イエメン王国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イエメン・ムタワッキリテ王国
المملكة ‏المتوكلية اليمنية
al-Mamlakah al-Mutawakkilīyah al-Yamanīyah
オスマン帝国 1918年 - 1962年 北イエメン
イエメンの国旗 イエメンの国章
イエメンの国旗 イエメンの国章
イエメンの位置
公用語 アラビア語
首都 タイズサナア
国王
1918年 - 1926年 ヤヒヤ・ムハンマド・ハミード・アッ=ディーン
1962年 - 1962年 ムハンマド・アル=バドル
面積
195,000km²
変遷
オスマン帝国より独立 1918年11月1日
国連加盟 1947年9月30日
北イエメン内戦勃発 1962年9月26日
通貨 北イエメン・リアル
国際電話番号 967

イエメン・ムタワッキリテ王国アラビア語: المملكة ‏المتوكلية اليمنية‎, ラテン文字転写: al-Mamlakah al-Mutawakkilīyah al-Yamanīyah)、通称イエメン王国は、1918年から1962年までの間、現在のイエメン北部に存在した国家。首都は当初タイズにあり、後にサナアに遷った。

シーア派の一派・ザイード派のイマーム897年にイエメンに拠点を置き、その子孫のラシード家から出るイマームが、時には他の王朝の支配下に置かれながらこの地を統治してきた。1918年10月30日に当時のイマームであったアル=ムワッタキル・ヤヒヤ・ムハンマド・ハミード・アッ=ディーンがオスマン帝国からの独立を宣言し王制を敷いた。1958年アラブ連合共和国との間でアラブ国家連合を構成するが、1961年シリアが独立したことに伴いアラブ連合共和国が崩壊したため解消した。

1962年に王制が打倒されて、汎アラブ主義を掲げた新政府イエメン・アラブ共和国が成立した。 なお、王制派はサウジアラビアに亡命政府を樹立し、イエメン・アラブ共和国政府との間で1970年まで内戦が続いた。

国名[編集]

正式名称はアラビア語で、المملكة ‏المتوكلية اليمنيةal-Mamlakah al-Mutawakkilīyah al-Yamanīyah)。

英語表記は、Mutawakkilite Kingdom of Yemen、或いはMutawakelite Kingdom of Yemen。通称、Kingdom of Yemen

日本語の表記は、イエメン・ムタワッキリテ王国。通称、イエメン王国

1947年9月30日国際連合に加盟した際、イエメン王国はイエメンYemen)を代表する国家として加入した。これは、当時イエメン王国がイエメンを名乗る唯一の国家として存在していた為である。ただし、王国崩壊後に成立したイエメン・アラブ共和国は、南イエメンがイエメンを名乗る別個の国家として独立したことで、相対的に北イエメンと通称されるようになった。その影響から、今日ではイエメン王国を、イエメン・アラブ共和国から歴史的に遡及して、北イエメンと称することもある。

国境線[編集]

1934年サウジアラビアとイエメン王国が交戦状態となった。停戦時に結ばれたターイフ条約は国境線の画定を先延ばしにするものであり、国境線は20世紀を通じて曖昧な状態が続いた。