中元

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

中元(ちゅうげん)は、道教に由来する年中行事である。三元の1つで、本来は旧暦7月15日である。

ただし日本では、新暦7月15日または8月15日とされ、このころに、世話になった人々に贈り物をする。この習慣を特にお中元とも呼ぶ。

歴史[編集]

中元は三元の一つで、地官大帝(もしくは赦罪大帝。と同一視される)の誕生日であり、さまざまなが赦される贖罪の行事が催される。また、地官大帝は地獄の帝でもあるため、死者の罪が赦されるよう願う行事も催される。

中国仏教では、この日に祖霊を供養する盂蘭盆会を催すようになった。仏弟子目連が毎年、亡母を供養した日とされるが、原始仏教には祖霊供養の習慣はなく、中国で生まれた創作話であり、日付も中元に付会させた後付けとされる。なおインド仏教には盂蘭盆(ウランバナ、倒懸)という用語はあるが、これは年中行事とは関係ない哲学的概念であり、行事としての盂蘭盆会は中国起源である。盂蘭盆会は中元と習合し、一体化した。

日本では、盂蘭盆会は神道と習合し、お盆の行事となった。江戸時代には、盆供(先祖への供物)と共に、商い先や世話になった人に贈り物をするようになり、この習慣を特に中元と呼ぶようになった。

時期[編集]

日本以外では旧暦7月15日である。 →中国は陰暦7月15日(陰暦10月15日は下元)

日本では明治の改暦により、お盆のように、地域により7月15日または8月15日となった。

大まかに言えば、東日本(特に関東)では7月15日、西日本(特に関西)では8月15日だが、全国的には7月15日が標準とされ、8月15日のお中元を「月遅れ」と呼ぶ。ほとんどの地域でお盆と同じ日付だが、異なる地域もあり、関東地方の一部ではお中元は7月15日だがお盆は8月15日である。

ただし、贈答はこの日付ちょうどでなくとも、この日付までに送ればいい(特に配送の場合)。少々の遅れも格段問題とはされず、「月初めから15日ごろまで」等とされる。

習俗[編集]

御中元の贈り物

日本[編集]

世話になった人々や、仕事で付き合いがある人々に、贈り物をする。表書きの文面や、季節の品揃えを別にすれば、歳暮とおおよそ同じである。

中国[編集]

盂蘭盆会と習合しており明確には区別できない。ただし、盂蘭盆会は仏教行事であるため祖霊供養だが、中元では祖霊に限らず供養する。

中元を称するイベントとしては、閩南福建省南部)で中元祭が催される。

台湾[編集]

基隆雞籠中元祭などが知られる。