シリアの国章

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
シリアの国章
Coat of arms of Syria.svg
詳細
使用者 シリア
採用 1980年
サポーター クライシュ族の鷹
モットー アラビア語: الجمهورية العربية السورية
(シリア・アラブ共和国)

シリア国章(シリアのこくしょう)はシリアの象徴の一つ。この国章はシリアの鷹あるいはクライシュ族の鷹と呼ばれ、1946年4月17日の独立時に適用された。エジプトとの短い統合(アラブ連合共和国)の際には、サラディンの鷲と呼ばれるシンボルを用いていた。

鳥を用いた紋章の多くとは異なり、シリアの鷹は右を向いている。胸にはシリアの国旗を縦向けにした盾を抱え、2本の月桂樹の枝が交差している。鷹は足のかぎづめで「シリア・アラブ共和国(Al Jumhuriyah al Arabiyah as Suriyah、アラビア語: الجمهورية العربية السورية‎)」と書かれた帯を持っている。

過去の国章[編集]

関連項目[編集]