赤旗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
赤旗
無地の赤旗
1848年革命時のパリでのバリケード戦の様子を描いた絵画。

赤旗(あかはた、せっき、: red flag)とは、色ので、フランス革命以降は政治的には革命あるいは革命思想である社会主義共産主義を象徴する旗である。特に共産主義レーニン主義を表す鍬とハンマー赤い星などの図案と組み合わせて使用される場合も多い。

中国語では「红旗」とよばれ、中国共産党理論誌の誌名や国産自動車のブランド名(紅旗)にも用いられている。

社会主義・共産主義の意味を持つ赤旗[編集]

起源・沿革[編集]

本来はフランス王国において戒厳令が発動されていることを示す旗だったが、1791年フランス革命において革命派の内部で急進派[1]ラファイエットが軍隊を率いて弾圧したシャン・ド・マルスの虐殺事件を契機に、これに対する抗議として戒厳令旗である赤旗を革命旗に採用したとされる。この後も赤旗は革命を象徴する旗とされ、フランス革命の階級闘争の側面を引き継ぐことを自称する社会主義や共産主義団体、特に社会主義国家が団体旗や国旗に採用している。また、労働組合においても、資本家と労働者の階級闘争のシンボルとして赤旗が採用される。さらに国際主義から肌の色を問わない全人類のを象徴するともされた。

主な例[編集]

社会主義・共産主義の意味合いでの赤地の国旗を採用した例は、ソビエト連邦の国旗が代表的である。ソビエト連邦を構成していた各共和国の旗は、ソビエト連邦の国旗を基本に、下や左右の端に赤以外の色や民族特有の模様などをあしらったものが用いられた。

現在用いられている国旗では、中華人民共和国の国旗ベトナムの国旗などがある。またアルバニアでは1912年の独立以来、赤地に黒で双頭の鷲のシルエットが描かれた国旗が用いられているが、アルバニア労働党政権下では、これに鎌と槌(1944年 - 1946年)、赤い星(1946年 - 1992年)を描き加えたものが用いられた。この時期には地色の赤にも社会主義・共産主義の意味合いが付加されていた可能性がある。[2]

派生した旗[編集]

赤・黒2色旗[編集]

ロシア革命後、1920年代には無政府主義者が共産主義側に共感を覚え、無政府主義のシンボルカラーだったに、共産主義のシンボルカラーだったを組み合わせた無政府主義旗が生まれた。また第二次世界大戦後、アフリカラテンアメリカで、社会主義と民族主義独立運動を結びつけた運動理念を掲げる組織の旗標としても用いられた。

その他[編集]

社会主義や共産主義を意味する赤を部分的に使用した旗には以下がある。

その他の赤旗[編集]

社会主義や共産主義とは関係無い、主な赤地の旗には以下がある。

脚注[編集]

  1. ^ ルイ16世の廃位を請求運動したグループだが、まだ明確には共和派ではなく、別の国王を立てることも念頭にあった時期
  2. ^ アルバニア革命画集” (日本語). 2008年9月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年2月12日閲覧。
  3. ^ アドルフ・ヒトラーは『我が闘争』で旗の赤色を「赤色に我々は運動の社会的理念を見る」と記した(Mein Kampf, S.496-497)。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]