転向

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

転向(てんこう)とは思想や政治的な主張・立場を変えること。特に、日本昭和戦前戦中の厳しい弾圧により、多くの人が共産主義社会主義の立場を放棄した現象を指す。

転じて、「野球からプロレスに転向」、「理系から文系に転向」、「アイドルから声優へと転向」といったように、方向や方針、進路などを変えることも転向と呼ばれる。

「転向」の語源と意味の変遷[編集]

類似する概念として、近世に行われたキリシタンに対する仏教神道への改宗棄教の強要があげられる。棄教したキリシタンのことを転びキリシタンと呼ぶ。戦前には、特別高等警察憲兵検察などによって硬軟あらゆる手段を使って「主義者」の「過激」思想を放棄させようとするのが国家の思想政策、思想行政であった。その際に、組織からの離脱を心理的に容易にさせるため、「これは変節ではなく、『正しい路線にかう』のだ」という論法がもちいられた。これが転向の起源である。戦後、思想・良心の自由が保障されるようになってからは「日和った」、「転んだ」などと軽蔑される傾向がある。

共産主義などからの転向[編集]

ロシア革命ドイツ革命帝政国家が倒されると、社会主義思想が高揚し、1922年日本共産党が非合法のうちに結成された。しかし、政府は普通選挙の実施と引き換えに治安維持法(1925年)を制定してこれらの動きに対抗した。第1回普通選挙の後、三・一五事件(1928年)、四・一六事件(1929年)と共産主義者らの一斉検挙がおこなわれた。

1928年の三・一五事件で検挙された水野成夫日本共産党労働者派は獄中転向第一号とされ、1933年6月には日本共産党委員長の佐野学鍋山貞親とともに獄中から転向声明を出した。どちらも京都学連事件でも指揮をとり、後に思想犯保護観察所をつくる東京地方裁判所検事の平田勲が関わっていた[1]。共通点としてソ連の指導を受けて共産主義・社会主義運動をおこなうのは誤りであり、今後は天皇を尊重した共産主義・社会主義運動をおこなうという内容であった。この声明は世間や獄中にあった運動家に大きな衝撃を与え、大量転向の動きを加速させた。

拷問による転向もあったが、警察官思想検事に「故郷の両親は泣いているぞ」などと情に訴えられる精神的な方法で説得された者もおり、転向した学生は大学当局や文部省から復学をすすめられ[2][3]、社会復帰のために司法省に保護されて内務省や特高警察官から就職も斡旋されるなど様々な好条件で懐柔された[4][5]。しかし、日本共産党などの活動は大衆との結びつきが薄く、インテリ層を中心としたものであったため、活動が大衆の生活や要求と遊離していることに悩み、運動から離れた者も多かった。転向しなかった194名が拷問で殺され、1503人が獄中で病死したとされている(「文化評論」1976年臨時増刊号)。

昭和前期に治安維持法違反容疑で検挙された者は7万人を超えるといわれるが、多くの者が転向の誓約書を書いた。最後まで主義を貫いたのは日本共産党でも徳田球一宮本顕治袴田里見などごく少数(第二次世界大戦終結後まで残り、法廃止で釈放された者は“人民戦士”と称えられ、党幹部になった)であり、ほとんどの者が共産主義を放棄し、転向した(江田三郎も転向組である。圧迫に耐えかねた偽装転向仮装転向と称されるものも存した)。

当時の日本で主に国家社会主義への転向者が多かった背景には、統制経済政策に代表されるような全体主義という点では、共産主義国家総動員体制も共通項が存在したためといえる。また、転向したものの中には満洲国に理想の新天地を求めて大陸に渡ったものも多い。もとプロレタリア作家山田清三郎は満洲で文学運動の一翼をになった。

戦後には、佐野や鍋山、平林たい子らのように反共主義の立場を維持したものもいたが、中野重治佐多稲子らのように過去を反省してふたたび日本社会党や日本共産党に入り、社会進歩の運動に参加した者も多い。逆に、そのときに過去を隠していたとして批判をうけたものもいる。

転向文学[編集]

とくに、文学の分野では転向問題をテーマにした作品が多くかかれ、村山知義の『白夜』、中野重治の『村の家』などが知られ、島木健作の小説『生活の探求』(1937年)は当時、ベストセラーになるほどであった。この中では、農民運動に参加し、検挙されてから実際の運動から離脱して文学の道に向かった島木と、文学者としてプロレタリア文学運動への弾圧によって転向した村山・中野とは位相の差があるのだが、当時はひとしなみに転向文学としてあつかわれた。

近代日本思想史上の現象として[編集]

近代日本思想史上に広くみられた現象として転向をとらえることもある。例えば、幕末に攘夷を叫んでいた倒幕側の指導者が政権に就くと、一転して欧化政策を取るようになった。思想家でよく知られる例では、加藤弘之啓蒙主義天賦人権論から国権主義的な社会進化論に主張を変えたことや、三国干渉に衝撃を受けた徳富蘇峰平民主義から国家主義に転じたことなどがある。

内大臣外務大臣などを歴任した伯爵牧野伸顕は「二十代までラディカルでないような青年は見込みがないし、三十以後になってもラディカルなまま変わらない人間もまた見込みがない」(浅見雅男「華族たちの近代」中公文庫P230)と語っており、同様のことは牧野の引用としてに限らずよく口にされている。山本七平はこのことについて「これは人間の思想は年齢によって類型的に変化するのが当然という考え方で、(日本では)こういう変化をしない人間がいればむしろ異常なのである。従って、『あの人は学生時代共産党員だったから云々』と言えば言う者が非常識か難癖をつけているように思われるのが普通である。ところが欧米では、一度社会主義者になれば、明確に転向宣言をしない限り生涯社会主義者であるというのが当然なのである」と述べている(山本七平「『常識』の非常識」文春文庫、P228~231)

第二次世界大戦後には日本全体で軍国主義から自由主義民主主義への集団転向が行われたともいえる[独自研究?]。また、1960年安保闘争や平和運動で活躍した社会学者の清水幾太郎が『日本よ国家たれ』(1980年)で日本の武装化を主張し、人々を驚かせたこともあった。こうした現象から、西欧で流行した思想に次々と飛びついた日本人(特に知識人)の底の浅さが指摘されることもある[要出典]。他に、冷戦の激化に伴うアメリカの対日政策の転換(逆コース)は、日本の保守層の多くを親米・対米従属路線へと転向させた。例えば岸信介中曽根康弘のような例である[独自研究?]

日本共産党員・社会主義者であったが脱退し反共主義の立場に転じた人物には、第二次大戦前は田中清玄水野成夫赤松克麿赤尾敏、戦後は西部邁藤岡信勝渡邉恒雄佐藤勝巳らが転向の事例として挙げられている。明確な反共主義者ではなくとも、猪瀬直樹長谷川慶太郎など、学生運動や共産党から離れ保守寄りになったという人物は多い。ただし、これらの人物も転向後も革新時代の主張の名残が見られるとして批判されることがあり、西部に対しても反米、反自由主義という点においては左翼や社会主義者と変わりがないという親米保守派からの批判がある[要出典]

雨宮処凛のように、民族派から革新側に「逆転向」するケースもあるが、日本では右派の運動家から左派に転向する者は(戦後の一時期を除き)比較的少数で例外的な存在である[6]

普遍的な現象として[編集]

そのような指摘がある一方で、転向が古今東西から広くみられる現象であることは確かである。

古代ローマでは共和派が帝政派に変わることがあった。古くは革命家から反革命に転ずる者がいる。例えば、ナポレオン・ボナパルトはその典型である。ナポレオンは元々はフランス革命に参加したジャコバン党の熱烈な支持者であり、1791年に入党している。しかし、テルミドールの反動で逮捕された後、帝政派に転向し、世界に名を轟かせる皇帝となった。

20世紀ではファシズムを創立したベニート・ムッソリーニは、イタリア社会党サンディカリスト出身で、当初は共和主義社会主義の傾向の強いファシスト・マニフェストを掲げた。ナチスも、長いナイフの夜によりヒトラー独裁体制が徹底する前には、オットー・シュトラッサーヨーゼフ・ゲッベルスら社会主義傾向の強いナチス左派が党内に存在していた。

現代ではネオコントロツキストから転向したとされており、それ以前の世代でもバリー・ゴールドウォーターロナルド・レーガン民主党から共和党に転向したとされている[7]。このように転向はグローバルに見られる現象といえる。

一般的にいえば、時の権力者などの弾圧に耐えかねて自身が抱いていた政治的・思想的・宗教的態度を放棄し転向した者は、その時代における一定の生活などがある程度は保障される。しかしながら、最後の最後まで自らの信念を貫き通した者に対しては、時の権力者などから激しい弾圧や拷問などが加えられて生物学的に殺されることもある。しかしながら、歴史的にみれば、挫折して転向した者に対する死後の評価は決して高いものではないが、自分の信念を貫いて死んでいった者に対しては、死後に彼らに対する名誉が回復し、死後に評価を受ける場合もある。

山本七平は変節について論じ、「ある共産党幹部がいて、彼は実際には革命も社会主義も信じていないとする。彼が社会主義者としての名声や自分の過去を否定する苦痛、共産党幹部としての安楽な生活などを維持するために社会主義者として振る舞い社会主義者として死んだ場合、これは変節でないかといえば私はそうは思わない。逆に、その共産党幹部が『私はもはや社会主義を信じていない』と正直に告白すれば、変節者として激しく批判されるだろうが、彼は自分も他人も欺いていないわけで変節とは呼べないのではないか」と述べている。そして、「社会一般で変節とされている後者のすべてが本当に『それまで信じていたものが信じられなくなった』からかというのは他人にはわからないが、前者については、人はいつかそれに気づき黙ってそのような者・組織に背を向けてしまう。変節とは結局、誰も口にしなくとも時が明らかにしていく」としている。(山本七平「『常識』の研究」文春文庫P110 - 113)

脚注[編集]

  1. ^ 『思想検事』(荻野富士夫) P43、P31~P32
  2. ^ 桑尾光太郎『左翼学生の転向と復学--東京帝国大学における事例』東京大学史紀要 (24), 1-20, 2006-03
  3. ^ 桑尾光太郎『転向学生の復学とその後--東北帝国大学・京都帝国大学における事例』東京大学史紀要 (27), 1-16, 2009-03
  4. ^ 思想犯保護観察所を設け乗り出した司法省、東京日日新聞、1935年10月2日(神戸大学電子図書館システム)
  5. ^ 左翼転向者の身の振方に内務省一肌脱ぐ 全国警察署に職業紹介係設置、大阪毎日新聞、1935年4月23日(神戸大学電子図書館システム)
  6. ^ 久野収はこのことに関して、日本の左翼の弱点は右翼から左翼に転じた人がいないことだと論じている[要出典]
  7. ^ 村田晃嗣「レーガン」中公新書、P108

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 吉本隆明著『マチウ書試論・転向論』
  • 思想の科学研究会編『共同研究 転向』上中下
  • 藤井誠二 『重罰化は悪いことなのか 罪と罰をめぐる対話』 双風舎(原著2008年11月1日)、初版。ISBN 97849024651432009年6月24日閲覧。