日立建機

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日立建機株式会社
Hitachi Construction Machinery Co., Ltd.
種類 株式会社
市場情報
東証1部 6305 1981年12月17日上場
大証1部(廃止) 6305 1990年1月26日上場
本社所在地 日本の旗 日本
112-8563
東京都文京区後楽二丁目5番1号
設立 1951年(昭和26年)1月30日(注)
(相模工業株式会社)
業種 機械
事業内容 建設機械及び産業車両の製造・販売・サービス・レンタル
代表者 辻本 雄一(執行役社長)
資本金 815億77百万円
(2011年3月31日現在)
発行済株式総数 215,115,038株
売上高 連結:7,738億円
単独:3,685億円
(2011年3月期)
営業利益 連結:415億円
(2011年3月期)
純利益 連結:111億円
(2011年3月期)
純資産 連結:3,490億円
単独:2,477億円
(2011年3月31日現在)
総資産 連結:9,444億円
単独:5,133億円
(2011年3月31日現在)
従業員数 連結:20,204名 単独:4,308名
(2011年3月31日現在)
決算期 3月31日
主要株主 (株)日立製作所 50.22%
(2011年3月31日現在)
主要子会社 (株)日立建機ティエラ 91.9%
日立住友重機械建機クレーン(株) 50.0%
ユニキャリアホールディングス株式会社 26.7%
外部リンク http://www.hitachi-kenki.co.jp/
特記事項: 株式額面変更のため、1973年(昭和48年)10月に(旧)日立建機株式会社を吸収合併し、旧会社は消滅した。旧会社の設立日は1970年(昭和45年)10月1日である。
テンプレートを表示

日立建機株式会社(ひたちけんき、: Hitachi Construction Machinery Co., Ltd.)は、日本の建設機械メーカー。日立グループに属する。1970年10月1日設立。本社は東京都文京区にある。

概要[編集]

日立製作所が手掛けていた建設機械の製造部門が1969年11月に日立建設機械製造として分社化、それ以前に設立されていた建設機械の販売やサービス会社と1970年10月に合併し、(現)日立建機が発足した。

油圧ショベルを主力とする、建設機械および鉱山向けなどの産業機器製造と販売・アフターサービス・レンタルなどを行っている。従業員数は単独:4,300名、連結では約21,000名(2011年9月現在)である。国内における主要な生産工場は茨城県土浦市のほか、ひたちなか市などに所在する。

2013年現在、建設機械業界では日本でコマツ[1]に次ぐ2位、世界でキャタピラー、コマツに次ぐ3位グループの規模である。1990年代後半から欧米、アジア、オセアニアに事業を拡大している。以前はフィアットグループと組んでヨーロッパへの展開を行っていたが、フィアットグループと手を切り、独自展開を行ったところ、旧フィアットグループの有力ディーラーが日立建機製品の品質の高さを支持、日立建機の代理店となった。なお中型油圧ショベルをクボタにOEM供受給している。

沿革[編集]

製品[編集]

日立建機製の双腕作業機「ASTACO」(東京消防庁仕様)
日立建機製の可働キャブタイプ

現在扱っているもの。一部子会社の製品もあり。

  • 油圧ショベル(クローラ式・ホイール式) - 小型から超大型までを自社開発しており、同社の主力製品。またフロントアタッチメントを改造し、解体工事、林業など用途向けに専用開発した特殊仕様機、動力源に商用電源を用いた電動式油圧ショベルなども多数開発。2011年、電気エネルギーを併用したハイブリッドモデルを発売。 
  • ホイールローダー(2010年4月に子会社のTCMと事業統合した)
  • 環境リサイクル製品(クラッシャ・木材破砕機・スクリーン・土質改良機など)
  • 道路機械 - かつてはダイナパック社と提携していたが、現在は提携解消している。
  • 鉱山用ダンプトラック
  • 高所作業車

など


過去に扱っていた製品(一部日立建機製ではないものも含む)

  • ブルドーザー
  • トラクタショベル 
  • クローラークレーン - 日立住友重機械建機クレーンへ移管
  • 機械式ショベル「Uシリーズ」 - 現在の日立建機の油圧ショベルの原型とも言える機種。アルファベットのUはユニバーサル(万能)を意味し、当時の製品パンフレットには「万能掘削機」の文字があった。フロントアタッチメントを交換し、ショベル作業、クレーン作業、基礎工事作業とあらゆる作業を行うことができた。
  • オフロードダンプトラック - 自社生産ではなく、子会社のユークリッド社のものを扱っていた。過去には日立ブランド(正確には日立製作所)のものもあった(DH321、32t積み。トミカとしてモデル化されている)。
  • アーティキュレートダンプトラック - VOLVO社のものを販売。

その他多数

関連会社[編集]

2013年6月現在、連結対象の子会社は48社。持分法適用会社は12社。 以下は主な関連会社。

外部リンク[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 2002年より建設機械の生産・購買分野で協力関係にある。