ジャコモ・マッテオッティ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジャコモ・マッテオッティ
フラッタ・ポレージネにあるマッテオッティの墓

ジャコモ・マッテオッティ(Giacomo Matteotti、1885年5月22日1924年6月10日)は、イタリア社会主義者。統一社会党の書記もつとめた。台頭するファシズムに対峙したが、1924年に暗殺された。

生涯[編集]

ヴェネト州フラッタ・ポレージネ出身。

ボローニャ大学で法学を修めた。若い頃より活発に社会主義運動に参画した。第一次世界大戦に際しては、戦争反対の姿勢をとった。統一社会党の中心人物として、とりわけ1922年のムッソリーニ政権成立以降、ファシスト党ムッソリーニらの批判を続けたが、1924年6月10日にローマで誘拐されたのちに刃物で刺されて殺害され、6日後にリアーノ付近で発見された。犯人としてファシストの5人が浮上し、うち4人が逮捕されたが有罪判決を受けたのは3人で、その3人もまもなく恩赦により釈放された。ムッソリーニがこの一件に関係していると推測されている。第二次世界大戦後の1947年に彼らを含む関係者の裁判が再び行われ、3人が終身刑の判決を受けた。

第二次世界大戦後、ローマに彼の記念碑が建てられた。墓は故郷のフラッタ・ポレージネにある。

関連項目[編集]