新左翼

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
新左翼の父とされるヘルベルト・マルクーゼ

新左翼(しんさよく、ニューレフト英語: New Left)とは、第二次世界大戦後1960年代に、欧米日本などの先進国において、急進的革命を志向し、主に大学生や大学院生や青年労働者から構成された左翼的な政治運動や政治勢力のこと。

概要[編集]

この呼称は元々英国でニューレフト・レビューを発行していたイギリス共産党の左派に由来する[1][2]。旧来の共産党社会民主主義政党について、権力にしがみつき戦わない左翼である既成左翼として批判し、それらの議会政治左翼とは異なり、自らは戦闘的左翼または革命的左翼であるして、急進的な革命を志向し過激な直接行動に出たため、「新左翼」と呼ばれた。

これらの基本的イデオロギーとしては反パターナリズムに基づく反共産党反スターリン主義、又は、アナキズムプルードン主義バクーニン主義クロポトキン主義アナルコ・サンディカリズム)、マルクス主義トロツキズム)、毛沢東主義などと、マイノリティー擁護(民族問題男女差別問題など)の2つが柱となっている。

各国の新左翼[編集]

フランス[編集]

イタリア[編集]

日本[編集]

アメリカ合衆国[編集]

アメリカでは1960年代後半からベトナム反戦運動が盛り上がり、公民権運動学生非暴力調整委員会(SNCC)やブラックパンサー党の登場で急進化した。1968年にはニューヨークコロンビア大学をはじめとする多くの大学が急進派の学生に封鎖され、非暴力による黒人解放運動を指導していたマーティン・ルーサー・キング牧師が暗殺されると全米でいっせいに黒人による暴動が発生した。

ドイツ[編集]

ドイツではルディ・ドゥチュケが指導し、ドイツ赤軍(バーダー・マインホーフ・グルッペ)などが1970年代の後半には「ドイツの秋」と呼ばれる一連のテロ事件を起こしたが、1980年代には当局の弾圧もあり下火になり、ドイツ赤軍1998年には解散を宣言した。

参考文献[編集]

出典[編集]

  1. ^ Ian Birchall, "The Autonomy of Theory: A Short History of New Left Review," International Socialism [London], no. 10 (Winter 1980/81), pg. 53.
  2. ^ Michael Kenny The First New Left: British Intellectuals After Stalin London: Lawrence & Wishart

外部リンク[編集]