村上ファンド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

村上ファンド(むらかみファンド)とは、元通商産業省官僚村上世彰、元野村證券次長の丸木強、元警察庁官僚の滝沢建也らが率いていた、投資投資信託、企業の買収・合併に関わるコンサルティングを行っていたグループの通称である。

中核となる企業は、株式会社M&Aコンサルティング株式会社MACアセットマネジメントであった。

概要[編集]

「もの言う株主」として注目を浴びることとなったファンド。

運用資産額は、2006年3月末で4444億円(日本証券投資顧問業協会提出資料より)を超えており、そのうち3705億円が海外の大学財団などから、残り739億円が国内のオリックス農林中央金庫石油資源開発ウシオ電機立花証券などからの出資があるとされている。個人では、1999年同ファンド設立時に富士通総研理事長だった、第29代日本銀行総裁の福井俊彦が1000万円出資していた事が、2006年6月13日参議院財政金融委員会で公にされた。

ファンド代表の村上世彰が、証券取引法違反(インサイダー取引)容疑で逮捕起訴されたこともあり(詳しくは「村上ファンド事件」を参照のこと)、ファンドからの資金の引き上げなどがあり、ファンドは解散に追い込まれた。

2006年11月7日付けの東京新聞中日新聞)で、ファンドが保有するほぼ全ての株式を売却していたことが報じられ、「年度内にもファンドは解散」となることが関係者の話で判明。2006年11月18日には、ファンドの日本国内拠点が六本木ヒルズから完全撤退した。

企業構成[編集]

村上ファンドは、下記の企業および投資ファンドなどから構成されていた。

中核企業[編集]

  • 株式会社M&Aコンサルティング(エムアンドエイコンサルティング)
    • 本社 東京都港区六本木六丁目10番1号 六本木ヒルズ森タワー20階
    • 事業内容 投資顧問業
    • 代表者 代表取締役 丸木強(2006年5月24日まで村上世彰)
    • 2001年1月に、オリックスの支援を受けて、休眠会社のクロス・ウェーブ株式会社(研修施設運営会社)を株式会社エム・エイ・シーに商号変更する形で設立している。2004年6月に、株式会社M&Aコンサルティングに商号変更。
  • 株式会社MACアセットマネジメント(マックアセットマネジメント)
    • 本社 東京都港区六本木六丁目10番1号 六本木ヒルズ森タワー20階
    • 代表者 代表取締役 岡田裕久
    • 株主 有限会社オフィスサポート46%、株式会社オリックス45%
    • もともとは、こちらの社名がM&Aコンサルティング(エムアンドエイコンサルティング)であったが、2004年6月に商号を入れ替えるように変更。運用するファンドは新・M&Aコンサルティングに移管している。
    • ファンドの末期には、シンガポール法人のMAC ASSET MANAGEMENT PTE. LTD.を設立して資産を移転させ、MACアセットマネジメントは廃業している。
    • 2006年のニッポン放送の株式買占めの際に、買い付け主体となったのは、MACアセットマネジメントである。
  • 株式会社エム・エー・シー(MAC)
    • 設立 1999年10月
    • 本社 東京都港区六本木六丁目10番1号 六本木ヒルズ森タワー20階
    • 代表者 代表取締役 村上世彰
    • 資本金 1000万円
    • 株主 有限会社オフィスサポート100%
    • 2005年11月の新日本無線のTOBの際に、直接の買い付け主体となったのは、MACである。

投資事業組合など[編集]

  • MAC JASF投資事業組合
  • MAC Small Cap投資事業組合
  • MAC バイアウト・ファンド第1号投資事業有限責任組合
  • MAC DT投資事業組合
  • SNFE MAC Japan Active Shareholder Fund(ケイマン諸島法有限責任組合(Limited Partner))
  • MAC International(ケイマン諸島法人)
  • MAC International Asset Holdings(ケイマン諸島法人)
  • MAC Japan Unit Trust Limited(ケイマン諸島法特別目的会社(SPC) )
  • MAC Leveraged 投資事業組合
  • MAC BOF 第1号投資事業組合
  • MAC Corporate Governance 投資事業組合

歴史[編集]

株式を5%以上取得していた銘柄[編集]

M&Aコンサルティングとニッポン放送の関係[編集]

フジテレビは、元々ニッポン放送と文化放送を主体として、それに東宝松竹大映などの映画会社が共同出資して設立された企業である。このような経緯から、フジテレビの筆頭株主がニッポン放送だった構造が続いていた。そして、保有するフジテレビ株の時価総額がニッポン放送の全株式の時価総額を上回る親子逆転の状態が長い間続いていた。そこに目を付けた2003年7月にM&Aコンサルティングがニッポン放送株の7%を取得した。その後も着実にニッポン放送株を買い続け筆頭株主となった。

2004年6月におこなわれたニッポン放送の株主総会の前に(5月25日)M&Aコンサルティングは「ニッポン放送とフジテレビの2社による持ち株会社を設立」、「同年2月にニッポン放送がフジテレビ株を売却した事で会社資産の110億円が流出した事」を指摘、M&Aコンサルティング社長・村上世彰らの社外取締役候補の選出を提案(このときのM&Aの持ち株は関連会社込みで19.5%)。これに対してニッポン放送は、ジャーナリスト野中ともよ弁護士の久保利英明(後のライブドアとの対立でニッポン放送側の弁護人)、みずほ信託銀行社長の衛藤博啓の3人を選出。6月8日、M&A側は株主総会で村上らの社外取締役の提案を撤回、一方で資本政策について議論する「資本政策懇話会(仮称)」の設置を実現。

その後はニッポン放送の経営権問題を参照。以下は「ニッポン放送の~」に記載されていなかった出来事を書く。2005年2月25日ニッポン放送がフジテレビに対しての新株予約権について両社に対して批判的なコメントを発表。同年2月28日にM&Aが関東財務局に提出した大量保有報告書でM&Aが所有しているニッポン放送株の持ち株比率が1月時点では18.75%だったものが3.44%まで減少していたことが判明した。

参考文献[編集]

  • 『週刊東洋経済』第6021号(特集=徹底解明村上ファンド)、東洋経済新報社、2006年5月20日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]