アラブ首長国連邦の国章

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アラブ首長国連邦の国章
Emblem of the United Arab Emirates.svg
詳細
使用者 アラブ首長国連邦

アラブ首長国連邦国章(アラブしゅちょうこくれんぽうのこくしょう)はアラブ首長国連邦の象徴の一つ。1973年に制定され、2008年に微修正された。他のアラブ諸国国章同様、この国章は預言者ムハンマドの属するクライシュ族を表す金のをあしらっている。

2008年3月22日に修正された紋章では、鷹のにはアラブ首長国連邦の国旗を描いた円盤があり、円盤の周りは連邦を構成する7つの首長国を表す7つので囲まれている。また足のかぎづめで「アラブ首長国連邦(アラビア語:الإمارات العربية المتحدة )」と書かれた赤い帯を持っている[1]

歴史[編集]

2008年以前の国章では、鷹の胸にはペルシャ湾からアラビア海の交易を支えたダウ船クウェートカタールの国章にも描かれている)を描いた赤い円盤があり、で囲まれていた。

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]