ブータンの国章

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ブータンの国章
Emblem of Bhutan.svg
詳細
使用者 ブータン
採用 1980年

ブータン国章(ブータンのこくしょう)には、円形の中にブータンを象徴する雷龍(ドゥルック)のほか、さまざまな仏教のシンボルが描かれている。このエンブレム1980年以来使用されている。

赤い円の中央には二本の金剛杵チベットやブータンではドルジェ dorje という)が十字に交差し、その下にはの花がある。金剛杵の交わる中央には宝玉があり、金剛杵の左右を二匹の雷龍が取り巻いている。

二本の金剛杵は世俗の権力と宗教の権力の調和を、蓮は清浄を意味する。宝玉は主権、あるいは仏教の三宝を意味する。二匹の雷龍はオスとメスであり、本来のブータンの国名「ドゥルック・ユル」(Druk Yul、「雷竜の国」)を象徴している。

金剛杵の上にはチャットラ(Chattra)と呼ばれる傘がある。これはチベットのアシュタマンガラ(Ashtamangala、八吉祥)と呼ばれる吉祥物のひとつで、ブータンの人々と国王の精神的な守りを意味する。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]