学生運動

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

学生運動(がくせいうんどう)は、学生が行う社会運動。主に社会的・政治的な運動を指すが、広義では文化運動も含める。本項では文化運動も含めた広義の学生運動について解説する。

概要[編集]

学生運動の起源は、中世ドイツにおける大学自治権要求運動である。学生には社会への批判・懐疑を抱きやすい特性があり、運動近現代において、社会変革の大きな勢力の一つとなった。1960年代末に中華人民共和国フランスアメリカ合衆国、ドイツ、イタリア日本などで世界的な高揚を見せた(詳細はスチューデント・パワーを参照)。

日本[編集]

日本の学生運動は、大正デモクラシーの時期に始まり、戦後になって盛んになった。1960年安保闘争1968年 - 1970年全共闘運動・大学紛争に盛り上がりを見せるが、全共闘や過激派による暴力、100名以上の殺害等により、以後急速に後退し、現在に至るまで下火の状態が続いている。現在では、多くの大学ですでに衰退している。

学生運動を描いた作品[編集]

※日本を題材にした作品は日本の学生運動を参照。

小説[編集]

関連項目[編集]