には同党のベッティーノ・クラクシが首相となり戦後イタリア史上最長の内閣となるなどで政権の中枢になったが、1990年代に汚職事件捜査の対象となり、クラクシはチュニジアへ亡命(同地で客死)。

政治改革推進の下、小選挙区比例代表並立制が導入されると、汚職事件に対する国民の糾弾もあり、1994年の総選挙では僅か14議席の獲得にとどまり、党名変更などを行うも党勢は大きく衰退した。

1998年には、クラクシ元首相の路線とは一線を画すボゼッリらがイタリア社会党の再建を期してイタリア民主社会主義者(SDI)を結成し、イタリア社会党は事実上、解体した。

その後、クラクシの息子やクラクシのもとで活躍したデ=ミケリス元外相らがボゼッリらのSDIとは別に新イタリア社会党(NPSI)を結成。ただし、NPSIはシルヴィオ・ベルルスコーニ中道右派政権の連立与党であり、現在のイタリアの社会民主主義勢力の中心は民主党である。

党史[編集]

党勢の推移[編集]

下院[編集]

選挙 当選/候補者 定数 備考
第18議会総選挙 6/- 508 労働者党
第19議会総選挙 15/- 508 社会党
第20議会総選挙 16/- 508
第21議会総選挙 33/- 508

関連項目[編集]