マカオの区章

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
中華人民共和国マカオ特別行政区章
Macau SAR Regional Emblem.svg
詳細
使用者 マカオ
採用 1999年

本項目では、マカオの区章について説明する。

現在マカオ(中華人民共和国マカオ特別行政区)で使用されている区章は、マカオが中国に返還された1999年12月20より使用されている。

デザイン[編集]

紋章は円形であり、マカオの国旗と同じデザインが用いられている。緑色の地にマカオの象徴であると、マカオと本土のつながりを示すタイパ橋、海、そして上部には五芒星が描かれている。

外を囲む白いリングには繁体字で「“中華人民共和國澳門特別行政區”」(中華人民共和国マカオ特別行政区)と刻まれており、 下部にはアルファベットで「MACAU」と刻まれている。

歴史[編集]

ポルトガルによってマカオに初めて紋章が作られた時のものは、ヨーロッパの伝統的なスタイルを受け継ぐものであった。最初に作られた紋章は、ポルトガル王国の紋章を使用している。最初の紋章は19世紀末まで使用された。

次に作られた紋章は、右上に中国の象徴であるをあしらったものであり、1999年のマカオ返還まで使われた。

関連項目[編集]