万国の労働者よ、団結せよ!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ソビエト連邦の国章のリボンの部分には、構成共和国で使われていた15の言語でこのスローガンが書かれている。

万国の労働者よ、団結せよ!(ばんこくのろうどうしゃよ、だんけつせよ!)とは、共産主義に関して最も有名なスローガンの一つである。

初出は、カール・マルクスフリードリヒ・エンゲルス1848年の『共産党宣言』の"Proletarier aller Länder vereinigt Euch!"(万国のプロレタリアートよ、団結せよ!)である。ロンドン・ハイゲイト墓地にあるマルクスの墓石には、この文言の変種(Workers of all lands, unite)が刻まれている。原文の“プロレタリアート”が“労働者”と改変された理由は定かでない。

このスローガンはソビエト連邦の国是(Пролетарии всех стран, соединяйтесь! Proletarii vsekh stran, soyedinyaytes’!)であり、ソビエト連邦の国章や、1919年のロシア・ソビエト連邦社会主義共和国の紙幣(ドイツ語・フランス語・中国語・英語・アラビア語で書かれている)、1921年から1934年のソ連の硬貨、多くのソ連の新聞などにその文言を見ることができる。また、労働者のストライキや抗議で、この文言を繰り返し唱えることがある。[1]

変種[編集]

1848年に出版された最初のスウェーデン語への共産党宣言の翻訳では、翻訳者のPehr Götrekはこのスローガンを"Folkets röst, Guds röst!"(人民の声、神の声[2]。「Vox populi英語版」を参照)と訳した。後の翻訳では、元の文言に沿った訳文になっている。

毛沢東主義者の間では、ウラジーミル・レーニンによる変種である「世界の労働者と抑圧された民族と国よ、団結せよ!」が時々使われる。このスローガンは、1920年の第2回コミンテルン大会のスローガンで、コミンテルンの反帝国主義・反植民地主義のアジェンダとして示されたものである。

翻訳[編集]

このスローガンは多くの言語に訳されている。全てのソビエト連邦構成共和国では、国内で使用されている地方の言語に翻訳していた。様々な言語への翻訳例は、ウィクショナリーで見ることができる。

脚注[編集]

  1. ^ May Day celebrated on both sides of Line of Control”. socialistworld.net (06/05/2008). 2010年11月30日閲覧。
  2. ^ 朝日新聞の朝刊コラム「天声人語」の語源でもある

外部リンク[編集]

関連項目[編集]