イエメンの国章

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イエメンの国章
Emblem of Yemen.svg
詳細
使用者 イエメンの旗 イエメン

イエメンの国章(イエメンのこくしょう)はイエメンの象徴の一つ。金色の鷲が左を向き、足のかぎづめで「イエメン共和国(Al-Jumhuriyyah Al-Yamaniyah、アラビア語:الجمهورية اليمنية )」と書かれた帯を持っている。胸にはコーヒーの木とマリブ・ダム(四本の青の線と三本の白い波線)が描かれた盾を抱えている。また鷲は足でイエメンの国旗を左右に掲げている。

1990年まで、イエメンは北イエメンイエメン王国およびイエメン・アラブ共和国)と南イエメン南アラビア連邦、南アラビア保護領、およびイエメン人民民主共和国)に分かれていた。北イエメンは現在のイエメンの国章と似た国章を制定しており、鷲の胸の盾は以前のイエメン王国の国章と似ていた。南イエメンはエジプトイラクシリアに似た国章を持っていた。

旧北イエメンの国章[編集]

旧南イエメンの国章[編集]

関連項目[編集]