日本の国章

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
十六八重表菊
Imperial Seal of Japan.svg
詳細
使用 皇室により使用

日本国章(にほんのこくしょう)について解説する。日本では法令上明確な国章は定められていないが、伝統的に天皇紋章として使用し、今日でも皇室が事実上の家紋として使用している十六八重表菊が、慣例的に国章に準じた扱いを受けている[1]

日本の旅券

日本の旅券(パスポート)の表紙に表示されているのは十六一重表菊で、同じ菊花紋章でも十六八重表菊とは意匠が異なる[2]。これは、国章が法制化されていなかったために、1926年より菊花紋を意匠として用いたことがはじまりである[3]

日本政府の紋章[編集]

五七桐花紋は、歴史上皇室や政権担当者が紋章として使用し、内閣総理大臣政府内閣府が事実上の紋章として使用している。

琉球王国[編集]

かつての琉球王国では、第二尚氏の家紋である左巴紋が国章に準じた扱いを受けていた[4]

脚注[編集]

  1. ^ 商標法 第4条においては菊花紋は国旗と同列にて商標登録が禁止されている
  2. ^ ちょっと気になるパスポートの歴史 学研パブリッシング
  3. ^ 外交史料Q&A 外務省
  4. ^ 琉球大学図書館貴重書展 内外旗章便覧