日本の経済

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Flag of Japan.svg 日本の経済
流通貨幣 (JPY)
会計年度 4月1日 - 3月31日
貿易機関 WTOAPECOECD
経済統計
GDP 479兆1757億円(名目、第3位)[1]
約5兆4588億ドル(名目)[2]
約4兆5755億ドル(PPP、第3位)[2]
(いずれも2012年推定)
実質GDP
成長率
4.0%(2010年推定)
1人あたり
GDP
3,758,768円(名目)[2]
42,820.39ドル(名目、第16位)[2]
33,804.75ドル(PPP、第24位)[2]
(いずれも2010年推定)
部門別GDP 第1次産業 1.5%、第2次産業 27.7%、第3次産業 60.8%(2006年)[3]
インフレ(CPI) 総合指数2.3%(2008年7月、前年同月比)
生鮮食品を除く総合指数2.4%(同)
食料(酒類を除く)およびエネルギーを除く総合指数0.2%(同)[4]
労働力人口 6669万人(2007年)[5]
部門別
労働人口
第1次産業 4.2%、第2次産業 26.8%、第3次産業 67.7%(2007年)[6]
失業 4.6%(2011年3月)[7]
貿易
輸出 69兆7742億円(2013年)[8]
主要輸出
相手国
中華人民共和国 19.7%、アメリカ合衆国 15.3%、大韓民国 8.0%、台湾 6.2%、香港 5.2%(2011年)
輸入 81兆2425億円(2013年)[8]
主要輸入
相手国
中華人民共和国 21.5%、アメリカ合衆国 8.7%、オーストラリア 6.6%、サウジアラビア 5.9%、UAE 5.0%(2011年)
財政状況
国庫借入金 GDPの147%の776兆円(国・地方公共団体の長期債務残高)(2008年度末推定)[9]
経済援助 113.6億ドルの供与 (ODA)(2006年)[10]
外貨及び
金準備高
約1兆2668億ドル(2013年12月現在)[11]
特に明記しない場合、数値の通貨単位はUSドル
テンプレートを表示

日本の経済(にほんのけいざい、Economy of Japan)は2010年において名目GDP換算でアメリカ合衆国中華人民共和国に次いで3番目に大きく[12]、PPP換算でもアメリカ合衆国、中華人民共和国、インドに次いで4番目に大きい[2]

目次

概要[編集]

歴史[編集]

1956 - 2008年の実質GDP成長率の推移

第二次世界大戦により国土は焼け野原となったが、GHQの占領期間中に、農地改革財閥解体労働三法の成立・独占禁止法の制定といった経済の民主化シャウプ勧告ドッジ・ラインなどを受けて経済改革を進め、朝鮮戦争を契機に経済復興をとげた(特需景気)。1950年代三種の神器に代表される民間消費が経済成長を牽引し、民間消費の拡大に対応する為に投資も拡大したが、当時は設備を海外からの輸入に依存していたことから、投資が拡大すると輸入が拡大することとなり、その結果、国際収支の天井により好景気と不景気を繰り返していた(神武景気なべ底不況岩戸景気[13]

初代新幹線である新幹線0系電車(1989年撮影、小田原駅にて)

1960年夏、池田勇人内閣総理大臣に就任し、所得倍増計画を提唱、1964年東京オリンピックを開催するための有形固定資産の投資の拡大(名神高速道路東名高速道路の開通、東海道新幹線の開通)が景気を下支えした(オリンピック景気)。1964年の東京オリンピックの反動における証券不況(構造不況、昭和40年不況)を経て、佐藤栄作首相の時代には、「所得倍増計画」が目指していたものを上回る、急速な所得向上が続き消費者の可処分所得は大幅に増え、3Cに代表される耐久消費財の普及、旺盛な住宅建設需要と、それに見合った設備投資の拡大、原油安や海外の好景気もあり、当時戦後最長の好景気が続き(いざなぎ景気高度経済成長をとげた[14][15]。一方、公害による環境破壊が深刻化し、1967年には公害対策基本法が制定され、次いで1970年には環境庁が設置された。また、若年労働者が都市に学業や就業のために移動することが原因となって太平洋ベルトに人口集中が集中し地方の過疎化が進んだ。

1970年代大阪万博で好調に始まったものの、1970年7月にはいざなぎ景気は終焉を迎えた[16]1971年8月の変動相場制度(ニクソン・ショック)への移行、1972年6月に田中角栄が発表した日本列島改造論(列島改造景気)による国土の均衡成長を図ったことが、過剰流動性・開発の思惑などから土地の値段を上昇させたこと、ならびに1973年10月の第4次中東戦争を発端としたオイルショック(第1次石油危機)により狂乱物価が勃発した。総需要抑制政策から1974年にはマイナスの実質経済成長率 (-1.2%) となり低成長の時代を迎えた[14]。また、税収不足から1975年度から赤字国債が発行されるようになり、この年から恒常的な財政赤字が始まった。

1980年代には自動車家電ハイテク産業を中心として欧米への輸出を伸ばし、特にアメリカとの間に日米経済摩擦が激化したが、1985年プラザ合意より一転、円高不況となった。円高不況克服のために、低金利政策を採用したことにより過剰流動性が発生し、信用創造が膨らんで不動産、株価が上昇してバブル景気となり、世界第2位の経済大国となった。また、中曽根康弘内閣は日本電信電話公社日本専売公社国鉄三公社民営化を行い、次いで竹下登内閣は1989年4月より消費税を新設した。

バブル崩壊以降の1990年代中盤には、国内の政治体制の混乱も相まって、多くの企業は冷戦終了後のグローバル経済体制の流れに乗れず、旧来の経営に固執していた。特に金融機関はBIS規制金融ビッグバン対策、新たに導入される時価会計制度から不良債権の処理が急務となり、融資の引上げが相次いだ。このため中小零細企業だけでなく大企業の倒産も相次ぎ、経済停滞が長引いた。民間企業は過剰な設備・雇用・負債を抱え込み[17]、経済は停滞(実質経済成長率は1990年 - 2000年の10年間で平均1.5%)[15]し、1997年には日産生命山一証券北海道拓殖銀行、翌1998年には日本長期信用銀行日本債券信用銀行といった金融機関の破綻が相次ぎ、大手金融機関同士の合併・統合が進んだ。この年代は「失われた10年」と呼ばれるようになった。1990年代後半にはデフレーションが発生し、その克服が重要な経済課題となった。

2000年代に入り、公的資金を注入したことによって金融機関の不良債権処理が進み、民間企業の過剰な設備・雇用・負債が解消された。中国の経済発展により貿易相手国の第一位はアメリカから中国に代わった。中国をはじめとするBRICs諸国や、ASEAN諸国の経済発展に伴って伸びた外需に牽引されて、日本はデフレ脱却、景気の回復を果たし、大企業の業績は大幅に伸びた。しかし労働者にはこの好景気の分配はなく、労働者の給与は減少傾向をたどった[18]。旧来の労使関係は見直され、終身雇用制度は崩壊し、契約社員派遣社員が増えて労働市場の流動化が進んだ。労働環境の悪化と雇用不安のため出生率は落ち込み、少子化高齢化により2005年から日本は人口減少を始めた。国内需要を見限った企業は海外市場に活路を求め、製造業は外需偏重となり、海外市場の動向に日本の景気が顕著に左右されるようになった。2007年夏頃よりアメリカ合衆国のサブプライムローンに端を発した世界金融危機により、戦後最長といわれた「いざなみ景気」(第14循環)は終焉を迎えた[19]。日本経済は再び不景気の時代に突入し、またそれまでのいざなみ景気も好景気の実感が乏しいものだったため、いざなみ景気の期間も含めたバブル崩壊以降の20年間を「失われた20年」とする見方も出始めた。さらに、外需依存という日本経済の体質的な問題、産業の海外移転、少子 高齢化などから内需縮小の傾向は今後も変わらず、中進国レベルに賃金が下落するまで衰退を続けるといった悲観論も続出している。

20世紀末には国内総生産額は世界第2位(市場為替レート (MER) 換算ベース)となり、経済大国と言われるまでになった日本経済だが、近年の経済的不調により「もはや日本は経済は一流と言えるような状況ではなくなってしまいました」[20]という認識もある。また、2009年には日本のGNIは中国に抜かれ世界第3位に後退した[21]、2010年には日本のGDPは中国に抜かれ世界第3位に後退した[12]

天然資源[編集]

北海道・昭和炭鉱

日本は国土面積が小さいため地下資源の賦存量は総量で見れば少ない。しかし、狭い面積に多種多様な地下資源を産出し、資源の博物館とも呼ばれている。かつては石炭硫黄を大量に産出しており、戦国時代には戦国大名らが金銀の増産に励んだため、世界の金銀の流通量のかなりの割合を日本産が占めたこともあった。現在は、石炭については埋蔵量は多いものの、良質の石炭が少ないこともあり釧路コールマインが国内で唯一採掘しているのみである。金・銀は菱刈鉱山などで非常に良質な鉱石が産出するが、採掘コストがかさむため採掘量は少ない。日本海沿岸では石油天然ガスを産出する。しかし、産出量は少なく国内需要を満たすことはできない。東京周辺の地下には莫大な天然ガスが埋蔵されている(南関東ガス田)ものの、市街地化が進んでいる地域であることから環境規制が厳しく、房総半島でわずかに採掘されているのみである。ここではヨウ素が豊富に採掘され、生産量は世界第二位である。最近では、日本の領海・排他的経済水域 (EEZ) に、金・銀・石油・メタンハイドレート等が大量に埋蔵されていることが確認されているが、コストや技術的な問題で採掘できていないものや、調査中のものがほとんどである(詳細は「日本の海底資源」を参照)。セメント原料の石灰石、ガラスや建築材料の原料となる珪石は露天掘りができるため採掘コストが安く、盛んに採掘されている。

木材資源は、森林面積が広く降水量も多いため比較的豊富である。かつては木材生産が盛んであり、高度経済成長期までに天然林の多くが伐採され、その後植えられた人工林が森林面積の大半を占める。林産物の自由化が進むにつれて、工業化の進展や海外産木材とのコスト競争の結果比較劣位となり、日本の林業は壊滅的な衰退を被った。放棄された人工林は荒廃し、保水力の低下など国土保全上の問題が懸念されている。近年は国産材需要が回復しつつあり、衰退した林業の再建が課題となっている。

水産資源の面では、基本的に恵まれている。近海は豊かな漁場となっており世界有数の漁獲高だが、近年漁獲高は縮小傾向にある。日本近海では韓国・中国・台湾・ロシアなどの漁船が操業しており、日本の漁船と摩擦が起こっている。

水資源は、温暖湿潤気候のため降雨が多い上に、山林の保水力が高いため、良質な軟水が豊富に入手可能である。飲料水はもとより工業用水としての質も高い。日本には外国人の土地所有を規制する実効性のある法律はないため、水資源保全のための所有権規制が検討されている。

産業[編集]

国内市場が大きいため第三次産業が発達している。製造業も強く、加工貿易が盛ん。特に工業技術は世界最高水準であり、多くの分野において、他の先進諸国や発展途上国にとって規範となり、また脅威ともなっている。中でも自動車、エレクトロニクス、造船、鉄鋼、素材関連の産業は大戦後大きく成長し、世界的企業を多数擁する。

技術貿易での技術依存度は、輸入超過から輸出超過へと長期傾向的に変化している。工業用ロボットなどの付加価値の高い、独自の技術をひねり出すケースも各所で見受けられる。例えば、日本は工業用ロボットについて世界のロボット生産量の7割を生産している。また世界で使われている工業用ロボットの6割は日本で活動している。日本の工業界は非常にロボット化され、効率がよい産業と言える。また、家庭用ロボットという概念も日本から発信されたものである。

貿易等[編集]

主な貿易相手国はアメリカ合衆国東アジア東南アジア欧州連合 (EU)、サウジアラビアなどである。特に最近は中華人民共和国などのアジアとの貿易額が急増している。東日本大震災までは貿易収支は概ね黒字で、1990年以降をみても毎年10兆円近く黒字となっていた。しかし、東日本大震災以降は、四半期ベースでの貿易収支の赤字が続いている[22]

主な輸出入品目は、資源が乏しく加工貿易が盛んなため、輸入は石油、鉄鉱石半製品食料品

輸出自動車電気製品電子機器工作機械産業用ロボットなど。

また、継続的な経常黒字により世界最大の債権国となっており、世界経済からの配当利子の受け取りが次第に増大している。ただし、2013年10月から2014年1月まで4ヶ月連続で経常赤字となるなど最近は変化の兆しもみられる[23]

金融[編集]

日本の通貨であるは、アメリカ合衆国ドル欧州連合ユーロと共に国際通貨の一角を占めている。経済規模の大きさにもかかわらず円の国際化は進んでおらず、世界における準備通貨比率で円は第四位(3.2% 2006年)である。これは外貨準備の運用先となるべき日本国債が国内に偏在していることや長期にわたる低金利の状況と表裏一体の現象である。

日本の商慣行では間接金融による資金調達を広く用いており、銀行の活動が経済に与える影響は大きい。また、銀行は融資の際に不動産(土地・建物)を担保に取ることが多いため、地価変動が経済に与える影響も大きい。

だが、バブル景気崩壊後は直接金融への転換が進められ、担保も多様化してきている。一方で金融機関の審査能力については、特に地方銀行で十分でないとの指摘もある[24]

近年、株式取引(特に個人投資家による取引と投資)、直接金融が活発化しているが、規制撤廃・金融開放の進んだアメリカやイギリスに比べると、未だ金融資産に占める株式等のリスク商品の比率は低い。その一因としてバブル崩壊後の株式投資が確実には収益を上げにくい投資であったこと、デフレにより低い名目金利でも実質金利は高かったこと、失業の危険や所得の伸びの鈍化から流動性の高い現預金の需要が高まったこと、財形貯蓄などの強力な現預金貯蓄システムの存在、政府年金による強制貯蓄や国民の貯蓄型保険への嗜好、株式投資を博打と同一視する風潮などが考えられている。

各産業の概況[編集]

製造業(貿易財)の強さが目立つ。サービス(非貿易財)は労働生産性が低いことが課題となっており、生産性の高い製造業での人員削減が進む一方、生産性の低いサービス業の雇用が増加していることにより、日本の産業の生産性は低下しているとされる[誰によって?]

ただし、サービスの生産性は必ずしも低くないという意見もある[25]

第1次産業[編集]

農業[編集]

農業は戦後直後までは最も盛んな産業であった。1950年の国勢調査では第一次産業の就業者が全就業者の約5割を占めていた。高度経済成長期を通じて農業に従事する者は減少の一途をたどり、現在では全就業者の5%程度に過ぎない[26]。2007年2月現在、1,813千戸の販売農家がいるが、主業農家は387千戸 (21.2%) にすぎず[27]、高度成長期以降、後継者不足が問題となり、現在農業は高齢者が主な担い手となっている[28]

平野部が少ないことや主業農家率が低いことなどの理由から、販売農家における農家1戸当たりの経営耕地面積は北海道18.78ヘクタール・都府県1.32ヘクタール・全国1.79ヘクタール(2006年)と狭小である[29]

江戸時代以前からの飢饉、大正時代米騒動などの不足が社会不安に直結することから、第二次世界大戦中に食糧管理制度が採用され、1994年に新食糧法が制定されるまで、米価・生産は国家の管理下にあった。国策として米の生産に力が入れられてきた。自給率も米だけはほぼ100%である[30]

戦後の生産技術向上や食生活の多様化により米が余るようになり、高度成長期以降は減反政策に転じている。また、農産物輸入自由化の流れを受け、1980年代後半には、ウルグアイ・ラウンドの流れを受け、牛肉オレンジの輸入が自由化、次いで1990年代から米も輸入されるようになった。

狭小の土地で付加価値を上げるために都市近郊では野菜や花卉(かき)、鶏卵といった近郊農業が行われている。農業分野においても、ブランド化により高付加価値の商品へ転化させる動きが見られる。このブランド化の努力の結果、日本の食料品は世界的なブランドとして輸出されるまでになった。

最近では農業への株式会社参入も認める議論が進んでおり、将来的には労働集約から資本集約型農業への脱皮が見込まれている。すでに建設業や食品加工業が農業に乗り出しており、一部ではプラント化も進んでいる。

近年は産業界からの強い圧力で、自由貿易協定を外国と結ぶ動きが盛んだが、関税が撤廃され安い農作物が輸入されるようになるとして農業界には反発が起きている。ちなみに日本のカロリーベースでの食料自給率は45%(2007年ベースでは39%)であり、長期的に低下する傾向にある。地産地消や安全保障を重視する立場の人は農業界の擁護に回っている。事態打開のために日本政府は、農業界に助成金投入や株式会社参入という形で競争力を得ようと考えている。一方、産地直送で消費者と生産者の直接的なつながりも模索されている。

主要農作物[編集]
新潟県南魚沼の水田

米の2007年の生産量は8,714千トン[30]であり、新潟県北海道秋田県福島県山形県宮城県と続く。北海道・東北地方の生産量の合計は3,034千トンとなり、日本における生産量の34.8%を占める[31]

長年にわたる品種改良によりコシヒカリあきたこまちササニシキきらら397はえぬきひとめぼれといった品種が開発され、食味のよいブランド米の多くは本州の内陸部や北海道などの寒冷地で生産される。

麦の2007年の生産量は、小麦二条大麦六条大麦はだか麦の4麦合計で1,105千トンである[30]。小麦の生産は北海道が全体の63.9%の582千トンを生産し、以下、福岡県佐賀県と続く。また、大麦の生産は佐賀県、栃木県、福岡県と続く[32]。食生活の洋風化に伴い小麦の需要量は国内の生産量を大幅に超過しており、小麦の自給率は13%程度[33]に過ぎず、多くをアメリカ・カナダ・オーストラリアからの輸入に依存している[34]

大豆は古くから、味噌豆腐納豆醤油といった加工食品や大豆油の原料として使用されているが、国内の生産量は229.4千トン[30]にすぎず、国内の自給率は5%[33]にすぎない。トウモロコシは主に飼料用として利用されるが、飼料用トウモロコシのほぼ100%を海外からの輸入に依存している。

野菜は鮮度が重要なこともあり、79%[33]の比較的高水準にある。都市近郊の愛知県茨城県千葉県群馬県などでは近郊農業がおこなわれているほか、レタスキャベツ白菜などは長野県などで高原野菜として夏に収穫され、宮崎県高知県など温暖な地方は、ビニールハウスを利用し冬にピーマンきゅうりを生産している[35]

果実の自給率は1960年の100%から2006年の39%にまで大きく低下しているが[30]みかんの生産量が減少していることと連動している[35] 。果実は土地の気候、土壌などが左右されることもあり、各地域により生産されるものが大きく異なる。みかんの2006年の生産量は841.9千トンであり和歌山県愛媛県静岡県九州地方といった温暖な地方で生産されている[36]リンゴの2006年の生産量は831.8千トンであり、寒冷な土地での栽培が向いていることもあり、青森県や長野県で全体の4分の3を占める生産量を誇る[36]

畜産業[編集]
乳牛の代表品種、ホルスタイン

畜産業では、飼料となる穀物の価格が2007年頃から上昇している一方、製品の単価を上げにくいことがあり、畜産農家の経営を圧迫している。乳用牛の飼養頭数合計は1998年の1,860千頭から2007年の1,592千頭にまで減少し、飼養戸数は1998年の37,400戸から2007年の25,400戸にまで減少している。また、肉用牛の飼養頭数合計は1998年の2,848千頭から2007年の2,806千頭とほぼ横ばいで推移しているものの、飼養戸数は1998年の133,400戸から82,300戸にまで減少している。豚の飼養頭数合計は1998年の9,904千頭から2007年の9,759千頭に若干減少し、飼養戸数は13,400戸から7,550戸にまで減少している。採卵鶏の飼養羽数は1998年の182,664千羽から2007年の183,224千羽と増えているのに対し、飼養戸数は1998年の5,390戸から2007年の3,460戸にまで減少している[37]。飼養頭数(羽数)がほぼ横這いである一方、飼養戸数が減少していることから畜産農家は1戸当たりの生産量を増やし、コストダウンを図ることにより生き残りをかけている[38]

牛肉は北海道、鹿児島県、宮崎県などで生産されているが[39]、国内の自給率は1990年代の輸入自由化により食肉生産量は2000年の約1,000千トンをピークに減少している[40]。また、BSE問題が発覚したことがあり、アメリカからの牛肉輸入量は輸入禁止前の220千トン(2002年)から再開後の34千トンにまで減少している[38]。乳用牛のほぼ半分が北海道で飼養されている[39]。生乳生産高は2000年の8,497千トン[41]から2007年の8,007千トン[42]にまで減少し、牛乳・乳製品の自給率は66%である[30]

豚肉は鹿児島県、宮崎県といったシラス台地、茨城県、群馬県、千葉県といった大消費地の近郊などで生産され[39]、国内の自給率は52%である[30]

鶏卵は製品の性質上割れやすいということもあり、自給率は95%[30]と高く、千葉県や茨城県、愛知県といった近郊で採卵鶏は飼養されている[39]。肉用若鶏は鹿児島県や宮崎県、次いで岩手県で主に生産されているが[39]、国内の自給率は69%[30]であり、不足分は輸入している。

林業[編集]

日本は森林の生育に適した湿潤な気候であり、同時に人間の居住に適さない山地が多いため、山地や丘陵地帯はほぼ森林となっている。そのため国内の面積に占める森林の割合は約3分の2の2510万ヘクタール(25.1万平方キロメートル)と極めて高い[43]。林業は主力産業の1つであったが、第二次世界大戦後のエネルギー革命で薪炭利用が激減した。戦後復興により需要が拡大した住宅建材向けの生産が活発になるが、1970年以降の外材の輸入自由化により競争力を喪失して2000年代までの長期に渡り低迷していた。2000年頃には、木を植えてから伐採するまでの利回り計算がマイナスとなり、林道沿いなどの条件がよい場所や秋田杉などのブランド産地の木材でない限り採算が取れることはなくなり、山村や山林は荒廃しつつある。

しかし2002年から2010年にかけロシアの森林伐採規制が強化され、ロシアからの木材輸入が激減。中国の木材消費量増加に伴う需給の逼迫に、重油価格高騰による輸送コストの増大が重なり、日本の木材輸入は急速に減少しつつある。輸入材高騰により相対的に競争力を強めた国産材の需要が増加し、日本の林業は復権しはじめた。2011年現在、国産材は国内需要に対する供給不足の状態にあり、将来的には中国・台湾への木材輸出も有望視されている。京都議定書(森林の循環利用は二酸化炭素削減要素の1つ)に代表される地球温暖化問題からも、木材供給力の強化は喫緊の課題となりつつある。

水産業[編集]

日本列島近海の海流
1.黒潮 2.黒潮続流 3.黒潮反流 4.対馬海流 5.津軽暖流 6.宗谷暖流 7.親潮 8.リマン海流
日本の漁業部門別生産額の推移(1956年 - 2006年)[44][45]
日本の漁業部門別生産量の推移(1956年 - 2007年)[44][46]

日本近海は暖流寒流が交わり、魚の餌となるプランクトンが発生しやすい潮目が三陸海岸沖にあり、漁業資源に恵まれており、昔から漁業が盛んであった。しかし仕事の厳しさや、1970年代に各国が排他的経済水域を導入したことにより漁獲可能量が制限されたこと、オイルショックによる燃料代の高騰などにより、漁業経営は困難となり、海面漁業就業者が1953年の790千人から、2007年の204千人と減少の一途をたどった[47][48]。結果として、漁獲生産量は1984年の12,816千トン[44]をピークに2006年には5,652千トンと半減以下となった[49]。漁業種類別では漁業生産量の大半を占める沖合漁業が1984年の6,956千トンをピーク[44]に2006年には2,500千トンにまで減少し[49]遠洋漁業が1973年の3,988千トン[44]をピークに2006年には518千トン[49]にまで減少、世界における漁獲量も1980年は10,048千トンで世界1位であったが2005年には4,179千トンで世界6位に後退している[50]。こうした傾向を補うものとして養殖技術の開発が盛んであり、技術上不可能とされたウナギマグロを卵から育てることに成功するなど、世界的にも注目されている。養殖業は1983年に初めて1,000千トン以上の生産量を超えたが、その後は1994年の1,344千トンをピークにおおむね横ばいの状態が続いている[44]。2006年において100千トン以上、養殖されているものとして、海苔ホタテカキブリ類がある[51]

1960年代から1970年代前半にかけて、日本人の貴重なタンパク源獲得の手段として遠洋捕鯨が大規模に行われ、1960年代から1970年代前半には年間平均20千頭以上の生産量をあげていた[44]が、オイルショックにより燃料代が高騰したことにより生産量は1987年には2790頭と激減した。また、1988年から日本も加盟している国際捕鯨委員会にて商業捕鯨の禁止が決議されたため、現在では沿岸小型捕鯨(イルカ漁)と調査捕鯨以外は行っておらず、1988年から2004年までの17年間の生産量合計は2,694頭にすぎない[44]

水産業の衰退により、1984年に100%だった魚介類の自給率は2006年には51.6%にまで減少しており[52]、不足分を海外から輸入しているが、中国などの新興国が経済成長するに伴い消費が拡大し、魚介類の価格が上昇していることから「買い負け」が発生している[50]。日本が主に輸入している水産物は、2006年の魚介類(生鮮・冷凍)ではエビマグロサケマスが上位に、魚介類(調製品)ではウナギカニ、エビと続く[53]

第2次産業[編集]

製造業は、教育や商社と並んで世界でも1、2を争う[要出典]日本の根幹をなす産業部門であると言われている。諸外国と比較して、政府の関与が比較的少ないことが特徴である。石油や石炭、鉄鉱石などの原料を海外からの輸入に依存し、加工した製品を海外へ輸出するという加工貿易を行うため、太平洋ベルトを中心に海岸部に石油化学、鉄鋼のコンビナートが集中する。

戦前は阪神工業地帯が「東洋のマンチェスター」と呼ばれ繊維産業を牽引し、戦後になると京浜工業地帯が長らく工業製品出荷額の首位の座にあったが、1990年代以降、中京工業地帯の自動車産業が海外への自動車輸出を通して拡大し、中京工業地帯が2007年現在、工業製品出荷額の首位である[54]。かつて、4大工業地帯と言われた北九州工業地帯は1901年の八幡製鉄所操業開始以降、近隣の筑豊炭田、福岡県・山口県石灰石満州の鉄鉱石を原料に栄えていたが、敗戦により、中国大陸からの原料供給が断たれると、大消費地である東京や京阪神からの距離が遠いこともあり衰退した。

一時期は、輸出部門であるがゆえに低賃金の傾向があり、若年労働者の確保に困難をきたした。また、最近では生産拠点の海外進出により、国内の雇用は減少し空洞化の懸念がある。

鉱業[編集]

元々日本は火山活動が活発な地域であり、埋蔵されている鉱物資源の種類は豊富である。このため第二次世界大戦以前は鉱業は活発であった。しかし、戦後、鉱害などへの環境対策、労働者の安全対策に多額の生産コストを要するようになり衰退した。現在では、コストの安い露天掘りによる石英、石灰石、品位が高く国際競争力があるなどが産出される程度である。エネルギー資源としては若干の天然ガス、ごく少量の石油石炭の採集が行なわれている。

建設業[編集]

建設業は、戦後復興の中で建設ブームや各種プラントの建設、大規模インフラの整備などをうけて成長。資本蓄積に大きな役割を果たした。財政政策、地方への所得移転として公共事業が盛んに行なわれたため、1970年代以降は次第に官業色を強めた。バブル景気において、民間投資の興隆と保有不動産の含み益から規模拡大したが、1990年代においては再び公共事業への依存を強めると共に保有不動産の含み損に苦しみ、不動産・小売とともに構造不況と呼ばれた。この時点において、建設業が経済に占める割合は諸外国と比較して高く、過剰供給体制であった。2000年代に入ってから継続的な公共事業削減が続いたため業容は縮小し、民間建設が盛んな大都市、特に東京への一極集中が進んでいる。一方で民間建設が少ない地方では建設業者の倒産や農業・林業など他の事業への参入が進んでいる。

食品[編集]

穀物価格高騰や少子高齢化による国内市場の縮小の懸念から、2007年には日清食品明星食品を買収し、2009年には明治製菓明治乳業が統合するなど再編が進んでいる。また世界的なM&Aも加速しており2007年にはキリンホールディングスがオーストラリアのナショナルフーズを、2009年にはアサヒビールがオーストラリアのシュウェップス・オーストラリアを買収している。

製紙・パルプ[編集]

製紙産業は典型的な装置産業であり、戦後の業界再編の結果、王子製紙日本製紙を軸に大王製紙レンゴー三菱製紙の5社体制となっている[55]

製紙産業は安い海外製品の流通増加や原油高騰の影響で再編の動きが強まっており、2006年王子製紙による北越製紙買収の動き(ただし失敗)、大手製紙メーカーの提携などの動きが起きている。

化学[編集]

石油化学[編集]

製品の原料である原油のほとんどを海外からの輸入に依存しているため、コンビナートは沿岸部(鹿島臨海工業地帯・京葉工業地域・京浜工業地帯・中京工業地帯・阪神工業地帯・瀬戸内工業地域)に集中する。また、海外からの原油依存のため、汎用製品の国際競争力で劣る[56][57]

二酸化炭素の削減の流れなどの影響で1999年をピークに石油需要が減少している。一方石油業界では国内需要の2割以上の石油精製能力を持っており過剰な設備が問題となっており、大手メーカーを中心に製油所の生産能力縮小・閉鎖が進められている。[58]また2010年経済産業省が石油メーカーに付加価値の高い製品を精製する重質油分解装置の装備率を改善を義務付ける新基準を導入し、メーカーでは設備の削減か設備投資が求められている。この基準策定でアジア・欧米(約19%)と比べて低い日本 (10.2%) の重質分解装置の装備率を13%に引き上げることで、安価な重質をより多く精製し国内の製油所の競争力向上を狙っている。[59]

ガソリンスタンド (GS) は自動車の普及に伴うガソリン需要の増加によって増加が続いてきた。しかし、GS事業への新規参入やセルフ式GSの設置が国の規制緩和によって行われたことで価格競争が激化しGSの数は1994年末の6万421店をピークに2009年度末には4万357店に激減している。[60]また、エコカーの普及や車離れなどの影響でガソリン需要も頭打ちになっており競争激化に拍車をかけている。GSの減少により過疎地域の自治体ではGSが消滅する地域も生まれてきている。

製薬[編集]

武田薬品工業が国内1位の売上高、次いでアステラス製薬第一三共エーザイと続く。「100億ドルクラブ」に入った国内首位の武田薬品工業でも2007年では世界17位[61]であり、世界首位のファイザーと大差をつけられている。

新薬が不足する一方、研究開発費が増大していることから世界的な業界再編が進行中である。中外製薬スイスロシュの傘下に入り、また武田薬品工業やエーザイは海外のバイオベンチャーを買収する一方、国内では山之内製薬藤沢薬品工業が合併しアステラス製薬が、第一製薬三共が合併し第一三共が設立された。他にも協和醗酵工業キリンホールディングス傘下に入り、田辺製薬と三菱ウェルファーマが合併し田辺三菱製薬が設立された。

国内の製薬・医療機器メーカーは国保制度に保護されている側面があり、後発薬・大衆薬・医療器具や検査装置などを供給する中小メーカー・卸業者が無数にあり、国内での統合再編は進んでいない。保守的な経営により財務体質がよい企業が多い反面、国際的な競争力をもつ創薬メーカーは少ない。

遺伝子・バイオ産業[編集]

欧米に比べてバイオ産業は未発達の状態である。 しかし、食料関係のバイオ研究は進んでいる。特に稲に関しては世界で最も進んだ技術を持っている。

繊維[編集]

繊維産業は、昭和前半までは製造業の中心であり、その陰には女工哀史などの状況もあったが、輸出産業の主力として日本の経済を支えた。戦後は、高度経済成長による工業の重工業化や、中国等新興国の安い繊維製品の輸入増加で製造業での地位は低下している。こうした状況の中でも日本の繊維産業は技術的には世界トップにあり、工業用の合成繊維炭素繊維に強みを持っている。

鉄鋼・非鉄金属[編集]

鉄鋼業[編集]
日本の重化学工業のさきがけ、官営八幡製鉄所

粗鋼生産量は中華人民共和国に次ぐ第2位の生産を誇る。2007年の粗鋼生産量は新日本製鐵(国内首位、世界第2位、35.7百万トン)[62]JFEホールディングス(国内2位、世界3位、34百万トン)[62]住友金属工業(国内3位、世界19位、13.8百万トン)[62]が上位20位に入っている。

1990年代の平成不況、日産自動車カルロス・ゴーンの資材調達見直しを契機に鉄鋼業界の再編が進み、新日本製鐵を軸に住友金属工業、神戸製鋼所が株式持合い関係に入る一方、川崎製鉄と日本鋼管が合併しJFEホールディングスが設立され、寡占が進んでいる。

2006年になり、インドのミッタル・スチールルクセンブルクアルセロールTOBで統合し、アルセロール・ミッタル(世界首位、116.4百万トン)[62]が設立され、生産規模の面で大きく水をあけられるようになった。さらに近年は中国・韓国メーカーが台頭し国内メーカーには危機感が広がっており、新日本製鐵と住友金属工業が2012年をめどに経営統合すると発表した。[63]

土石・窯業[編集]

ガラス[編集]

ガラス業界は寡占化が進む板ガラス業界とそれぞれのガラス製品の特性を生かした多数の中小企業に二極化される。

液晶テレビプラズマテレビ、自動車や建物に使用される板ガラス業界は装置産業であり、また、世界最高水準の技術力を持つ。日本国内では旭硝子日本板硝子セントラル硝子の3社が国内の9割以上のシェアを持つ寡占状態にあり[64]日本国内でも7事業所しか存在しない[65]。日本の3社に、コーニング社など含めた7社が中国を除く世界市場の7 - 8割を占める[65]。規模の経済が図れる装置産業であることから全世界的な業界再編が起きており、旭硝子は2002年にベルギーのグラバーベルを完全子会社化し、一方、2006年には日本板硝子はイギリスのピルキントンを買収、子会社化した[66]

板ガラス製造以外の、板ガラス加工業、ガラス製加工素材製造業、ガラス繊維・同製品製造業はそれぞれ447、108、192の事業所があり[65]、理学用・医学用ガラスやガラス製容器、台所・食卓用品といった製品を生産している。

セメント[編集]

セメント業界もガラス業界と同様に装置産業であるため、太平洋セメント宇部三菱セメント住友大阪セメントの3社による市場の寡占化が進んでいる[67]。1990年代からの公共事業削減の影響を受け、セメントの生産量は1996年の94,992千トンをピークに2007年では67,685千トンまで減少した[67][68][69]

セメントの原料である石灰石は日本が自国内で供給できる資源であり、埼玉県の秩父地方や山口県の秋吉台などで生産されている。

印刷[編集]

インターネットの普及に伴う書籍・雑誌等の販売不振や景気低迷による広告等の商業印刷の低迷により市場規模は年々縮小傾向にある。出荷額は1991年の8兆9,000億円をピークに縮小しており[70]2009年には6兆3,205億円にまで激減している。[71]大日本印刷凸版印刷の2強は液晶フィルターなどエレクトロニクス部材事業で収益を伸ばしている他、大日本印刷が丸善CHIホールディングスを子会社化、凸版印刷が紀伊国屋書店と業務提携し出版・書店事業に関与を深めるなど多角化を進めている。一方、中小印刷メーカーは経営悪化に苦しんでおり倒産するメーカーも出てきている。

電気・電子産業[編集]

電気・電子製品は、自動車と並んで日本の貿易の中で大きな割合を占め、2007年では主要輸出品の約19.0%を占める[72]分野であり、その優れた品質から日本の代表的な工業製品となっている。1985年のプラザ合意による円高、人件費がアジアよりも割高であることも相俟って多くの電気・電子メーカーが海外に進出しており、日本の全産業の中でもっとも国際化が進んでいる分野である[73]

従来はデザイン性や基礎技術の開発に難点があったが、近年ではものづくりにおける基盤技術やそれを支える人材の厚みが日本企業の強みとなっており、中国企業や韓国企業に対する人材流出や知的財産の保護が課題になっている。

電気機械器具製造業(規模10億円以上)の営業利益率は1960年代の平均10%台から1990年代には平均3%台にまで低下、2001年度にはITバブル崩壊の煽りを受け-0.8%にまで一旦マイナスを記録したこともあり、長期的に低下傾向にある[74]。また、大手電器メーカー10社の合計営業利益率においても、1980年度から2005年度までの25年間で低下している。1980年前半および円高不況後のバブル景気時代における合計営業利益率は6 - 8%を計上していたが、その後はずるずる低下し、2001年度にはマイナスの営業利益率となった。その後、V字回復をしたが、2005年度でも合計営業利益率は3%台に過ぎず、ロームキヤノン日本IBMサムスン電子ノキアと大きく差をつけられた[75]

白物家電[編集]

1950年代の神武景気・岩戸景気において国民の所得が拡大したことから、冷蔵庫洗濯機白黒テレビに代表される「三種の神器」が日本国中に普及していった(テレビは後述)。その後も、1960年代のいざなぎ景気の時には、「3C」の1つとしてエアコンが新たに耐久消費財の対象として加わった。結果として1970年代前半には冷蔵庫、洗濯機の普及率は90%を超えていった[76]

映像・音響機器[編集]
「三種の神器」の1つ、白黒テレビ

1950年代には「三種の神器」の1つとして白黒テレビが、1960年代には「3C」としてカラーテレビが家庭に普及していった[76]。家電メーカー各社はブラウン管テレビの生産を拡大し、1970年には国内で合計13,782千台、1980年には16,327千台、1990年には15,132千台生産し、日本国内に販売するだけでなく、海外にも輸出していった[77]。しかし、1985年のプラザ合意以降の円高、冷戦終結により中国や東南アジアよりも高い人件費から価格競争力低下を背景にアジア諸国に工場を移転した結果、日本国内での生産は減少し2000年には3,382千台にまで生産量を落としていき、一方日系企業によるカラーテレビの海外生産は1990年度の19,937千台から2005年度の31,012千台まで拡大した[78]

ブラウン管テレビに代わり、薄型テレビとして液晶テレビ、プラズマディスプレイが出たことにより家電業界は再編の動きが始まった。液晶テレビにせよプラズマディスプレイにせよ巨額の研究開発費とともに巨額の設備投資を必要とする一方、競争により単価の下げが止まらないという状況になった結果、2007年12月には、シャープと東芝がテレビ向け液晶パネルと半導体の相互供給で事業提携すると発表し、また、松下電器産業・日立製作所・キヤノンが液晶パネル事業の総合提携を行うといった合従連衡が起きるようになった[79]

家庭用VTRについても、1975年にソニーがベータマックスを開発・販売する一方、翌年、日本ビクターがVHSを開発・販売を開始した。ベータマックスとVHSの間での規格争いがおきたが、最終的にVHSに軍配が上がった。1980年代には家庭用VTRもテレビと同様に1980年には4,441千台、1990年には31,640千台と日本国内で生産し海外に輸出していった[77]が、1990年代にはテレビと同様に海外の生産が進み、1990年には7,298千台、1995年には20,096千台、2000年には23,376千台と日系メーカーの海外生産が進んだ[78]。加えて、1990年代後半にDVDレコーダーが発売され世代交代が進んだが、日系メーカーは日本国内というよりも海外(とりわけ中国)で生産している。2002年度に17,212千台、2005年度には25,468千台を海外で生産する[78]一方、国内では直近の2007年でも1,486千台しか生産していない[77]

2008年にはDVDの後継争いとして、東芝陣営のHD DVDとソニー、松下電器産業(現:パナソニック)、のBlu-ray Discが対立したが最終的にはBlu-ray Discに軍配が上がった。

半導体[編集]

1980年代から1990年代前半まで日本の半導体メーカーはDRAMなどの分野で高いシェアを誇っていたが、韓国など新興国の半導体メーカーの台頭と過剰供給競争の結果、国内の半導体メーカーの経営は悪化し半導体事業の合併や撤退が進んだ。インテルやサムスン電子のような海外企業に比べ、営業利益率、設備投資額とも低水準のままである[80][81]。リーマンショック以後にはさらに再編の流れが強まり、沖電気工業ロームへの半導体事業売却、エルピーダメモリが台湾の半導体メーカーと提携やルネサステクノロジNECエレクトロニクスの統合によるルネサスエレクトロニクス発足など再編が進んでいる。

コンピュータ[編集]

スーパーコンピュータでは1980年代にはNEC日立製作所富士通の3社が高い技術力で販売を伸ばしアメリカとの貿易摩擦が問題となったが、分散処理技術への技術移行にともない採算が悪化し、世界シェアは低下した。技術面では2002年にNECが当時世界最速となる地球シミュレータを開発するなど依然高い技術力を持つ。スパコンにおいては各国の激しい開発競争により日本のスパコンの計算速度が低下しており、独立行政法人理化学研究所とNEC、富士通、日立製作所が共同での開発が国家プロジェクトとして進められていたが、巨額の開発費からNECと日立製作所が開発から撤退した。

パソコンでは、1970年代にコンピュータ輸入自由化による欧米メーカー進出への懸念から当時の通商産業省(現:経済産業省)の指導のもと三大コンピューターグループ東芝・NEC、富士通・日立製作所、三菱電機沖電気工業)が形成され政府の支援の下開発が進められた。1980年代には国内ではNECがPC-9800シリーズが国内シェアで全盛期に9割を占めた。また1993年から2000年には東芝がノートパソコンにおいてシェア1位を占めた。しかし、パソコンの普及などによる価格競争の激化から2000年代から国内メーカーの再編が進み三菱電機や三洋電機など多くメーカーがパソコン事業から撤退した。近年再び、再編の流れが進んでおり、富士通によるシーメンスとの欧州PC合弁会社の買収、日立製作所・シャープなどのPC事業縮小・撤退、NECとレノボとの合弁会社設立などが行われている。

携帯電話[編集]

国内市場では12のメーカー[82]が端末を販売しているが、国内市場における携帯電話端末の出荷台数は頭打ち状況にあり、国内メーカーでは三菱電機が撤退し、三洋電機が事業を京セラに売却するなど再編が進んでいる。日本市場では日本メーカーの端末が圧倒的シェアを占めるが、海外市場においてはノキアサムスン電子など海外企業との競争で苦戦しており、日本企業の世界市場でのシェアは低い。

カメラ[編集]

キヤノンニコンオリンパスなど世界的なメーカーが存在している。カメラの主力が電子機器的要素があるデジタルカメラに変化したことで、ソニーパナソニックなど電機メーカーの参入が相次ぎ、コニカミノルタなど光学カメラに歴史を持ちデジタルカメラに参入したメーカーの撤退が起きた。

輸送用機器[編集]

自動車産業[編集]

自動車産業は、1980年代にアメリカを生産量で追い抜いた。その後一進一退が続いたが、近年ふたたびアメリカ市場を中心にシェアを拡大している。米国市場ではミニバンピックアップトラックの流行などに対して折々のマーケティング政策でかならずしも成功したとは言えず、とりわけ90年代に到って過剰な有利子負債と採算性の悪化により経営の危機に瀕するメーカーが続出した。折りしも世界的な自動車産業の再編の流れがあり、日産自動車マツダスズキ富士重工業などが海外メーカーの資本参加を受け入れた。

デザインをアピールするブランド戦略を取り始めるなど、価格や環境性能以外での販売戦略の多様化が進んでいる。最近では、原油価格の上昇が燃費に優れる日本車の追い風となっている。

国内の自動車販売は頭打ち状態であるが、世界市場では各社とも販売台数・シェアとも拡大傾向にあり[83]トヨタは創業以来最高の売り上げとなっているほか、多くの日本の自動車メーカーが海外生産を増加させている。日本車は、優秀な燃費、故障率の低さ(2002年TIME社調査ではトヨタが世界一)で定評があり、さらに環境によいというイメージと、デザインが加わった事でシェアを伸ばしつつある。

オートバイ[編集]

オートバイは1960年代以降に世界市場で大幅にシェアを伸ばし、新興国のメーカーが台頭する現在でも世界トップシェアを維持している。オートバイメーカーの中でも、本田技研工業ヤマハ発動機スズキ川崎重工業は4大メーカーとして知られている。

東南アジアなどの発展途上国では市場が拡大しているが、日本国内では新車販売台数が減少し続けている。現在は各メーカーによって生産拠点の海外移転が進められており、日本向けの車両についても中国や台湾などで生産されるモデルが増加している。

そのほかの機械工業[編集]

建設機械[編集]

建設機械では、小松製作所が国内トップで世界でもキャタピラー社に次いで2位のシェアを持つ。また国内2位の日立建機が世界シェア3位に位置している[84]

造船[編集]

造船は韓国の設備増強などによりシェアを落としているが、依然として40%の世界シェアを有し世界第2位の造船大国である。造船のような労働集約的産業でほぼ100%の国内生産を維持しつつこのような高いシェアを維持していることは注目に値する。なお、諸外国で実施されているような造船補助金は存在しない。逆に造船設備の総量規制が実施されていたが、これは最近撤廃されることに決まった。

第3次産業[編集]

金融業[編集]

日本を代表する証券市場であると共に世界屈指の証券取引所である東京証券取引所

戦後の日本経済復興には、設備投資に巨額・長期にわたる融資が不可欠であったため、1952年に長期信用銀行法が制定され、日本興業銀行日本長期信用銀行日本債券信用銀行が資金需要に応えた。1960年代になると、都市銀行が、民間企業の資金需要にこたえるために融資を拡大し、また、民間企業へのモニタリングを強めていった(メインバンクシステムの普及[85])。

1990年代に入り、バブル崩壊や旧大蔵省の不祥事なども関係し、官民両方のセクターで整理統合と合併が進展。業界には合従連衡と改革が連続して起き、競争力を回復したメガバンクが形成される一方で、りそなホールディングスの国有化や地方銀行大手の足利銀行の破綻も起こった。2005年三菱UFJみずほ三井住友の三大グループに業界は再編された。地方銀行第二地方銀行は経営体力があるところとないところに二極化され、県境を越えた救済合併や提携が進みつつある(北陸銀行北海道銀行によるほくほくフィナンシャルグループの設立、ふくおかフィナンシャルグループによる長崎県の親和銀行の救済、北都銀行荘内銀行によるフィデアホールディングスの設立など)。

銀行の不良債権処理は景気回復と処理積み立てにより大きく前進し、銀行の体質は改善されている。直接金融に傾きつつある大企業の代わりに、中小企業や個人向けの融資(リテール)に力が入れられ始めている。このセクションは日本の間接金融において次第に収益源とみなされるようになっており、銀行はここに活路を見出そうとしている。

証券業界は、手数料自由化の競争の中で著しく手数料の低下が進行し収益源が信用取引からの利子収入が主軸になりつつある。大手証券会社は、仲介業務から脱し投資銀行への転換を目指している。山一証券の廃業以降、銀行業界のあおりを受け、証券業界も業界再編が進んでいる。国内業界2位の大和証券は、住友銀行と接近し、日興証券三菱銀行を離れ、シティグループの傘下に入った。しかし、世界金融危機の煽りを受け、シティグループの各日本法人が買収対象となった。2009年には三井住友フィナンシャルグループが日興コーディアル証券を買収・完全子会社化したことにより、大和証券グループは三井住友フィナンシャルグループから離れた。

保険業界は、1990年の後半から2000年代の前半にかけて中堅の生命保険会社の破綻が相次ぎ外資系保険会社による買収が相次ぎ、明治安田生命のように財閥の垣根を越えて経営統合が起きた。また、損害保険業界は業界再編第1幕として、東京海上三住海上損保ジャパンあいおい日本興亜ニッセイ同和の大手6社の寡占体制となった。保険金不払い事件を発端とするシステム対応費用の増加、若者の車離れによる自動車保険料収入の減少、国内市場において外資系の保険会社の競争、欧米やアジアの新興国を中心に海外市場への進出を図り収益基盤を確保するために、業界再編第2幕が発生し、東京海上、MS&AD(三井住友海上、あいおい、ニッセイ同和)、NKSJ(損保ジャパン、日本興亜)の3陣営に集約されることとなった。

消費者金融業界の債権管理能力は高く、リテールに力を入れる銀行との融合が進んでいる。ただ2006年貸金業法の改正によりグレーゾーン金利の見直され上限金利が引き下げられ収益が悪化した。また消費者金融会社が過剰に受け取った利息に対する過払い金返還請求が相次ぎ、2010年には武富士会社更生法を申請するなど経営悪化に苦しむ事業者も出てきている。一方、銀行が消費者金融を傘下に収めたり、カードローン事業を展開し消費者金融市場での存在を現している。

不動産業[編集]

高度経済成長による住宅需要の増大や経済発展により不動産会社は盛んに住宅団地やビルなどを建設し収益を伸ばした。バブル景気には不動産の転売による含み益やリゾート施設等の開発をもとに収益を伸ばし、さらには三菱地所がアメリカのロックフェラーセンターを買収するなど海外での事業も拡大していった。しかし、バブル崩壊で地価の急落がおこると多額の融資をもとに含み益経営をしていた不動産会社は経営が悪化した。

2000年代前半には、不動産証券化の手法を用いたディベロッパーを中心に売上を伸ばし市況は活性化したが、2007年にアメリカ合衆国のサブプライムローン問題を発端に世界の金融資本の流れに変化がおこり、2008年には資金繰りの行き詰まりにより経営破綻し民事再生法を申請する会社が出るようになり[86][87]、また、不動産投資信託の破綻も出始めた[88]

観光業[編集]

美しい自然に恵まれ、独特の文化をもち、法隆寺などの古い建物にも恵まれているなどの要素に加え、近年の円安や日本ブームも加わって外国人の観光客が増加している。また、テーマパーク等の娯楽施設も充実しているため、こういった施設を目的にやってくる外国人もいる。2003年より、政府は外国人観光客の増加を進める施策であるビジット・ジャパン・キャンペーンを実施している。外国人が滞在しやすい環境をつくるべく、ビザの要件の緩和などを進めている。景観を観光資源としてとらえ直し、よく批判される雑然とした景観を改善しようという動きもある。

欧米の観光客は頭打ちになっていることから、東アジア地区からの観光客にターゲットが置かれている。

欧米人が好む京都奈良などの日本情緒は、同じような風土・文化をもつ東アジア人にはさほど受けず、逆に東京ディズニーランドユニバーサルスタジオジャパンなどが、アメリカまで行かずに済むために格好の遊び場として人気がある。また温泉なども、旅館などの独特のサービスが好感をもたれている。北海道は、台湾、韓国、中国、オーストラリアからの観光客が多い。台湾や華南地方では降雪が乏しく、韓国は雪質が悪く、またオーストラリアは季節が正反対で自国が暑い時期にスキーを楽しめるため、北海道や信越地方のスキーツアーも人気がある。北海道独特の風景や情緒も人気が高い。また、九州は地理的に近いため、台湾や韓国からの観光客が増加している。

卸売業[編集]

総合商社は日本特有の業態であり、業界第一位の三菱商事をはじめ三井物産住友商事伊藤忠商事など商品取扱い高として世界トップクラスの売上を誇る企業が複数存在する。従来は仲介や輸出入に関わる手数料ビジネスが主体であったが、企業の垂直統合や「中抜き」に見られる商習慣の変化に直面し、現在では資源開発への直接投資や企業投資を経由したマーケットの開拓など世界中で多くの事業を行っている。

大手専門商社には、製造会社や総合商社の子会社・関連会社が多い。

問屋は、日用雑貨や食料品などの流通を製造業と小売業の間で支えている。1970年頃から小売量販店の広域・大規模化が起こり、また冷凍・チルド物流の広がりとともに設備投資に耐えられない中小卸問屋の廃業や統合が進んだ。1990年頃からは、コスト削減のため大手小売店が問屋を通さずに製造業者から商品を直接大量に仕入れる中抜きが一般化したため、一部の業界では合併や共同配送の動きが進んだ。

小売業[編集]

百貨店は高度経済成長期やバブル景気などに全国に進出した。しかし、バブル崩壊による消費の低迷や郊外への大型SC進出で全国各地で次々と閉店した。しかし最近では、大都市での進出・増床等も相次いでいる。また郊外の大型SCに出店したりして売上を伸ばしている百貨店もある。ただ少子高齢化で市場規模が縮小していると予測されているため、大手百貨店の統合が進んでいる。阪神百貨店村上ファンドのTOB提案があったため、阪急百貨店と統合し阪急阪神ホールディングス傘下のエイチ・ツー・オー リテイリングとなった。松坂屋大丸J.フロント リテイリングを設立しその傘下に入り、社長の乱脈経営から経営不振が続いた三越伊勢丹三越伊勢丹ホールディングスを設立、経営統合を進めている。ただ世界金融危機以降は高級品路線を進めてきた百貨店はアウトレットモールユニクロなどの格安ファッション店などに苦戦を強いられており、リストラや不採算店舗閉店に加え価格安価な商品の開発・販売や百貨店への格安ファッション店の誘致など新たな客層の開拓などが行われている。

大型スーパーでは高度経済成長期からダイエーが「価格破壊」をスローガンに事業を拡大し1972年には三越を抜き小売業で日本一を達成した。しかし、バブル期の過剰投資で経営不振に陥り産業再生機構の支援の後にイオン傘下に入り経営再建が進められている。バブル崩壊後にはダイエーのように過剰投資やデフレ不況の影響もあり、マイカル西友など大型小売チェーンが経営悪化に陥り、他社の傘下に入り再建が進められた。一方、イオンセブン&アイ・ホールディングスが郊外へのSCコンビニエンスストアなどへの進出で売上を伸ばした他、銀行業等への参入やファッション店など専門店等の買収を進めた。しかし、2006年にまちづくり3法が改正され大型SCの建設が難しくなっており、都市部での小型食品スーパーの展開や中国東南アジアなどへの進出が進められている。また専門店との競争激化やデフレ不況の影響で大手スーパー主要店舗形態であった総合スーパー (GMS) は経営に苦しんでおり、不採算店舗の閉鎖やスーパーセンターディスカウントストア・食品スーパーなどへの業態変更などが進められている。2011年には、イオンの子会社でGMSなどを展開するイオンリテールマイカルイオンマルシェを吸収合併し、同時にGMSブランド統一を行った。

食品スーパーでは、メーカーなどによる販売協力金等を原資にした商品の特売で客を集めるのが主流となっている。また地域性やオーナー経営者が多いことなどから中小規模のスーパーも多く存在している。CGCニチリウ八社会AJSなどの共同仕入れ組織が設立されており、大手と引けをとらない規模を誇る。[89]バブル崩壊やデフレ不況で景気が低迷する中も食料品の売上規模は堅調に推移してきた。[90]しかし、近年は店舗数の増加や人口減少などにより競争が激化している。そのため、近年ではネットスーパーや都市部での小型スーパーなど成長分野への進出が進んでいる。また、イオンによるマルナカ・山陽マルナカの買収[91]アークスユニバースの経営統合など将来難しいとされてきた業界再編も進んでいる。

コンビニエンスストアは、1980〜1990年代ごろから急速に売上を伸ばしたが、コンビニエンスストアの客の大きな割合を占める若者の数が減少しているため売上が伸び悩んだり、成長が鈍化している。そのため大手コンビニエンスストアは、野菜などの販売を行ったり、100円ショップを展開したりと客層の拡大に努めている。また大手コンビニチェーンでは新興国を中心に海外進出も進んでいる。

ドラッグストアでは、政府による医薬分業の流れで調剤薬局が医療機関の付近に立地するようになっている。そのため近年では、ドラッグストアで処方箋を扱う店が出てきている。また、2009年の薬事法改正を受けて登録販売者がいれば薬剤師がいなくてもコンビニエンスストアなどで大半の医薬品を扱えるようになり、ローソンマツモトキヨシが共同店舗の開発を進めるなどコンビニエンスストアとドラッグストアの提携が進んでいる。

家電量販店では、近年激しい価格競争で、家電メーカーとの価格交渉力をつけるため規模の拡大が不可欠となっており、業界の再編が進んでいる。また、ヤマダ電機ビックカメラなどでは家電だけでなく日用雑貨やゲーム機、おもちゃなど多種の商品を扱うなどバリエーションの拡大を進めている。

100円ショップは、90年代のデフレ不況などの影響を受け急成長した。以前は品質が低く供給が不安定だったが、プライベートブランド商品の大量生産委託で品質の向上やコスト削減、供給の安定を図っている。また、海外への進出や200円や300円など100円でない幅広い価格帯の商品を取り扱いを始めたりしている。

ホームセンターでは、同業態間の競争だけでなくスーパーや100円ショップなど他の業態との競争が激化している。

近年、国民一人当たりの可処分所得の減少に伴い、どの業態においても価格競争が激化している。そのため、プライベートブランド (PB) の開発や他の業態への進出、東南アジア中国などを中心とした海外への進出などの動きが進んでいる。

運輸業(旅客)[編集]

航空業界は国土交通省(旧・運輸省)の規制下にあり、その中で自民党運輸族が主導して採算度外視で地方空港を乱立させていった。

航空運輸では国内線では全日本空輸日本航空の寡占状態であるが、近年はスカイマークエア・ドゥなど新規参入や新幹線・高速道路の整備により大都市間の航空路線では航空会社が次々と料金を値下げ、サービス向上などを行った。その一方で航空会社は、石油高騰の影響や不況の影響をうけており各社は路線再編や機体の軽量化・小型化を進めて影響を抑えようとしている。

世界金融危機_(2007年-)以降の需要減を受け、日本航空の経営難が深刻化した。2009年8月には金子一義国土交通大臣は有識者会議を開催したものの[92]2009年の衆議院選挙麻生内閣から鳩山由紀夫内閣に政権交代があったことにより白紙、前原誠司・国土交通大臣のもとで行われたJAL再生タスクフォースによる再生計画も頓挫した。最終的には、2010年1月19日、日本航空と子会社の日本航空インターナショナルジャルキャピタルの三社は会社更生法を申請、受理されたことにより、企業再生支援機構をスポンサーに経営再建の道を図ることとなり[93][94][95]、2010年11月30日、東京地方裁判所が更生計画を認可[96]、日本航空インターナショナルは減資ならびに企業再生支援機構を株主に増資を実施[97]、同時に日本航空インターナショナルを存続会社に日本航空(持株会社)とJALキャピタルを吸収合併、2011年3月28日には更生手続の終結が東京地裁より認められた[98]

鉄道運輸では国鉄民営化後に地方の不採算路線が次々と姿を消したり、一部は第三セクター鉄道に転換した。しかし第三セクター鉄道に転換した路線も一部を除けば赤字状態で廃止も相次いでいる。大都市の私鉄は、百貨店などの商業施設を建設・改装し収益を拡大しようとしているが、道路交通の発達や少子高齢化の影響を受け将来的な利用客減少が懸念されており、阪神電鉄阪急HDによる買収に代表されるように再編が進むと思われる。JRは本州の旅客会社3社(JR東日本JR東海JR西日本)が民営化を実現した。一方、三島会社(JR北海道JR四国JR九州)は人口減少による利用者減少や民営化の際に設けられた経営安定基金の運用低迷などで株式上場の見通しがついていない。路面電車は全国で運行されていたがモータリゼーションの進行とともに廃止が相次いだ。しかし過度のモータリゼーションによるスプロール化交通弱者の問題から見直され、新たに設置を検討したり計画している地方自治体がある。

バス運輸は全国各地に路線があり、通勤・通学、身近な用事などで利用されている。特に自動車を持たないお年寄りにとっては重要な交通手段となっているところもある。しかし、地方を中心に利用者が少なく赤字である路線も多く、そういった路線は地方公共団体の補助金・支援や都市間を結ぶ高速バスの黒字で路線バスの赤字を補填し運転をしているところが少なくない。しかし、近年の規制緩和による新規参入や低額なツアーバスの台頭などで収益が減少し路線の縮小・廃止、さらにはバス会社の倒産が起こっている。廃止されたバス路線を地方自治体が継承し運行を続けるところもあるが近年の地方自治体の財政難から運行を続けることが難しくなっているところが多い。また2009年から景気対策の一環で始まった高速道路の割引では、高速バス利用者の減少や高速バスの到着に遅れが生じるなどの影響が生じている。

フェリー運輸は昔、本州や北海道や四国、九州を結ぶ路線が多く存在した。しかし青函トンネル関門トンネル関門橋本州四国連絡橋が整備されたことでこれらの航路は減少したがトンネルや橋の通行料が高いために利用料の安いフェリー運輸を利用する人も多く今でも多くの航路が存在している。しかし、2009年からの高速道路の料金割引で本州四国連絡橋など高速道路と航路が競合するエリアでは、利用者が減少し航路の撤退や縮小が起きている。

タクシーは小泉内閣による規制緩和で新規参入やタクシー車両の増加が進み、初乗り「ワンコイン」(500円)タクシーが登場するなど価格値下げが進んだ。しかしその一方で不況が続き利用客の増加が難しい中で競争が激化したことで乗務員の収入が減少し労働環境の悪化が深刻になっている。そのため、国土交通省では車両数が増大して競争が激化した地域を「特定地域」に指定し、タクシー適正規模などを話し合う場を設けるなど対策を進めている。

運輸業(貨物)[編集]

海運は、加工貿易を行う日本にとって重要であり資源の輸入、自動車・鉄鋼など輸出にはほとんどの場合は海運が利用され、貿易において重要な役割を担っている。内航海運も沿岸に立地する工業地帯の多い日本では大きな存在である。主な会社として日本郵船商船三井川崎汽船などがある。

航空運輸は、費用が高い・重厚のものは運べないというデメリットがあり貨物運輸で大きな地位があるとは言えないが、半導体など軽量・小型で商品価値が高い工業製品や魚介類など新鮮さが求められる商品の輸送には航空輸送が重宝されている。

トラック運輸は、高速道路の全国的な整備とともに成長した。日本の生産技術としてよく知られるジャストインタイム生産システムはトラック輸送の強みを生かしている。しかし、トラックに偏重した日本の運輸は、交通事故の増加や幹線道路周辺の大気汚染、二酸化炭素の排出量増加などを招いた。そのため、運送の一部をトラック輸送から鉄道・船舶による輸送に切り替える企業も現れている。

鉄道運輸は、かつては大きな割合を占めていたが、トラック輸送の発達とともに減少している。しかし、鉄道輸送がトラック輸送と比べエネルギー消費が少ないこと、環境に負担がかからないことから見直されており、JR貨物では、貨物輸送の高速化・効率化を進めている。

電力・ガス・水道業[編集]

電力業[編集]
日本の電力会社の事業地域

電力業は、第二次世界大戦前に国家総動員の名のもとに政府が電力を統制下に置くなか、日本発送電株式会社が設立され独占して電気を供給していたが、戦後「電力の鬼」と呼ばれた松永安左エ門主導のもと1951年に地域独占を認めた9電力体制(北海道電力、東北電力、東京電力、中部電力、北陸電力、関西電力、中国電力、四国電力、九州電力の9社、沖縄電力が入り10社体制になるのは沖縄返還後)および半官半民の電源開発が確立された。高度経済成長期の電力需要の増大に伴い、9電力会社は水力発電から火力発電を主体とした発電体制(水従火主)を敷くことになった[99]。また、1955年には原子力基本法が制定され、原子力の平和利用を推進し、1966年には日本初の原発である東海発電所(茨城県東海村)が営業運転を開始した。オイルショック以降、原油価格の高騰に対抗すべく9電力会社も原発建設に着手し各社とも発電における原発の構成比を高めていった。

1990年代に入ると、電力自由化の流れにより参入規制が緩和されたことで新規参入が増加したが、主力の火力発電が燃料費(原油)の高騰による撤退が相次ぎ、コジェネレーションシステムを利用した一部の大規模な工場やショッピングセンターなどへの電力供給にとどまっている。

鳩山由紀夫(首相当時)が2010年3月6日、地球温暖化防止のために原発推進を主張し[100]、原発への機運が高まる中、東北地方太平洋沖地震の津波とそれによる電源喪失などにより福島第一原子力発電所では炉心溶融を伴う放射性物質の流出事故が発生(福島第一原子力発電所事故福島第一原子力発電所事故の経緯福島第一原子力発電所事故の経緯 (2011年4月以降))、東京電力管内では電力不足から輪番停電を3〜4月に実施、菅直人首相が中部電力の浜岡原子力発電所の全原子炉停止を要請したことにより、運転停止という事態となっている[101][102]

ガス業[編集]

ガス業は、一部の都市や地域では都市ガス事業者によって都市ガスが供給されているが、それ以外の地域ではプロパンガス事業者によってプロパンガスが供給されている。都市ガス事業者のほとんどは私企業であるが、仙台市ガス局など一部は地方公営企業の形態をとっている。

水道業[編集]

水道業では、水道の供給はほぼ地方公共団体地方公営企業水道局)によって行われている。近年、全国の上下水道管の老朽化が進んでおり、総延長の6.2%に当たる約38000キロの水道管が法定耐用年数の40年を超えている。[103]しかし、近年の地方自治体の財政難から更新は難しく近年では近隣自治体との水道事業の統合や民間企業への移管を行う自治体も出てきている。一方、日本の水道は漏水率が低いなど高い技術を持っており途上国での水需要が伸びる中、総合商社や水道関連メーカーなどと共に海外での水道ビジネスに乗り出す地方自治体の水道事業者も出てきている。

情報産業[編集]

2000年頃、ブロードバンド接続環境の普及がITバブル崩壊後、一時的に停滞したが、その後すぐに回復基調に乗った。

2006年時点では、世界で最も安く性能のよい情報通信インフラが整備されている。特にDSL技術やFTTHは日本が世界で最も進んでいる。また携帯電話網と情報通信網のネットワークが進んでいる。

コンピューター、とくにパーソナルコンピュータが普及している。コンピュータでは、世界的に高速なスーパーコンピュータとして知られる地球シミュレータが建造され、近年では一時世界一となったスーパーコンピューター「京」なども建造されるなど、技術的に高い水準を持つ。また、元来、日本企業が家電製品を得意とするため、情報家電と呼ばれる付加機能の付いた家電製品の分野が開けた。

ユビキタスコンピューティングは、日本が世界で最もユビキタス社会が進んでいると言われている。発達した携帯電話を中心とする携帯機器と、インターネットでつながったパソコンのほか、遍在する情報機器、RFID(電子タグ)などのインフラを連動させることで、日常の生活に浸透しつつある。

ソーシャル・ネットワーキング・サービスでは、mixiのユーザー数が2010年4月に2000万人を突破する[104]など利用者数が増加しており、facebooktwitterなど海外SNSの日本市場への参入も進んでいる。近年はSNS上でプレイするソーシャルゲーム市場が拡大しており、ソーシャルゲーム市場は2011年には2000億〜3000億円の市場規模に成長すると言われている。[105]日本ではソーシャルゲームの分野ではGREEを運営するグリー (企業)Mobageを運営するディー・エヌ・エーが激しい競争を繰り広げている。国内SNSでは利用者の拡大を求めて海外進出・海外SNSなどとの提携やアプリ開発促進のためプラットフォームのオープン化を進めている。

情報産業の隆盛の一方、IT土方ITゼネコン等日本の情報産業の構造が問題視されるようになっている。

メディア産業[編集]

新聞業界は、一般紙においては戸別宅配制度新聞販売店による営業によって新聞普及率・発行部数において世界3位[106]と世界的にも高い新聞購読率を誇っている。また全国紙を発行する5社(読売新聞グループ本社朝日新聞社毎日新聞社日本経済新聞産業経済新聞社)が大手民間のキー局などと資本関係を持っておりテレビ業界へも強い影響を持っている。だが、近年はインターネットの普及や活字離れなどの影響で近年購読部数の減少が続いており、2008年には1世帯当たりの新聞購読部数が1部を割り込み0.98部数[107]になっている。地方紙なども含め新聞業界では夕刊紙の廃止・人件費削減などのコスト削減やインターネットでの記事ネット配信などを進めている。

テレビ業界では近年、これまでの地上波放送だけでなくBS放送CS放送などの衛星放送ケーブルテレビの普及によってテレビの多チャンネル化が進んでいる。地上波ではNHKと民放のキー局5社(フジテレビジョン日本テレビ放送網TBSテレビテレビ朝日テレビ東京)が大きな力を持っており、地方の系列局を通して全国にテレビ放送を行っている。1980年代後半以降、テレビの視聴時間は増加に転じており長時間テレビが見られる傾向が続いている。[108]しかし、インターネットの普及などによって若年層を中心にテレビ離れが加速しており、テレビの視聴率低迷や景気低迷でテレビ局の経営環境は厳しくテレビ局の主要な収入であるテレビ広告費は年々減少傾向[109]にある。近年は、キー局を中心にネットととの融合を進めており、番組のネットの配信やネットを活用した番組作りなどが進められている。

ラジオ業界は1960年代のテレビの普及に伴いラジオ離れが加速したが深夜放送など番組改編によって持ち直し現在もメディアとして一定の存在感を持っている。1960年代以後もFM放送局を中心にラジオ局の開局が行われた。1980年代になると規制緩和の影響を受けて放送範囲を市区町村など狭い範囲での放送を行うコミュニティ放送局の開局が増加した。テレビなど他の既存メディアと同様にネットの普及などで再びラジオ離れがささやかれている。テレビ業界と同様にネットとの融合が進められている。

出版業界は1996年まで出版物の販売が増加し1989年には2兆円を突破するなど成長が続いてきた。しかし、近年は活字離れやメディアの多様化の影響などで出版不況が続いており、2010年の出版物販売額は1兆8,748億円と6年連続低下しピークの1996年から約3割減少している。[110] 特に雑誌は購読部数の減少で広告収入の減少にも繋がっており、近年雑誌の休刊・廃刊が進んでいる。ネットを活用したデジタル雑誌の発行や付録など工夫を凝らした雑誌の発行などの取り組みが行われている。

コンテンツ産業[編集]

コンテンツ産業は、メディア産業とも呼ばれる。日本のコンテンツ産業の市場規模は12兆5246億円である[111]。 規模の大きな領域として、テレビ番組、新聞雑誌カラオケなどがある。映画ビデオなどの映像関連は比較的規模が小さく、今後の産業育成が期待される。

日本映画(邦画)は、昭和30年代のテレビ普及とともに長期凋落傾向が続いたが、近年復活の傾向が見られる。しかし、現在でも一部の監督作品および分野を除いては世界的な普及には至っていない。テレビ番組は、高度な技術、豊富な資金およびアイデアを背景にアジアを中心に受け入れられたが、近年は陳腐化が進んだとされる。

アニメ漫画、映画などの輸出が増え、コンテンツ輸出総額だけで 1兆円を超える産業に育っている。アニメのコンテンツ輸出が活発で、その流れで漫画の輸出額も増えている。アニメは、世界のアニメーション産業の6割のシェアを占めているほか、ストーリー、技術共に他国のそれを格段に凌いでいることから、世界から注目を浴びている。アニメ産業は、低賃金・長時間労働・高リスクという構造的な問題から、下請け先を海外に見いだすなど、空洞化が懸念されている[111]。また、ファンサブ等の著作権侵害による被害も問題となっている。

レジャー・娯楽産業[編集]

パチンコ産業は、2011年現在19兆3,800億円[112]と余暇市場においても大きな割合を占めている。しかし、パチンコへの規制強化や娯楽の多様化などの影響で近年低迷傾向にある。パチンコ店では、1円パチンコなど低価格で遊べるパチンコ台を導入するなど初心者客の獲得を進めている。

テーマパーク・遊園地は、バブル景気期に制定された総合保養地域整備法の後押しもあり全国各地で多くのテーマパーク・遊園地が開業した。しかし、バブル崩壊で入場者が減少し東京ディズニーランドなど一部の施設を除き多くの施設が経営不振に苦しむことになった。2003年ハウステンボスが会社更生法を申請するなど全国各地でリゾート施設の倒産・閉鎖が相次いだ。

その他のサービス業[編集]

教育サービスは、小中学生ではゆとり教育による学力低下の懸念から学習塾に通ったり通信教育を受けたり、家庭教師を雇うなど学校以外で何か勉強をしている小中学生が増えている。大人では就職や転職に有利なことから資格検定等を取得するための通信教育を受講する人も増えている。ただ今後の少子化の進行で学習塾や予備校などは競争が激化することが予想され、統合や提携が相次いでいる。

郵便サービスは、特定信書便では郵便事業株式会社以外の企業がある程度参入しているが一般信書便は参入条件が厳しく一般信書便事業は郵便事業会社が独占状態である。

宅配便サービスでは1980年代から急速に取り扱い量を増やし、それまであった郵便小包チッキは急速に衰退している。取扱量増加と共にクール便や配達日指定などさまざまなサービスが生まれている。取扱量ではヤマト運輸佐川急便の2社が大きく3位以下を引き離している

外食サービスは、今ではファミリーレストランやハンバーガーショップ、外国料理店などさまざまタイプの店舗があり、核家族化や女性の社会進出などの影響もありおよそ25兆円の市場規模まで成長した。しかし、景気悪化や独身世帯の増加等により先細りの傾向にありすかいらーくのように大規模な店舗改革やブランドの廃止などが行われている。

福祉サービスは、高齢化社会の進行から老人向けの介護・介助サービスが成長している。ただ重労働で時間シフトの厳しい職種でありながらひじょうに低賃金で人材確保に苦戦しており、施設を建てたのに職員が不足している福祉施設も多い。そのため、国では介護報酬の引き上げを行っているが運営に苦戦している事業所も多く、なかなか人件費アップにはつながっていない。また将来的な福祉従事者の不足に備え、外国人労働者を介護福祉士として養成する政策も行われているが、漢字や専門用語を大量に含む日本語による資格試験の壁や出題難度の高さ、実務経験の要求や1回の試験で合格しなければ本国に返されるなどの制約条件の高さから日本でのキャリアパスが期待できないと敬遠される傾向にあり、定着率も低い。

人材派遣・業務請負サービスは、規制緩和の影響や企業がコスト削減のために非正規社員を積極的に採用したために成長した。しかし違法な偽装請負などの問題が発生している。また、景況悪化と法律の改正によって撤退・廃業が相次ぎ、業界自体の存在が危うくなりつつある。

性風俗産業は5兆円超の規模である[113]アダルトビデオ業界は国内総生産の1%を占め、日本国外でも人気を博している[114]

現在抱える問題と展望[編集]

産業空洞化[編集]

1980年代以降、円高を契機に、人件費の抑制などを目的として生産拠点を国内から海外に移転する「空洞化」が深刻化している。近年はカントリーリスク回避や新興国の賃金上昇などで日本に生産拠点を移す企業もある。

金融機能の低下[編集]

バブル期における過剰融資とバブル崩壊による担保価値の減少で、銀行は多額の不良債権を抱えるに至った。2000年以降は金融再生プログラムを初めとして不良債権処理が進み、銀行は多額の増資や貸倒引当金積み立てを行い、その後の景気回復により都市銀行についてはほぼ解消されつつある。しかし現在でも20以上の金融機関が預金保険機構による資本増強(公的資金注入)を受けている。

起業[編集]

日本は欧米に比べて起業件数が少ない。原因として、日本では資金の調達先が金融機関に限られやすいことが挙げられる。起業経験のない人が金融機関から資金調達するのは難しく、起業して失敗すると多額の借金を抱えやすいからである。2004年に政府は対策として法改正を行い、1円から起業可能にするとともに経営のサポート体制も構築したが、効果は未知数である。

首都の過密と地方の過疎[編集]

戦後高度経済成長期にかけて、太平洋ベルトを中心とした都市部への人口集中が続いた。高度経済成長以降は、首都東京への一極集中が加速し、地方の農業や地場産業の衰退に伴って、「過疎過密」の国土が形成された。そして、「平成不況」が到来すると、より一層、東京一極集中が加速している。

高度経済成長期の地方には、支店や営業所が立ちならぶ「支店経済都市」と、特定企業の工場が立ち列ぶ「企業城下町」が増加した。

列島改造論以降、道路整備を中心に行われた公共投資は、モータリゼーションを深化させ、地方都市において中心市街地の衰退を招いたが、自然破壊や地元への維持費の負担など弊害が多く目立ち、景気対策としても思うような効果を招かなかったという批判が高まり、公共投資は圧縮されるようになった。公共事業という主要産業を失った地方では、建設業農業や福祉産業に転じるなどの動きが見られる。

東京一極集中は、バブル経済崩壊後の不景気を経て加速しており、特に山手線内とその沿線では、オフィスビルや高層マンションの建設など、民間建設投資が活発に行われるようになった(都心回帰)。これに伴って、東京都心から離れた地域では、住民の高齢化と人口減少に悩む都市が現れている(小田原春日部土浦など)。

一方で小泉純一郎首相・竹中平蔵蔵相・奥田碩経団連会長が推進する市町村合併地方交付税の削減により、全国各地の中小都市や村落は、役場の雇用や自治権の喪失などによって、衰退に拍車が掛かっている。

さらには、安土桃山時代までは首都圏として、文化・経済の各面で日本をリードして来た京阪神までもが、相次ぐ本社の東京への移転により、弱体化に悩まされている。

そして、東京以外でも、中央省庁出先機関が集中する都市(札幌仙台名古屋広島福岡)は、中央省庁の出先機関に引きつられて企業の支店が密集し、「ミニ東京」と化して一極集中が加速している。

経済成長率[編集]

国内総生産から見ると、製造業の影響が大きい。

国内総支出から見ると、米国に比べ輸出の割合が大きい。個人消費は、1990年後半から伸び悩んでいる。

潜在成長率は、団塊世代の大量退職や総人口減少により、次第に低下していくとの見方がある。一方で生産性の向上や、高齢者、主婦などの非労働力人口を労働力化することによって、成長が確保できるという意見もある。

国民一人当たりGDP順位の下落[編集]

日本は1993年に国民一人当たり国内総生産(名目GDP)が世界第2位であったが、徐々に下落を続け、IMF発表で、2010年推計は16位まで低下した。高齢化社会到来と共に日本衰退の兆しであるとする意見がある。しかし近年ユーロ高が続き、それがGDP統計に反映され欧州各国の順位が高めになっている面もある。さらに日本は近年、輸出産業のために円安政策をとっているため、これがドルで計算されるGDPを低くしているとの指摘がある。

アジアの中では日本は長年1位を保持してきたが、IMFの発表では2007年度はシンガポールに抜かれ、アジア2位に転落した。またIMF発表の2008年推計ではブルネイを僅かに上回り、ブルネイとも僅差となっている。しかしブルネイは所得税がなく、教育費、医療費も無料のため、実際の生活水準では日本より上で、世界最高水準にあると見られる。

また労働時間の面からも、OECDの2006年統計では日本の平均労働時間は1775時間であり、国際水準と比較し長く、統計にサービス残業は含まれていないため、労働時間当たりのGDPはさらに低い計算となる。

国民1人当たりGDPは金融センターや貿易センターを抱える都市国家型の経済と領域国家型の経済を単純比較するのには限界があり、また近年のユーロ高や円安政策などさまざまな要因があるが、世界経済に占める2010年度の名目GDP総額割合は8.7%と前年比で0.1ポイント低下、1994年 (17.9%) の約半分と、1990年代と比較し、国際社会での日本経済の購買力低下は鮮明となっている。

公的債務の増大[編集]

日本の公的債務は、とくに1990年代に入って増加の一途をたどっている。これについては、1990年代以降の不況による税収の低迷、不況対策のための財政政策(公共事業などの財政出動と減税)の発動、高齢化などによる社会保障給付の増大が主な理由とされる。累積債務が膨大であるため、現在低水準である長期金利が今後上昇すれば利払いで財政が窮地に陥る可能性が示唆されている。一方、国債の多くが銀行郵便貯金預金運用に充当され、あるいは証券会社のMRF中期国債ファンドなどに利用されるなど、国内での需要が高く、国債発行にともなう金利の急騰(クラウディングアウト)なども引き起こしていないことなどから、過剰に問題視する必要はないという見方もある。

雇用・労働環境[編集]

戦後の雇用環境は、年功序列を基本とした「頑張れば報われる」制度となっていた[115]

非正規雇用者については、経済のグローバル化に伴い1980年代以後半から労働者を非正規社員として雇用する企業が増加している。また、バブル崩壊以降の失業率の上昇によりフリーターニートが増加しているという意見が注目を浴び、社会問題として取り上げられるようになる。他には、派遣の拡大は、偽装請負の問題や社員の契約・派遣への転換(非正規化)も深刻化している。

正社員の雇用については、バブル崩壊以降は伸び悩んでいたが、団塊世代の退職(2007年問題)に伴い正社員を雇用する大企業が増えている。

外国人労働者については、少子化が進む中人材確保の期待から、日経連等は移民の受け入れを提言している。外国人は日本の職場における独自の慣習になじむのが難しいことから高度技能者として日本にやってくる労働者は少ないが、新興国市場へのシフトを強める日本企業ではアジア系外国人への期待が高まり、日本の大学に留学したり、母国の大学で日本語を学んだ中国人・韓国人を中心とする外国人新卒者が多数日本企業に採用されている。外国人の非熟練労働者は低賃金で働かせる事ができることから2008年頃までは増加したが、人件費を抑える目的で違法・脱法的な身分で働いている者が多いなど、問題も発生している(詳細は外国人労働者を参照)。

高度経済成長期以降は仕事中心のライフスタイルが広がり、我が身を犠牲にして会社につくす従業員は企業戦士と呼ばれた。現在も企業規模の大小を問わず劣悪な労働条件がひろく見られ、不払い残業が当然視されるなど、労働法制に違反する行為が横行しており、労働者が相次いで過労死すると言う現象は先進国において日本特有のものだと言われる。

2008年以降、世界金融危機に伴う景気悪化によって失業率が戦後最高水準にまで上昇し、内定取り消し失業が社会問題化している。

2010年代に入る前後からは、労働者を容赦なく過酷な環境で働かせ、使い捨てる、いわゆる「ブラック企業」が社会問題化している。

非正規雇用の増加[編集]

1980年代以降、非正規雇用が増加している。1992年から2012年の間に、正規雇用が3705万人(労働者の79.5%)から3340万人(同64.8%)と減少したのに対し、非正規雇用は958万人(同20.5%)から1813万人(同35.2%)へと大幅に増加した[116][117]パートタイム労働者の時給はフルタイム労働者の時給の40%程度に押さえられているが、OECDはこの時給差は生産性の違いとしては大きすぎると指摘している[118]

企業にとってはコスト面で一定の効果がある。しかし、外部の人間である派遣社員や・短期就労が大半のパート・期間従業員に品質意識まで要求することは困難であり、非正規雇用者の増加が、品質低下を招いているとの指摘が出されている[119]

また、非正規雇用者の増加に伴い、同世代における所得格差の拡大、人材不足が深刻化している。 (非正規雇用者はスキルを高める機会および意欲が少ない。他に、団塊世代の大量退職と少子高齢化も影響している)

所得格差[編集]

日本のジニ係数は1980年中盤より年々上昇し続け、2006年度OECD経済レポートでは「OECD諸国の中で最も経済的不平等の大きい国の1つである」と指摘された[118]。OECDはその原因を非正規雇用者の増加などの「労働市場の二極化」が主因であると指摘しており[118]、OECDは「正規労働者に対する雇用保護を削減せよ」と勧告している[118]。さらにOECDは高齢化の影響で50〜65歳の労働者層の割合が突出していることが、賃金のゆがみを大きくさせていると指摘している(世代間格差[118]

また、OECD諸国の中で日本は韓国に次いで二番目に男女の賃金差が大きい国である[120]

貯蓄を一切持たない世帯も増加しており、「一億総中流」の社会は崩壊し階層社会へ移行しつつあるという認識が広がっている。政府は、格差拡大に対して努力により上層へチャレンジすることができる社会を掲げているが、親の収入に基づく教育格差の拡大や企業の新卒限定採用により、階層が世代を超えて固定化されることが懸念されている。

所得分配の格差問題はバブル景気の頃に一度問題となり「マル金」「マル貧(ビ)」(金魂巻)などの流行語を生み出した。バブル経済の崩壊と長期にわたる経済の低迷によりこうした流行語は消滅したが、経済の自由化や派遣労働など雇用の流動化を背景に、所得格差・資産格差の階層化は固定化の傾向にあり、近年では高所得・資産のグループを「勝ち組」、低所得・資産のグループを「負け組」と呼ぶ風潮が流行している。

失業[編集]

戦後の日本企業では終身雇用制度がとられていた事もあり、失われた10年まで失業が社会問題化することは稀だった。例外として、オイルショックの後、一時失業者が増加したが、その後の景気回復で一時的な不安に終わっている。

バブル景気崩壊後の平成不況によって就職氷河期と呼ばれる時代が訪れ、失業が社会問題化した。また、2008年以降の世界金融危機によって完全失業率は戦後最悪水準の5.0%にまで悪化した。[7]その後は緩やかに下落している。[121]

家計貯蓄率の急速な低下[編集]

2006年度の国民経済計算(内閣府)の家計貯蓄率は3.2%と1949年以来の低さとなった。家計貯蓄率が急速に下落した背景には、所得の減少、雇用の非正規化、無職世帯の急増などが挙げられる。家計貯蓄率は1997年度の11.4%から3分の1以下に急低下した。総じて日本の家計は貯蓄する傾向があると言われたのは過去のことになりつつある。とくに1999年に5%近く急激に低下した以降5%から4%を下回る長期低落傾向にあり、急速な高齢化、賃金停滞にともなう労働市場からの退出(勤労世代の無業化)、ワーキングプア層の急拡大などが背景にあるものと考えられる。もっとも、勤労者世帯の黒字率は26.8%であり日本人の貯蓄に対する性向やライフスタイルが極端に変化したと見るのは早計で、世帯構成のうち勤労者世帯比が53.1%であるのに対して、全体の30.1%を占める無職世帯(その多くが高齢者世帯である)の黒字率が-31.4%と著しいマイナスになっていることが大きい[122]

外国からの直接投資[編集]

日本では、法人税の税率が1990年代以降切り下げられてきた。しかし、法人税制を日本より更に魅力的なものへと変革し、外国企業に対する優遇税制を積極的に推進するオランダ、ベルギー、デンマーク等の西ヨーロッパ諸国、中国やUAE等の新興国に国際的企業の研究開発拠点、製造拠点が作られ始めると、日本はアメリカ合衆国と並んで外国企業への優遇税制に遅れをとる国の1つとなった。

また、外国企業が日本に進出しても、世界市場に比べ特異な日本市場で成功することは稀であり、カルフールやメリルリンチといった企業が日本から撤退していった。しかし、日本市場が縮小しているため、外国企業の国内進出はおろか、日本企業の拠点の海外流出が加速している。今後、新興国との競争に負けないために、自由貿易協定の締結を推進して関税を引き下げ、外国企業への優遇税制を実施し、経済自由化に向けた取り組みを推進していく必要があるが、企業優遇税制に対する国内世論の反発が強く、取り組みは諸外国に比べ遅れており、拠点立地、投資の魅力が無い国となっている。

経済政策[編集]

明治以降の経済政策について。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 内閣府『国民経済計算』内閣府 四半期別GDP速報 時系列表(平成23年1-3月期 2次速報値 名目(暦年)〈平成23年6月9日公表〉)”. 2011年6月10日閲覧。
  2. ^ a b c d e f World Economic Outlook Database April 2011 Edition”. 2011年4月22日閲覧。1ドル=約87.8円(2010年為替レート)
  3. ^ 第1次産業は農林水産業、第2次産業は鉱業・製造業・建設業、第3次産業は第1次産業と第2次産業以外を指す。第3次産業には和を100%にするために便宜上、輸入品に課される税・関税、(控除)総資本形成にかかる消費税、(控除)帰属利子、統計上の不突合を算入している。矢野恒太記念会編 (2008) p.93 表7-5 経済活動国内総生産(暦年)
  4. ^ 総務省統計局 平成17年基準 消費者物価指数(平成20年8月29日公表)”. 2008年9月15日閲覧。
  5. ^ 財団法人矢野恒太記念会編 (2008) p.71 表6-1 労働力と非労働力(大本は厚生労働省 労働力調査)
  6. ^ 矢野恒太記念会編 (2008) p.73 表6-3 労働力調査による産業3部門別就業人口割合。第1次産業は農林水産業、第2次産業は鉱業・製造業・建設業、第3次産業は第1次産業と第2次産業以外を指す。
  7. ^ a b 総務省統計局〈2〉(就業状態、完全失業者数、完全失業率等)”. 2001年5月9日閲覧。
  8. ^ a b 財務省貿易統計 年別輸出入総額(確定値)”. 2012年12月4日閲覧。
  9. ^ 矢野恒太記念会編 (2008) p.379
  10. ^ 矢野恒太記念会編 (2008) p.368
  11. ^ 外貨準備等の状況(平成25年12月末現在)”. 2014年4月11日閲覧。
  12. ^ a b 日本のGDP、中国に抜かれ世界3位に”. CNN (2011年2月14日). 2011年2月16日閲覧。
  13. ^ 金森・香西・加藤編 (2007) pp.44-53
  14. ^ a b 内閣府『国民経済計算』〜昭和30年からの需要項目別一覧〜旧68SNA・平成2年基準のGDP_実質暦年(前年比)”. 2008年9月15日閲覧。
  15. ^ a b 金森・香西・加藤編 (2007) pp.30-32
  16. ^ 内閣府経済社会総合研究所_景気基準日付について”. 2008年11月22日閲覧。
  17. ^ 金森・香西・加藤編 (2007) pp.187-190
  18. ^ 1997年から続く「給料デフレ」 - 日本人の貧富拡大”. 2009年3月21日閲覧。
  19. ^ 景気動向指数研究会”. 2009年1月30日閲覧。内閣府経済動向指数研究会は2009年1月29日に、第14循環の景気の山を暫定的に2007年10月と決定した。
  20. ^ 2008年1月18日 衆議院本会議 大田弘子国務大臣 日本経済研究室
  21. ^ [1] The World Bank(英語)
  22. ^ 国際収支状況Ⅰ.国際収支総括表s-1-3 四半期 財務省
  23. ^ 平成26年1月中 国際収支状況(速報)の概要 財務省
  24. ^ 国土交通省第5回自立地域社会専門委員会議事概要
  25. ^ 『日本は硬直的かもしれない しかし非効率ではない』2008年4月30日付配信 ファイナンシャルタイム
  26. ^ 総務省統計局HP 労働力調査 長期時系列データ 職業別就業者数[2]
  27. ^ 財団法人矢野恒太記念会 (2008) p.134 表13-6および脚注。農家の分類は、以下の通り(脚注より)「主業農家は農業所得が主(農家所得の50%以上が農業所得)で、準主業農家は農外所得が主のもので、いずれも65歳未満の農業従事60日以上の者がいる農家。副業的農家は65歳未満の農業従事60日以上の者がいない農家を言う。」
  28. ^ 財団法人矢野恒太記念会 (2008) p.136 表13-8 大本は農業構造動態調査。農業労働力(15歳以上)の高齢化(販売農家)によると1990年の調査では19.5%だった65歳以上の割合が、2006年には32.4%まで上昇している。
  29. ^ 財団法人矢野恒太記念会 (2008) pp.132-133 大本は農業構造動態調査、欧米諸国はEU16ヘクタール、アメリカ合衆国178ヘクタール、オーストラリア3,385ヘクタールとのこと(農林水産省『2007年版食料・農業・農林白書』
  30. ^ a b c d e f g h i 財団法人矢野恒太記念会 (2008) p.146 表14-1 わが国の農作物収穫量
  31. ^ 財団法人矢野恒太記念会 (2008) p.148 表14-3 米の収穫量(水陸稲合計)(2007年産)
  32. ^ 財団法人矢野恒太記念会 (2008) p.151 表14-11 麦類の主産県の収穫量(2007年産)
  33. ^ a b c 財団法人矢野恒太記念会 (2008) p.139 表13-13 食料の自給率の推移
  34. ^ 財団法人矢野恒太記念会 (2008) p.152 表14-13 わが国の小麦輸入先
  35. ^ a b 財団法人矢野恒太記念会 (2008) pp.161-162 表14-32 野菜の主産地の生産量(2006年産)
  36. ^ a b 財団法人矢野恒太記念会 (2008) pp.159-160 表14-30 果物の生産量(2006年産)
  37. ^ 農林水産省 畜産統計(平成19年2月1日現在)〈平成19年7月20日公表〉p.47 大本は農林水産省統計部『畜産統計』による”. 2008年10月11日閲覧。
  38. ^ a b 財団法人矢野恒太記念会 (2008) p.172
  39. ^ a b c d e 財団法人矢野恒太記念会 (2008) p.169 表15-2 家畜の府県別頭数(2007年2月1日現在)
  40. ^ 財団法人矢野恒太記念会 (2008) p.170 図15 - 1 わが国の肉類供給量
  41. ^ 財団法人矢野恒太記念会編 (2008) p.171 表15-6 わが国の生乳生産高
  42. ^ 農林水産省 平成19年牛乳乳製品統計調査(基礎調査)結果の概要 p.2”. 2008年10月11日閲覧。
  43. ^ 財団法人矢野恒太記念会 (2008) p.29 表2 - 2 国土利用の変化(2005年)
  44. ^ a b c d e f g h 日本の長期統計系列 第7章 農林水産業 7-43 漁業部門別生産量および生産額(昭和31年〜平成16年)”. 2008年10月11日閲覧。
  45. ^ 農林水産省 漁業生産額”. 2009年3月21日閲覧。
  46. ^ 農林水産省 平成19年漁業・養殖業生産統計”. 2009年3月21日閲覧。
  47. ^ 日本の長期統計系列 第7章 農林水産業 7-39 海面漁業の世帯数、世帯員数および就業者数(昭和28年〜平成15年)”. 2008年10月11日閲覧。 大本は〔資料〕 農林水産省大臣官房統計部経営・構造統計課「漁業動態統計年報」「漁業センサス」「漁業就業動向統計年報」
  48. ^ 農林水産省 平成19年漁業就業動向調査結果の概要(平成19年11月1日現在)(平成20年3月31日公表)”. 2008年10月11日閲覧。
  49. ^ a b c 財団法人矢野恒太記念会 (2008) p.179 表17-1 漁業種類別生産量と生産額
  50. ^ a b 財団法人矢野恒太記念会 (2008) p.184 表17-11 世界の漁獲量 大本のデータはFAO Fishstat "Capture prodution 1950-2005"
  51. ^ 財団法人矢野恒太記念会 (2008) p.181 表17-4 わが国の養殖業の魚種別収穫量
  52. ^ 財団法人矢野恒太記念会 pp.179-180
  53. ^ 財団法人矢野恒太記念会 p.182 表17 - 6 わが国の主要水産物輸入高(2006年,2007年)
  54. ^ 財団法人矢野恒太記念会 (2008) p.192 工業製品出荷額に見る工業地帯の変化(大本は経済産業省「工業統計表 産業編」
  55. ^ 三菱総合研究所産業・市場戦略研究本部編 (2007) pp.166-167
  56. ^ 財団法人矢野恒太記念会 (2008) p.246
  57. ^ 三菱総合研究所産業・市場戦略研究本部編 (2007) pp.139-148
  58. ^ 震災で見直しを迫られる製油所の過剰設備削減(3) - 週刊東洋経済(2011年4月2日)、2011年9月16日閲覧
  59. ^ 新基準で「設備投資か削減か」迫られるエクソンやコスモ石油 - ブルームバーグ(2010年7月6日)、2011年9月16日閲覧
  60. ^ 石油(3)減少続くGS-経済ナビゲーター - 朝日新聞(2011年3月19日)、2011年9月16日閲覧
  61. ^ 【世界の製薬企業ランキング】減収もファイザーがトップ守る - 武田薬品が「100億ドルクラブ」に”. 2008年8月17日閲覧。
  62. ^ a b c d Top steel producers 2007”. 2008年7月25日閲覧。
  63. ^ 新日鉄と住友金属が合併へ来年10月、世界2位に - 47NEWS(共同通信社)、2011年2月30日(2011年9月15日閲覧)
  64. ^ 三菱総合研究所産業・市場戦略研究本部編 (2007) pp.153-154
  65. ^ a b c 財団法人矢野恒太記念会編 (2008) pp.271-273 表24-2 窯業・土石製品製造業の構成 (2007)
  66. ^ 読売新聞オンライン(2006年2月28日)「日本板硝子 英大手買収を発表”. 2008年10月4日閲覧。
  67. ^ a b 財団法人矢野恒太記念会編 (2008) p.275
  68. ^ 財団法人矢野恒太記念会編 (2008) p.273 表24-6 セメントの生産と輸出
  69. ^ "日本の長期統計系列 第8章 鉱工業 8-9-i 主要品目の生産量及び生産額 - セメント及び窯業製品の生産量及び販売額(昭和60年 - 平成15年)”. 2008年10月18日閲覧。
  70. ^ 印刷産業の現状と課題 (pdf) - 経済産業省商務情報政策局文化情報関連産業課(平成16年1月)、2011年9月17日閲覧
  71. ^ 『平成21年工業統計表』、経済産業省
  72. ^ 財団法人矢野恒太記念会 (2008) 表31-8 わが国の主要輸出品の推移 (2007年)によると、重電機器、電気回路用品、テレビ受像機、映像記録・再生機器、音響・映像機器部品、通信機、家庭用電気機器、電池、半導体等電子部品、電気計測機器、精密機械の輸出構成より算出。
  73. ^ 経済産業省HP 電気・電子分野の通商政策
  74. ^ 財務省 法人企業統計年次別調査”. 2008年10月17日閲覧。 電気機械器具製造業10億円以上より算出
  75. ^ 佐藤文昭 (2006) p.25 大手電機メーカー10社はNEC富士通日立製作所東芝三菱電機ソニー松下電器産業シャープ三洋電機パイオニア。大本の出所は日経NEEDSの情報を元にドイツ証券作成。
  76. ^ a b 橋本・長谷川・宮島 (2006) p.128
  77. ^ a b c 財団法人矢野恒太記念会 (2008) p.236 表20-31 民生用電子機器の生産
  78. ^ a b c 財団法人矢野恒太記念会 (2008) p.239 表20-34 日系企業による家電製品の海外生産(会計年度)
  79. ^ 日経エレクトロニクス2008年1月14日号「液晶軸にテレビ・メーカー再編、次の焦点はPDPの動向か」”. 2008年11月8日閲覧。
  80. ^ 日本半導体産業・復活への提言 - 経営者も技術者も「もうける決意」が必要だ - (日経エレクトロニクス2006年10月9日号)[3]
  81. ^ 日本半導体産業のジレンマ (3) - 技術とは何か?Technologyとは何か? - (前編)[4]
  82. ^ Gooカテゴリー検索[5]
  83. ^ 三菱UFJ銀行 経済・産業レポートとマーケット情報 2007年度:自動車[6]
  84. ^ ウォッチ・ザ・カンパンニー(ラジオ NIKKEI)[7]
  85. ^ 橋本・長谷川・宮島 (2006) pp.92-99
  86. ^ 日本経済新聞(2008年7月18日)ゼファーが民事再生法を申請 負債総額949億円”. 2008年8月24日閲覧。
  87. ^ 日本経済新聞(2008年8月14日)アーバンコーポが再生法申請 負債2558億円、08年最大の倒産”. 2008年8月24日閲覧。
  88. ^ 日本経済新聞(2008年10月9日)上場REIT、初の破綻 ニューシティ、負債1123億円”. 2008年10月25日閲覧。
  89. ^ CGC加入企業の売上規模は4兆2,428億円(2011年6月1日現在)。
  90. ^ 販売額、前年比 (pdf) - 日本チェーンストア協会(2011年4月25日)、2012年1月21日閲覧。
  91. ^ イオン、マルナカを440億円で買収 - 産経新聞(2011年10月5日)、2012年1月21日閲覧。
  92. ^ 「日本航空の経営改善のための有識者会議」の開催について”. 日本航空 (2009年8月18日). 2010年1月30日閲覧。
  93. ^ 株式会社企業再生支援機構による支援決定及び会社更生手続の開始決定等に関するお知らせ”. 日本航空 (2010年1月19日). 2010年1月19日閲覧。
  94. ^ 株式会社企業再生支援機構に対する再生支援申し込み及び支援決定、並びに会社更生手続開始申立て及び開始決定に関するお知らせ”. 日本航空、企業再生支援機構 (2010年1月19日). 2010年1月19日閲覧。
  95. ^ JALが会社更生法適用を申請、事業会社で戦後最大の破たん”. ロイター (2010年1月19日). 2010年1月19日閲覧。
  96. ^ 更生計画の認可決定について”. 日本航空 (2010年11月30日). 2011年6月25日閲覧。
  97. ^ 日本航空等に対する出資決定について”. 企業再生支援機構 (2010年8月31日). 2011年6月25日閲覧。
  98. ^ 更生手続の終結決定について”. 日本航空 (2011年3月28日). 2011年6月25日閲覧。
  99. ^ 電気事業連合会統計委員会編 (2010) pp.45-45 1.発電電力量 9電力の発電量は昭和26年度(1951年度)には水力32,227百万kWh、火力7,011百万kWhだったが昭和40年度(1965年度)には水力55,335百万kWh、火力88,011百万kWhと逆転している
  100. ^ 首相、「原発推進」明記の意向 温暖化基本法案で”. 共同通信原子力安全・保安院 (2010年3月6日). 2011年6月25日閲覧。
  101. ^ 浜岡原子力発電所の津波に対する防護対策の確実な実施とそれまでの間の運転の停止について”. 経済産業省原子力安全・保安院 (2011年5月6日). 2011年6月25日閲覧。
  102. ^ 浜岡原子力発電所の運転停止要請への対応について”. 中部電力 (2011年5月9日). 2011年6月25日閲覧。
  103. ^ 全国で水道管の老朽化が進む。全体の6.2%が耐用年数超え - 世界の水事情、2010年5月12日(2011年9月11日閲覧)
  104. ^ mixiユーザー数2000万人突破 - J-CASTニュース、2010年4月14日
  105. ^ モバゲーvsグリー世界に誇るソーシャルゲーム2強のガチンコ実力比較 - 週刊東洋経済、2011年9月8日(2011年9月10日閲覧)
  106. ^ 新聞の流通・取引慣行の現状 - 公正取引委員会 (PDF) (2008年6月19日)、2011年9月20日閲覧
  107. ^ 新聞の発行部数と世帯数の推移 - 社団法人日本新聞協会、2011年9月20日閲覧
  108. ^ テレビ視聴率とメディアの利用の現在(1) - NHK文化研究所(2010年8月号)、2011年9月21日閲覧
  109. ^ 2010年の日本の広告費は5兆8,427億円、前年比1.5%減 - 電通(2011年2月23日)、2011年9月21日
  110. ^ 『会社四季報業界地図 2012年版』92・93ページ、東洋経済新報社(2011年9月15日)
  111. ^ a b コンテンツ産業政策 2000年、経済産業省資料
  112. ^ 『レジャー白書2011』、日本生産性本部(2010年)
  113. ^ デリヘルの経済学 - すべてのビジネスに応用できる究極のマーケティングノウハウ極秘公開!. こう書房. (2007年7月1日). ISBN 9784769609445. 
  114. ^ 日本のアダルトビデオは中国でどのように浸透していったのか? - 米華字紙”. レコードチャイナ (2011年2月14日). 2011年5月17日閲覧。
  115. ^ 『新平等社会』著:山田昌弘 文藝春秋 2006年9月
  116. ^ 総務省『労働力調査』
  117. ^ 総務省『労働力調査特別調査』
  118. ^ a b c d e OECD (2006-07-20). Economic Survey of Japan 2006 (Report). doi:10.1787/16097513. http://www.oecd.org/document/55/0,3343,en_2649_33733_37127031_1_1_1_1,00.html. 
  119. ^ 日本製品の品質低下をもたらした現場の軽視と行き過ぎたコスト削減”. ダイヤモンド・オンライン (2010年4月2日). 2013年1月28日閲覧。
  120. ^ OECD. OECD Employment Outlook 2008 - Statistical Annex. OECD, Paris, 2008, p. 358.
  121. ^ 3月の完全失業率は4・6%と変わらず、失業者数は304万人に増加”. 東洋経済オンライン (2011年4月28日). 2011年5月9日閲覧。
  122. ^ 第一生命経済研究所調査部 レポート[8]

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]