レバノンの国章

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
レバノンの国章
Coat of arms of Lebanon.svg
詳細
使用者 レバノン
採用 1943年

レバノン国章(レバノンのこくしょう Coat of Arms of Lebanon, アラビア語: شعار لبنان‎)は1943年に制定された。赤いシールドの上に白いベンド・シニスター(左上から右下へわたる帯状のチャージ)があり、その上にレバノンスギの樹が描かれた紋章である。レバノンの国旗と非常に似ているが、国旗ではスパニッシュ・フェス(旗章学用語で、旗の中央部に配される水平の帯(フェス)のうち、上下の帯の二倍の幅を持つものを指す)であった白い帯状のチャージが、斜めのベンド・シニスターに変えられている。

紋章記述(ブレイゾン)では次のようになる。

Gules, on a Bend Sinister Argent a Cedar Tree palewise proper.[1]
(赤色、銀色のベンド・シニスターの上にペイル方向に正しく置いた杉の木)

脚注[編集]

  1. ^ Society for Creative Anachronism. "Modest Proposal Initial List". Retrieved January 26, 2007.

関連項目[編集]