マーニ・プリーテ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

マーニ・プリーテイタリア語: Mani pulite)は、1990年代初頭にイタリアで実施された検察による汚職捜査である。

概要[編集]

タンジェントポリと呼ばれるイタリア政界に蔓延する構造汚職に検察が捜査を開始したことで400名以上の政治家が訴追され、キリスト教民主主義イタリア社会党を中心とする与党勢力は崩壊し、第3次アンドレオッティ内閣は総辞職した。

関連項目[編集]

執筆の途中です この「マーニ・プリーテ」は、イタリア歴史関連の書きかけ項目です。この記事を加筆・訂正などして下さる協力者を求めています。(PJイタリア/P:イタリア