重陽

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
惣宗寺(佐野厄除け大師)境内にある菊慈童像、菊水を飲み不老長寿であったと伝えられる。

重陽(ちょうよう)は、五節句の一つで、9月9日のこと。旧暦ではが咲く季節であることから菊の節句とも呼ばれる。

陰陽思想では奇数は陽の数であり、陽数の極である9が重なる日であることから「重陽」と呼ばれる。奇数の重なる月日は陽の気が強すぎるため不吉とされ、それを払う行事として節句が行なわれていたが、九は一桁の数のうち最大の「陽」であり、特に負担の大きい節句と考えられていた。後、陽の重なりを吉祥とする考えに転じ、祝い事となったものである

邪気を払い長寿を願って、菊の花を飾ったり、菊の花びらを浮かべた酒を酌み交わして祝ったりしていた[1]。また前夜、菊に綿をおいて、露を染ませ、身体をぬぐうなどの習慣があった。現在では、他の節句と比べてあまり実施されていない。

中国の重陽[編集]

中国では、『芸文類聚』に文帝鍾繇へ菊花を贈った記事が見える[2]。 上記の菊を使った習慣の他に、茱萸(グミ)ではなく呉茱萸(ゴシュユ)の実を入れた袋を肘に下げたり、郊外の丘など高い場所へピクニックに出掛け遠くを見る(これを登高と呼ぶ)ことが行われた。

中国で重陽が正式な節句として認められたのは漢代である。劉歆による『西京雑記』に、高祖の愛妾であった戚夫人が殺害された後、宮廷より放逐された侍女の賈佩蘭が、9月9日は宮廷では茱萸を肘に下げ、菊酒を飲み長寿を祈る習慣があったと人に話したことにより、民間でも祝われるようになったとある。

唐代の重陽は2日あるいは3日間にわたって祝われていた。これは李白の『九月十日即事』からもうかがい知ることができる。 2012年6月26日、十一回全国人大常委会第二十七次回ではじめて高齢者の権利保障法修訂草案が審議された。草案では每年陰暦九月九日(重陽節)を老年節(老人の日)としている。[3]

日本における重陽[編集]

  • 平安時代から菊花酒(菊の酒)を飲む風習があった。
  • 松尾芭蕉の二
    • 草の戸や 日暮れてくれし 菊の酒
    • 山中や 菊はたおらぬ 湯の匂 (『奥の細道』、山中温泉の湯を賞賛して)
  • くんち - 祭りの呼称が重陽の節句に由来との説
  • 春に飾った雛人形をもう一度飾る「秋の雛」という風習がある。

脚注[編集]

  1. ^ 花びらやそれに付着した花粉に含まれるビタミンCビタミンEの効果が有ると考えられる
  2. ^ 『芸文類聚』巻四「歳往月来、忽復九月九日。九為陽数而日月並応。俗嘉其名、以為宜於長久、故以享宴高会。……思食秋菊之落英、輔体延年。莫斯之貴。謹奉一束、以助彭祖之術」
  3. ^ 立法聚焦:老年人权益保障法修订草案六大看点”. 中央政府门户网站. 2012年11月10日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]