ササニシキ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ササニシキは、イネ品種の1つ。水稲農林150号(旧系統名、東北78号)。

概要[編集]

1963年宮城県古川農業試験場ハツニシキ(奥羽224号)とササシグレの掛け合わせにより誕生した(実際には「農林22号」と「農林1号」との交配試験米とササシグレの掛け合わせ)。ちなみに、コシヒカリも「農林22号」と「農林1号」との交配でできた兄弟親戚品種である。

コシヒカリと比較するとアミロース含有量が多いため相対的にはあっさりしており和食に向くが、好みの分かれる米とも言われる[1]。寿司酢をいれてもべたべたしないため寿司職人が好み、寿司店によってはササニシキ使用をセールスポイントにしている。このため一般消費者向けより寿司屋への供給が多い。

かつてはコシヒカリとともに両横綱と呼ばれた人気品種で、1990年には作付け面積が207438ヘクタールとピークに達した。しかし耐倒伏性、いもち病抵抗性に弱く、気象被害も受けやすいという短所があり、1993年冷害では大きな被害を出した[2]

1995年にいもち病への抵抗性を高めた派生品種ササニシキBL(Blast resistance Lines、ブラスト・レジスタンス・ラインズ)が開発され「ささろまん」の愛称で販売されたが、1993年以降は冷害が起きず価値を発揮できなかったことで農家への普及が進まず、市場からはササニシキとは食味がわずかに違うという指摘や、ササニシキとして販売することも可能だが食の関心の高まりから偽装と勘違いしたクレームを恐れ知名度の低い「ささろまん」で売らなければならないなどのハンデに加え、宮城県側が平行して冷害に強いひとめぼれを推進したため、ササニシキと共に作付けを大幅に減らすことになった[2][3]

その後も、宮城県はつや姫などを奨励品種としたため、2013年には作付面積が3000ヘクタールまで減少していたが、誕生50周年に合わせて開発地である古川の農協が生産拡大に乗り出した他[4]、2015年には県内に工場を置くキリンビール一番搾りの限定版に副材料として採用している[5]

ささ結び[編集]

一般向けには他品種にシェアを奪われたものの、古川農業試験場ではササニシキの食味を耐性と両立させた後継品種の開発を続け、2011年にはひとめぼれと交配させることで食味と炊飯特性がササニシキに近いとされる「東北194号」を開発[6]、2014年には「ささ結び」の愛称で寿司や和食の店向けとしてPRを始めた[7]

系譜[編集]

交配系譜[8][9]
東北24号
 
農林8号
(近畿15号)
 
農林1号
(北陸4号)
 
農林22号
(近畿34号)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
東北54号
(ササシグレ)
 
 
 
 
 
 
奥羽224号
(ハツニシキ)
 
農林100号
越南17号
(コシヒカリ)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
農林150号
東北78号
(ササニシキ)

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]