カンボジアの国章

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カンボジアの国章
Royal Arms of Cambodia.svg
詳細
使用者 カンボジア
採用 1993年

カンボジア王国国章(カンボジアおうこくのこくしょう、クメール語: ព្រះឆាយាល័ក្ខកម្ពុជា)は、カンボジア王室の紋章を使用しておりカンボジアの王権を象徴している。現在の国王であるノロドム・シハモニの王旗にもこの紋章が描かれている。

紋章記述[編集]

紋章に描かれている動物(サポーター)は、向かって左にいるのがゾウの鼻を持つ獅子であるガジャシンハ(gajasingha)、右にいるのがシンハ(singha、獅子)である。二匹の動物は、王家のための五層の日傘を捧げ持っている。

その間にあるのはカンボジア式の王冠で、頂上から日の光を放っている。王冠の左右には木の葉のようになった金色のマントが上に向かってたなびき、王冠の下にはローブが垂れ下がり、その手前に台座のついた皿(タイのパーン(Phan)と同様のもの)が二段重ねられ、聖なる剣とクメール語オームのシンボルが載せられている。

紋章の下部にある帯には、クメール語で「Preah Chao」(幸いな支配者)、「Krung」(国、王国)、「Kampuchea」(カンプチア / カンボジア)とあり、合わせて「カンボジア王国の国王」と読める。

歴史[編集]

上に示した西欧の紋章学に基づいたカンボジア王室の紋章は、1953年のカンボジア王国の独立の際に制定された。しかしクーデター立憲君主制が覆された後のクメール共和国1970年 - 1975年)ではこの紋章は廃止され、クメール・ルージュ支配下の民主カンボジア1975年 - 1979年)でも、ベトナム軍の支援を受けてクメール・ルージュを追放した後のカンプチア人民共和国1979年 - 1989年)でも、ベトナム軍撤退後のカンボジア国1989年 - 1993年)でもこの紋章は用いられなかった。

1993年ノロドム・シハヌークを国王とするカンボジア王国が誕生し、この紋章も復活している。

Image State In use
Coat of arms of The Khmer Republic.jpg クメール共和国の国章 1970年–1975年
Emblem of Democratic Kampuchea 1975–1979.svg 民主カンボジアの国章 1975年-1979年
Emblem PR Kampuchea 1979-1989.svg カンプチア人民共和国の国章 1979年-1989年
Coat of arms of State of Cambodia.svg カンボジア国の国章 1989年-1992年
Emblem of Cambodia UNTAC.svg 国際連合カンボジア暫定統治機構 (UNTAC) 1992年 -1993年

関連項目[編集]