ササニシキ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ササニシキは、イネ品種の1つ。水稲農林150号(旧系統名、東北78号)。

1963年宮城県古川農業試験場ハツニシキ(奥羽224号)とササシグレの掛け合わせにより誕生した(実際には「農林22号」と「農林1号」との交配試験米とササシグレの掛け合わせ)。ちなみに、コシヒカリも「農林22号」と「農林1号」との交配でできた兄弟親戚品種である。

コシヒカリと比較するとアミロース含有量が多いため相対的にはあっさりしている。寿司酢をいれてもべたべたしないため寿司職人が好み、寿司店によってはササニシキ使用をセールスポイントにしている。このため一般消費者向けより寿司屋への供給が多い。

かつてはコシヒカリとともに両横綱と呼ばれた人気品種で、1990年には207,438haに作付けされ、ピークに達した。しかし耐倒伏性、いもち病抵抗性に弱く、気象被害も受けやすいという短所があり、1993年冷害では大きな被害を出した。その後冷害に強いひとめぼれの作付けが広まり、ササニシキは作付けを大幅に減らしつつ現在に至っている。

現在はいもち病への抵抗性を高めたササニシキBL(ささろまん)という派生品種もあるが、故郷の宮城県以外ではほとんど栽培されておらず、宮城県でもつや姫などの他品種を奨励品種としているため、県内でも作付面積は少ない。

2013年には作付面積が3000ヘクタールまで減少していたが、誕生50周年に合わせて故郷である古川の農協が生産拡大に乗り出している[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]