キプロスの国章

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
キプロスの国章
Coat of Arms of Cyprus.svg
詳細
使用者 キプロス
採用 1960年

キプロス国章(キプロスのこくしょう)は、黄色の中に、オリーブの枝をくわえた(これはよく知られた平和のシンボルである)と、その下に数字の「1960」をあしらっている。

構成[編集]

盾の黄色は黄銅色で、「キプロス」の名の由来ともなった豊富な鉱石の鉱脈を意味している。キプロスの銅鉱石は、主に黄金色の黄銅鉱からなっている。盾を囲む二本のオリーブの枝は、キプロスの二大コミュニティであるギリシア人トルコ人コミュニティを表す。数字はキプロスがイギリス植民地から独立した年である1960年を意味する。キプロスの国旗同様、トルコ系市民である Ismet Güney がデザインを行った[1]

歴史[編集]

イギリスの王領植民地時代のキプロスでは、地元植民地政府がイングランド王室紋章に基づき、左へ向かって大またで歩く(Passant)二頭の「ライオン」をあしらった紋章を使っていたが、これが公式に認められることはなかった。

1960年の独立直後、大統領でキプロス正教会首座主教マカリオス3世と、副大統領でトルコ系市民の政治団体を率いたファーズル・キュチュクは国章の制定を求め、キュチュクの友人 Ismet Güney が下絵を描き、その通りに国章が決まった。

1974年にキプロスが南北に分断され、1983年に北部のトルコ系住民が北キプロス・トルコ共和国の建国を宣言したため、この国章は事実上キプロス島の南部だけの国章である。

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]