イランの国章

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イランの国章
Emblem of Iran.svg
詳細
採用 1980年

イラン国章は、4つの三日月とサーベルの5部から成る。4つの三日月は、アッラーフ言葉を象徴する。国章の5部構成は、イスラムの5原則を象徴する。サーベルの上には、W型の「タシュディード」が位置する。アラビア文字では、タシュディードは、促音化すなわち子音の重複を示し、ここでは、サーベルの力が二重であることを意味している。国章の形は、チューリップに似せられている。古代ペルシャ伝説では、祖国のために兵士が戦死した場所には、赤いチューリップが咲くという。現在でも、チューリップは、勇敢さの象徴と考えられている。1980年より以前の帝政時代には、ライオンをモチーフにした紋章が用いられていた。

関連項目[編集]