イタリア民主社会主義者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イタリアの旗 イタリアの政党
イタリア民主社会主義者
Socialisti Democratici Italiani(SDI)
成立年月日 1994年11月13日(SI)
1998年5月10日(SDI)
解散年月日 2007年10月5日
解散理由 新党結成のため
後継政党 社会党(のちイタリア社会党)
党員・党友数
71,783[1]
政治的思想・立場 社会民主主義
民主社会主義
国際組織 社会主義インターナショナル
欧州社会党
テンプレートを表示

イタリア民主社会主義者イタリア語: Socialisti Democratici Italiani、略称:SDI)は、イタリアに存在した政党。

タンジェントポリの嵐のなかで1994年イタリア社会党は崩壊し、党名を イタリア社会主義者イタリア語: Socialisti Italiani、SI)に変更した。新たに書記長となったエンリコ・ボッセリは、タンジェントポリの元凶のひとりとされたベッティーノ・クラクシとは距離を置いた。1996年イタリア総選挙においては、ランベルト・ディーニ首相イタリア刷新と組み政党連合オリーブの木」に加わる形で下院で7議席、上院で5議席を獲得した。

1998年イタリア民主社会党などと統合し、ベッティーノ・クラクシの子息ボボ・クラクシらも加わって イタリア民主社会主義者(SDI) となった。社会党や民主社会党の時代と比べると小選挙区制のため党勢を落としていたが、社会主義インターナショナルに加盟していた。書記長にはボッセリが横滑りで就任した。結成後は1999年の欧州議会のイタリア選出議員選挙において約2.2%の得票で2議席を獲得した。2001年イタリア総選挙ではオリーブの木のなかで緑の連盟ジラソーレ(ひまわり)連合を組んだが、約2%強の得票にとどまった。2004年の欧州議会のイタリア選出議員選挙においてはオリーブの木に加わり、2議席を獲得した。この間、2001年にボボ・クラクシは離党して新イタリア社会党に加わり、また旧民主社会党のグループも2004年に離党してイタリア民主社会党を再建した。

2006年イタリア総選挙においてはイタリア急進主義者政党連合バラを握り締めて」を結成して中道左派連合のルニオーネに参加、下院で18議席を獲得した(上院はゼロ)。その後、2007年新イタリア社会党の多くなどと合流して 社会党 を結成したが、この党は続く2008年イタリア総選挙においては準備不足もあり惨敗、イタリア議会の全議席を失った[2]。その後、2009年に改めてイタリア社会党と改称した。現在も議会に議席を有していないが、社会主義インターナショナル加盟政党である。

脚注[編集]

関連項目[編集]