シンガポールの国章

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
シンガポールの国章
Coat of arms of Singapore (blazon).svg
詳細
使用者 シンガポールの旗 シンガポール
サポーター トラとライオン
モットー マレー語:Majulah Singapura
「進めシンガポール」
シンガポール大統領宮殿(イスタナ)の門にあるシンガポールの紋章

シンガポール国章(シンガポールのこくしょう)は1959年12月3日、元首[1]ユソフ・ビン・イサークが就任した際、市庁舎前階段における宣誓式で、シンガポールの国旗およびシンガポールの国歌とあわせて導入されたものである。

詳細[編集]

シンガポール国家の紋章は、まず中央のシールド(盾)部分は赤地に白で三日月と五つの星があしらわれている。赤は、普遍的な兄弟愛・同胞愛と人間の平等を意味し、白はどこまでもひろがりいつまでも続く潔白さと美徳を意味する。三日月は若い国家がこれから昇ってゆくことを表す。五つの星は民主主義平和進歩正義平等の五つの理想を示す。

盾を支える動物は、向かって左(シニスター)側はライオンで、向かって右(デクスター)側はトラになっている。ライオンはシンガポール自身を表し、トラはマレーシアとの歴史的つながりを表す。

盾の下にあるスクロールには、共和国のモットーである「Majulah Singapura」(マレー語で「進めシンガポール」)の文字が書かれている。

国章を広告その他商業上の用途で使うことは法で禁じられている。政府組織のみが許される範囲内で国章を掲示することができる。また国章は敬意を持って扱い、きちんとした方法で掲示しなければならない。

なお、国章のほかにも、1986年に定められたシンガポールのシンボルマークがある[2]。これは左側を向いて口を開いた赤いライオンの胸から上の像で、「獅子の町」と呼ばれるシンガポールのアイデンティティーを表したものである。国章が必要とされる場よりも若干くだけた観光の宣伝などの場で用いられている。

脚注[編集]

  1. ^ Yang di-Pertuan Negara、「国家の優れた主人である者」。マレー系国家の国家元首の称号で、シンガポールでは1959年から1965年までイギリス総督に代わる儀礼上の元首として設置された
  2. ^ ライオンの頭のシンボルマーク

関連項目[編集]