小田原駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
小田原駅
東口
東口
おだわら - Odawara
所在地 神奈川県小田原市
所属事業者 東日本旅客鉄道(JR東日本・駅詳細
東海旅客鉄道(JR東海・駅詳細
日本貨物鉄道(JR貨物)
小田急電鉄駅詳細
箱根登山鉄道駅詳細
伊豆箱根鉄道駅詳細
西口 小田原城から見た小田原駅
西口
小田原城から見た小田原駅

小田原駅(おだわらえき)は、神奈川県小田原市栄町一丁目および城山一丁目にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)・東海旅客鉄道(JR東海)・日本貨物鉄道(JR貨物)・小田急電鉄箱根登山鉄道伊豆箱根鉄道である。

概要[編集]

古くから城下町東海道宿場町として栄えた小田原市の中心駅である。神奈川県西部のターミナル駅であり、箱根観光の拠点ともなっている。

当駅は、1920年大正9年)10月に国府津駅を起点とする熱海線(現在の東海道本線)の終着駅として開業した。その後、1927年に小田原急行鉄道(現・小田急電鉄)、1935年に大雄山鉄道(現・伊豆箱根鉄道)と箱根登山鉄道が乗り入れ、さらに1964年には東海道新幹線の開業と同時に駅が設置され、現在は1日約15万人の利用がある。1987年4月の国鉄分割民営化によって、日本国有鉄道の路線であった東海道新幹線と東海道本線は前者がJR東海、後者がJR東日本と別会社による運営となり、また貨物営業はJR貨物に継承された。

現在は、JR東日本・JR貨物の東海道本線(JR東日本が第一種鉄道事業者、JR貨物が第二種鉄道事業者)、JR東海の東海道新幹線、小田急電鉄の小田原線、箱根登山鉄道の鉄道線、そして伊豆箱根鉄道の大雄山線が乗り入れている。このうち小田急と箱根登山鉄道は直通運転を行っている。旅客駅のみであるが同一駅構内の乗り入れ鉄道事業者数5社はかつて日本最多であった[1]。各線とも2003年に完成した橋上駅舎によって結ばれている。

JR東日本東海道本線の駅には、東京駅発着系統と、新宿駅経由で高崎線に直通する湘南新宿ラインの列車が停車するが、後者は原則として当駅までの運転である。なお、運転形態の詳細については「東海道線 (JR東日本)」を参照。東海道新幹線は1日15本(下り8本、上り7本)の「ひかり」と、「こだま」が停車する。その他はいずれの路線も当駅終着始発列車が多い。

またJR東日本が発行するフリー切符のうち、休日おでかけパスは東海道線内当駅までがフリーエリアとなる。

歴史[編集]

橋上駅舎化される前の小田原駅東口JR駅舎(2002年)

小田原は、中世東海道五十三次のうち、江戸より数えて第九の宿場が置かれ、交通の要所として栄えた町であった。しかし、1889年明治22年)、箱根八里の険阻なるを嫌い、東海道本線が現御殿場線の経路をもって開業すると小田原宿は凋落の途を辿ることになる。東海道本線の開通に先立ち、1888年(明治21年)、国府津より小田原を経て箱根湯本へと馬車鉄道が開業して『鉄道唱歌』に「国府津降りれば馬車ありて酒匂小田原遠からじ」と歌われこそしても、交通の動脈を外れた小田原宿の衰退は抗いようがなく、110軒を数えたとされる旅籠が次々と廃業に追い込まれた。小田原において必死な鉄道誘致がなされたことは必然のことである。

1920年大正9年)、果たして地元の熱意が実ったか、国府津 - 熱海間に熱海線が開業し、ついに東京横浜より小田原へ直接列車が乗り入れることとなる。これにより、箱根観光や湯治の拠点として、町は地位を回復するに至ったのである。そのため熱海線の開業日は町を挙げての祝賀行事が催され、並走区間を廃した小田原電気鉄道1900年(明治33年)に馬車鉄道から路面電車に転換)さえも花電車を走らせて熱海線開業を祝った。

熱海線は、丹那トンネル開削によって勾配のきつい御殿場経由から熱海経由へ東海道本線のルートを切り替え、輸送力の増強を目指したものの内、一部区間が暫定開業したといえるものであった。昭和に入り、小田原急行鉄道(現・小田急小田原線)が開業し、さらに丹那トンネルの開通で熱海線が東海道本線に昇格すると、その地位はさらに高まった。その後大雄山鉄道(現・伊豆箱根鉄道大雄山線)・箱根登山鉄道の構内乗入れと東海道新幹線の開業、さらに国鉄分割民営化によるJR東日本・JR東海の発足を経て5社が同一構内に収まる形態となり現在に至る。

年表[編集]

駅構造[編集]

小田原駅ホームの番号設定は、乗り入れている鉄道事業者すべてに通しで振られている。 南側から次のようになっている。

  • 1・2番線:伊豆箱根鉄道
  • 3 - 6番線:JR東日本
  • 7 - 11番ホーム:小田急・箱根登山鉄道
    • (12番ホームは欠番)
  • 13・14番線:JR東海

高架駅の新幹線以外は地上駅である。JR東日本・小田急・箱根登山鉄道は地上3階、JR東海は地上1階、伊豆箱根鉄道は地上2階にそれぞれ改札口・駅事務室がある。小田急と箱根登山鉄道は同一改札内である。

2003年3月30日橋上駅舎が完成し、同年12月20日に「アークロード」の愛称を持つ東西連絡通路が完成した。これにより連絡通路が完成し、東口・西口間の通行が可能になった。東西自由通路は16メートルの広い幅の通路でエスカレーターエレベーターが設置されている。自由通路内には小田原市の観光案内所がある。

2005年6月25日には旧東口JR駅舎の跡地に地上5階地下1階の駅ビルが完成し、地上1 - 5階は「小田原ラスカ」としてオープンした。駅ビルの完成に合わせて、東西バスターミナルのレイアウトが変わり、東口にはペデストリアンデッキが設置された。エスカレータ・エレベーター・多目的トイレが構内に設置されている。

伊豆箱根鉄道[編集]

伊豆箱根鉄道 小田原駅
改札口
改札口
おだわら - ODAWARA
(0.4km) 緑町
所在地 神奈川県小田原市栄町一丁目1-5
所属事業者 伊豆箱根鉄道
所属路線 大雄山線
キロ程 0.0km(小田原起点)
駅構造 地上駅橋上駅
ホーム 1面2線
乗車人員
-統計年度-
8,738人/日(降車客含まず)
-2012年-
開業年月日 1935年昭和10年)6月16日

頭端式ホーム1面2線(残り1面は未使用)を使用している。ダイヤ上、列車は1番線と2番線を交互に発着している。

のりば[編集]

番線 路線 行先
1・2 大雄山線 相模沼田和田河原大雄山方面

駅構内設備[編集]

駅舎は独立した建物になっており、駅の2階にあたる。コンコース内に多目的トイレがある。売店は改札内にあり、駅3階には系列の旅行会社がある。東西自由通路との連絡通路がある。

ホーム

JR東日本[編集]

JR東日本 小田原駅
コンコース
コンコース
おだわら - Odawara
鴨宮 (3.1km)
(2.1km) 早川
所在地 神奈川県小田原市栄町一丁目1-9
所属事業者 東日本旅客鉄道(JR東日本)
所属路線 東海道本線
キロ程 83.9km(東京起点)
電報略号 オタ←ヲタ
駅構造 地上駅橋上駅
ホーム 2面4線
乗車人員
-統計年度-
34,602人/日(降車客含まず)
-2013年-
開業年月日 1920年大正9年)10月21日
備考 みどりの窓口

地上にある島式ホーム2面4線を使用している。その外側に貨物線2線と留置線2線がホームに平行して通っている。留置線は熱海方にも設置されている。鶴見駅から続く東海道貨物線との複々線区間の終端であり、当駅以西は旅客列車・貨物列車とも同一線路を走行する。

湘南新宿ラインと通勤快速は当駅が始発・終着となるほか、東京駅発着普通列車も約3分の1は当駅始発・終着である。一部の上り快速アクティー」は当駅で始発の普通列車に接続する。一部の上り快速「アクティー」・特急踊り子」の前を走る普通列車は当駅で快速「アクティー」・特急「踊り子」の待ち合わせをする。また、熱海発の上り普通列車が当駅始発の快速「アクティー」や湘南新宿ライン特別快速との接続を取ることもある。一部の列車は当駅で特急列車の通過待ちも行う。

特急は、「踊り子・リゾート踊り子」の全列車が停車し、「スーパービュー踊り子」は一部の列車が停車する。また朝に限り「湘南ライナー・おはようライナー新宿」の通勤列車が運行され、夜間は「湘南ライナー・ホームライナー小田原」・通勤快速の終着駅である。「ホームライナー小田原」と平日ダイヤの通勤快速、土休日ダイヤの快速「アクティー」の一部は、当駅で先行していた熱海方面の普通列車に接続する。深夜には臨時快速「ムーンライトながら」の下りが停車する。快速「アクティー」は当駅以西は各駅に停車するが、かつては早川・根府川を通過する列車も設定されていた。また、本来当駅始発・終着である湘南新宿ラインの特別快速が土休日ダイヤで2往復が熱海駅まで延長運転する場合があり、この場合は早川・根府川通過となる。

かつては、当駅で下り普通列車の付属編成切り離しや、上り普通列車の増結が行われていた。東京方に、付属編成用の引き上げ線2線が存在するが、使用停止となっている。

当駅始発列車に乗車の際、ドアの脇にあるボタンを押してそのドアを開ける必要がある(空調の関係等のため)。なお、発車1分位前になると全てのドアが開くので通常通り乗車できる。ただし、当駅折り返し列車において遅延が発生している場合等、停車時間が短い場合やその他、車掌等の判断でドアを閉めない場合もある。また、当駅始発ではない列車は全ての扉、当駅始発の湘南ライナー・おはようライナーに関しては乗車可能な扉のみが開くので通常通り乗車できる。

のりば[編集]

番線 路線 方向 行先 備考
3・4 東海道線 下り 熱海伊東沼津方面  
5・6 東海道線 上り 大船横浜東京方面 当駅始発の一部は4番線
湘南新宿ライン
高崎線直通)
渋谷新宿大宮方面
  • なお、3・6番線が本線、4・5番線が副本線である。当駅始発列車は4・5番線を使用するが、早川方向から回送して当駅から営業運転に入る列車は、6番線より発車するのも僅かにある。案内上では上記のように案内されているが、湘南新宿ラインの列車は当駅始発のみのため、現在は6番線から湘南新宿ラインの列車が発車することは原則としてない。
  • 東海道線東日本区間では、数年後に予定されている東北縦貫線への乗り入れに備えて、ATOS放送のプログラム更新を進めている。更新が遅れていた当駅も2013年に入り、ATOS放送のプログラムが更新された。

駅構内設備[編集]

3番・4番線ホーム 新幹線からの乗り換え改札口
3番・4番線ホーム
新幹線からの乗り換え改札口

エレベーター・エスカレーターはすべてのホームに設置。トイレはコンコース内に多目的トイレがある。売店は、「KIOSK小田原1号店」「NEWDAYS mini小田原1号店」がホーム東京方、弁当売店が各ホーム真ん中よりにある。JR東海東海道新幹線との連絡通路がある。ホーム有効長は15両編成対応である。

貨物取扱[編集]

JR貨物の駅は車扱臨時取扱駅となっている。定期での貨物列車の発着はないが、まれに伊豆箱根鉄道大雄山線で使用されている車両が同社大場工場検査等を受けるために入場する際、または同工場から出場する際、当駅と三島駅の間で東海道本線を経由して甲種輸送列車が運行される。三島駅では、大場工場へ通ずる伊豆箱根鉄道駿豆線に接続している。

特筆すべき点として、当駅にはJR線と伊豆箱根鉄道大雄山線を介する授受線がなく、直接東海道貨物線の本線と大雄山線の線路が渡り線で繋がっているだけである。この間には無架線地帯が存在するため、甲種輸送の際に電気機関車と輸送車両との間に控車となる有蓋車を連結し、輸送車両を相手方の線路に押し込み、相手方の機関車もしくは電車がそれを受ける形で授受が行われる。これにより、電気機関車および電車が無架線地帯に侵入することなく授受を行うことができる。ただし、東海道貨物線および大雄山線の線路を長時間ともに支障するため、JR側では貨物列車の時刻変更、伊豆箱根鉄道側では小田原駅を発着する列車の着発線変更および一部運休が実施される。

なお、東海道貨物線の上りから大雄山線へ通ずる東海道貨物線下り本線への転線は不可能なため、大場工場を出場して当駅まで輸送される列車については一度相模貨物駅まで運行され、機関車を反対に付け替えたあとに当駅まで輸送される。このため、控車となる有蓋車は相模貨物駅からの連結となる。小田原駅までの輸送完了後はやはり東海道貨物線上り本線へ転線が不可能なため、富士駅まで控車を輸送する。

1994年までは、小田急電鉄や箱根登山鉄道の車両の搬入や搬出が当駅で行われていた(その後松田駅 - 新松田駅を結ぶ連絡線に変更)。1984年1月までは小田急電鉄との貨物列車の連絡があった。

小田急電鉄・箱根登山鉄道[編集]

小田急・箱根登山 小田原駅
コンコース
コンコース
おだわら - Odawara
所在地 神奈川県小田原市城山一丁目1-1
所属事業者 小田急電鉄
箱根登山鉄道
駅構造 地上駅橋上駅
ホーム 3面4線
乗車人員
-統計年度-
(小田急)32,776人/日
(箱根)10,671人/日(降車客含まず)
-2012年-
開業年月日 1927年昭和2年)4月1日
乗入路線 2 路線
所属路線 小田急小田原線*
駅番号 OH 47
キロ程 82.5km(新宿起点)
◄OH 46 足柄 (1.7km)
所属路線 箱根登山鉄道鉄道線*
(箱根登山電車)
駅番号 OH 47
キロ程 0.0km(小田原起点)
(1.7km) 箱根板橋 OH 48►
備考 共同使用駅(小田急の管轄駅)
* 両線で直通運転実施。

小田急電鉄・箱根登山鉄道の共同使用駅で、小田急電鉄の管理駅である。

2008年3月より、2面3線の島式ホームとなる7 - 10番ホームが組み合わさっており、ホームに平行して北側に留置線が1線ある。ホーム4線のうち中側2線は行き止まりの頭端式で、特に箱根登山鉄道側の旧11番ホームにかかる線路は7・8番ホームに入り込んでおり、このため7番ホームの一部は切り欠きホームという特殊な構造となっている。これによりすべてのホームは地上でつながって乗換えを容易にしており、バリアフリーの配慮もされている。

ホームの発車合図音は、7・11番ホームの箱根湯本行では『箱根八里』の発車メロディが、9・10番ホーム全列車と7番ホームの新宿方面は発車ベルが使用されている。7番ホームから留置線への入替列車は合図音は省略される。

2006年3月18日以降、当駅からの箱根登山線は、すべて小田急の車両が使用されており、箱根湯本発着系統のみである。したがって、強羅方面へは箱根湯本での乗換が必要となる。また、一部の特急ロマンスカーについては当駅で切り離しや増結が行われる。2008年3月15日ダイヤ改正より、小田急線から箱根登山線への直通列車は、4両編成の各駅停車および特急ロマンスカーのみとなり、2012年には数本を残し、各停は殆どが小田原 - 箱根湯本の折返し運転になっている。

かつては箱根登山線に乗り入れる特急ロマンスカーには、当駅から乗車することはできず、案内表示にも「当駅からのご乗車はできません」とだけ表示されていた。その後、2005年10月1日から、発車直前に係員が発売する「座席券」を購入することで、座席への着席が可能となり、案内表示にも時刻が表示されるようになった。ただし、対象列車が満席の場合は「座席券」は発売されない。これは箱根湯本駅から当駅まで特急ロマンスカーを利用する場合も同じである。この「座席券」は「特急券」ではなく、特急料金も設定されていない。

小田急電鉄の管区長・駅長所在駅である。

なお、箱根登山鉄道の表示看板やパンフレットでは各駅の標高が示されており、かつては26mと表記されていたが、2013年の再調査で14mに訂正されている[3]

のりば[編集]

ホーム 路線 行先 備考
7・11 箱根登山電車 箱根湯本強羅方面
8 (9番ホーム列車の降車ホーム)
9・10 小田急小田原線 相模大野新宿千代田線方面 9番ホームは当駅折返し専用
かつての箱根登山鉄道線11番・12番ホーム 現在の小田急線・箱根登山鉄道線11番ホーム
かつての箱根登山鉄道線11番・12番ホーム
現在の小田急線・箱根登山鉄道線11番ホーム
  • 小田急線と箱根登山鉄道線を直通する列車については、箱根湯本行きが7番ホーム、新宿方面行きが10番ホームを使用する。
  • 7番ホームに到着する小田原線の当駅止まり列車は、原則として箱根湯本駅寄りの留置線で折返し10番ホームに入線するが、そのまま折り返し足柄駅の留置線へ入線する場合もある。
  • 旧11・12番ホームは1面2線の島式ホームで箱根登山鉄道線車両用の標準軌専用ホームであったが、2006年3月18日より使用停止(閉鎖)となり改良工事が行われた。これは12番ホームを撤去した上で11番ホームの線路を標準軌から狭軌に改軌するとともに線路を新宿方面へ延伸し、20m級車両4両の発着を可能(有効長91m)にするもので、延伸にあたっては11番ホームの延長上にあった7・8番ホームの駅長事務室が支障となるために撤去された。11番ホームは2008年3月15日のダイヤ改正から運用を開始し、4両編成の小田急車による小田原 - 箱根湯本間の折り返し電車の発着に使用されている。
  • かつては箱根登山線に乗り入れる「急行」「準急」も存在したが(いずれも最大6両で、大半が小田原線内の途中駅で分割・併合を行い新宿方では10両編成で運行していた)、「快速急行」は10両編成での運行で、最大6両しか乗り入れることの出来ない箱根登山線に乗り入れることができないため、登場当初から箱根登山線には乗り入れていない。
  • 土休日7:54発急行相模大野行、21:40発急行本厚木行の2本は6両編成だが、開成-足柄間は通過となる。
  • 10番ホームに隣接して10両編成対応の側線が1本有る。

駅構内設備[編集]

1993年頃の小田急・箱根登山鉄道小田原駅ホーム 2009年現在の小田急線・箱根登山鉄道線ホーム
1993年頃の小田急・箱根登山鉄道小田原駅ホーム
2009年現在の小田急線・箱根登山鉄道線ホーム

エレベーター・エスカレータはすべてのホームに設置。トイレはコンコース内に多目的トイレがある。売店は、自由通路上にOdakyu MARTがあり、ホームには売店Odakyu SHOPがある。自由通路・コンコースいずれにも面した場所に、系列飲食店がある。待合室は各ホーム箱根板橋寄りにある。ちなみに待合室はドーム屋根下に位置するが、瓦屋根となっており城下町をイメージさせる。以前の狭隘であった改札口も、新駅舎になり広くなった。

7 - 10番ホームはすべて10両対応。改札内に自動体外式除細動器(AED) が設置された。

JR東海[編集]

JR東海 小田原駅
改札口
改札口
おだわら - Odawara
新横浜 (55.1km)
(20.7km) 熱海
所在地 神奈川県小田原市城山一丁目1-1
所属事業者 東海旅客鉄道(JR東海)
所属路線 東海道新幹線
キロ程 83.9km(東京起点)
電報略号 オタ
駅構造 高架駅
ホーム 2面2線
乗車人員
-統計年度-
10,257人/日(降車客含まず)
-2012年-
開業年月日 1964年昭和39年)10月1日
備考 駅長配置駅管理駅
みどりの窓口

高架上にある相対式ホーム2面2線を使用している。ホームの間に2線の通過線がある。

のりば[編集]

番線 路線 方向 行先
13 ■東海道新幹線 下り 名古屋新大阪方面
14 ■東海道新幹線 上り 新横浜東京方面

駅構内設備[編集]

エレベーター・エスカレーターはすべてのホームに設置されている。トイレはコンコース内に多目的トイレがある。各ホーム中央部と東京寄りにKIOSKが、またコンコース2階にある待合室にも売店がある。改札の外には飲食店・コンビニエンスストア書店がある。JR東日本との連絡通路がある。

新幹線ホーム 東海道線からの乗り換え改札口
新幹線ホーム
東海道線からの乗り換え改札口


駅構内の店舗[編集]

駅弁[編集]

金目鯛炙り寿司 小田原名物鯛めし
金目鯛炙り寿司
小田原名物鯛めし

東華軒 主な駅弁は下記の通り[4]

  • こゆるぎ茶めし
  • たいめし
  • 桜海老とじゃこの海物語
  • デラックスこゆるぎ弁当
  • 特選小鯵押寿司
  • 金目鯛炙り寿司
  • 小田原小町 陸海ちゃん
  • 牛そぼろときのこの山物語
  • とん漬弁当

利用状況[編集]

近年の1日平均乗車人員推移は下記の通り。

年度 JR東日本 JR東海 小田急電鉄 箱根登山鉄道 伊豆箱根鉄道 出典
1998年(平成10年) 33,395 9,593 11,162 9,945 [5]
1999年(平成11年) 32,406 9,370 10,777 9,805 [6]
2000年(平成12年) [7] 32,060 9,399 32,579 10,606 9,588 [6]
2001年(平成13年) [8] 31,681 9,428 32,342 10,401 9,470 [9]
2002年(平成14年) [10] 30,870 9,232 31,704 11,141 8,901 [9]
2003年(平成15年) [11] 32,444 9,397 31,618 11,202 9,092 [12]
2004年(平成16年) [13] 31,732 9,790 31,313 10,812 9,012 [12]
2005年(平成17年) [14] 31,992 10,036 31,642 10,772 9,107 [15]
2006年(平成18年) [16] 32,160 10,223 31,851 10,606 8,914 [15]
2007年(平成19年) [17] 32,857 10,574 32,337 11,386 8,869 [18]
2008年(平成20年) [19] 32,897 10,523 32,620 11,383 8,891 [18]
2009年(平成21年) [20] 32,767 9,922 32,371 11,040 8,793 [21]
2010年(平成22年) [22] 32,503 10,052 32,218 10,758 8,600 [21]
2011年(平成23年) [23] 32,469 10,008 31,838 9,788 8,554 [24]
2012年(平成24年) [25] 33,835 10,257 32,776 10,671 8,738 [26]
2013年(平成25年) [27] 34,602

小田急電鉄[編集]

近年の1日平均乗降人員推移は下記の通り[18]。1991年度以降、乗降人員は減少傾向にある。同社の中では70駅中の第17位である。

年度 1日平均
乗降人員
1928年 2,343
1930年 2,210
1935年 2,241
1940年 4,025
1946年 12,475
1950年 12,104
1955年 18,933
1960年 29,742
1965年 48,521
1970年 60,676
1975年 64,657
1980年 71,344
1985年 78,789
1990年 84,469
1991年 [28] 84,543
1995年 77,300
2000年 66,220
2005年 63,600
2006年 63,897
2007年 [29] 64,970
2008年 65,555
2009年 [30] 65,031
2010年 64,685
2011年 63,886
2012年 65,799

JR貨物[編集]

近年の年間発着トン数は下記の通り。

年度 発送トン数 到着トン数 出典
1998年  
1999年  
2000年  
2001年  
2002年 800 800 [9]
2003年 800 1,200 [31]
2004年 800 800 [12]
2005年 800 800 [32]
2006年 800 800 [15]
2007年 800 800 [33]
2008年 800 800 [18]
2009年  

駅周辺[編集]

西口前のロータリー付近にある北条早雲

東口(表口)[編集]

駅周辺は、神奈川県の西湘地区を代表する市街地であるが、商業施設の撤退が相次ぎ、市街地の発展に陰りが出ている。市は地上8階地下1階の複合ビル建設を主体とした再開発事業をすすめていたが、事業施工者(アーバンコーポレイション)が経営破たんしたことにより、計画は頓挫している状況にある。

駅開設前の1901年に、この付近に神奈川県第二中学校が開校した。同校は駅開設に伴って、1914年に北西の八幡へ移転し、現在の神奈川県立小田原高等学校となった。駅東口には「小田原高等学校発祥之地」の石碑が建っている。

司法[編集]

行政[編集]

学校[編集]

観光[編集]

商業施設[編集]

郵便局・銀行・金融機関[編集]

なお、三菱東京UFJ銀行(出張所・ATMコーナー等含めは当駅付近には存在しないので注意。当銀行の窓口に行く場合、最寄の支店は平塚駅前(北口)になる。 (小田原市、南足柄市、足柄上郡、足柄下郡には存在しない。)

その他[編集]

  • 東日本旅客鉄道小田原保線区
  • 松本駅長殉難碑 - 1941年7月の台風で殉職した駅長のために建立された碑である[34]

西口(新幹線口)[編集]

行政[編集]

学校[編集]

郵便局[編集]

  • 小田原城山郵便局

企業[編集]

その他[編集]

バス路線[編集]

東口[編集]

1番乗り場

  • 箱根登山バス
    • 城東車庫(芦子橋経由)
    • 板橋 ※平日のみ
    • 栢山駅(飯泉入口経由)
    • 関本(飯泉入口・飯田岡・富士フイルム経由) ※平日3本のみ
    • 関本(飯泉入口・富水駅入口・新屋・富士フイルム経由) ※平日1本のみ
    • 水之尾口・水之尾(藤棚・小田原競輪場経由) ※平日朝夕、土休日朝のみ

2番乗り場

  • 伊豆箱根バス
    • 船原・小田原フラワーガーデン(市役所・日本たばこ・ミクニ経由)
    • ミクニ(市役所・日本たばこ経由) ※平日2本のみ
    • 久野車庫(荻窪・市役所経由)

3番乗り場

4番乗り場

  • 箱根登山バス
    • 仙石案内所・桃源台・湖尻(箱根湯本駅・宮ノ下・宮城野・仙石経由)

5番乗り場

  • 伊豆箱根バス
    • 関所跡・箱根町(箱根湯本駅・宮ノ下・小涌園・元箱根経由) (伊豆箱根) ※1日1本のみ湯の花ホテルも経由
    • 箱根園(箱根湯本駅・宮ノ下・小涌園・元箱根経由) (伊豆箱根) ※1日2本のみ
    • 湖尻・箱根園(箱根湯本駅・宮ノ下・小涌園・早雲山経由) (伊豆箱根) ※昼間は大涌谷も経由

6番乗り場

7番乗り場

8番乗り場

西口[編集]

1番乗り場

2番乗り場

  • 伊豆箱根バス
    • 久野車庫(市役所経由)
    • 兎河原循環(市役所・久野車庫経由)
    • 小田原駅東口(広小路・井細田駅・市役所南口経由)

3番乗り場

  • 箱根登山バス
    • 水之尾(小田原競輪場経由)
    • いこいの森(小田原競輪場・水之尾経由) ※季節運行

4番乗り場

  • 箱根登山バス
    • (臨時)いこいの森(小田原競輪場・水之尾経由)
  • 伊豆箱根バス
    • (臨時)いこいの森(荻窪中経由)
    • (臨時)久野霊園(荻窪経由)

5番乗り場

    • (臨時)小田原競輪場

小田原駅西口前

隣の駅[編集]

東日本旅客鉄道
東海道線
通勤快速・湘南新宿ライン特別快速
国府津駅 - 小田原駅 - (真鶴駅 ※特別快速の臨時便のみ)
快速「アクティー」
国府津駅 - 小田原駅 - 早川駅
湘南新宿ライン快速
鴨宮駅 - 小田原駅
普通
鴨宮駅 - 小田原駅 - 早川駅
東海道貨物線
西湘貨物駅 - 小田原駅
東海旅客鉄道
東海道新幹線
新横浜駅 - 小田原駅 - 熱海駅
小田急電鉄・箱根登山鉄道
小田急小田原線・箱根登山鉄道鉄道線(箱根登山電車)
快速急行・急行
新松田駅 (OH 41) - 小田原駅 (OH47)
急行(一部列車、本厚木まで各駅に停車)
足柄駅 (OH 46) - 小田原駅 (OH 47)
各駅停車
足柄駅 (OH 46) - 小田原駅 (OH 47) - 箱根板橋駅 (OH 48)
伊豆箱根鉄道
大雄山線
小田原駅 - 緑町駅

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 2004年2月以降は横浜駅の6社局が日本最多。
  2. ^ 広報おだわらアーカイブ-広報おだわらNo.320 - 小田原市役所広報課、1976年12月1日発行
  3. ^ 各駅における標高表示の修正について (PDF)”. 箱根登山鉄道 (2013年11月29日). 2013年11月30日閲覧。
  4. ^ JR時刻表2010年8月号(交通新聞社刊)151ページ
  5. ^ 神奈川県県勢要覧(平成12年度版) 220,222,226,227ページ
  6. ^ a b 神奈川県県勢要覧(平成13年度版) 222,224,228,229ページ
  7. ^ 各駅の乗車人員(2000年度) - JR東日本
  8. ^ 各駅の乗車人員(2001年度) - JR東日本
  9. ^ a b c 神奈川県県勢要覧(平成15年度版) 220,222,226-228ページ
  10. ^ 各駅の乗車人員(2002年度) - JR東日本
  11. ^ 各駅の乗車人員(2003年度) - JR東日本
  12. ^ a b c 神奈川県県勢要覧(平成17年度版) 222,224,228-230ページ
  13. ^ 各駅の乗車人員(2004年度) - JR東日本
  14. ^ 各駅の乗車人員(2005年度) - JR東日本
  15. ^ a b c 神奈川県県勢要覧(平成19年度版) 224,226,230-232ページ
  16. ^ 各駅の乗車人員(2006年度) - JR東日本
  17. ^ 各駅の乗車人員(2007年度) - JR東日本
  18. ^ a b c d 神奈川県県勢要覧(平成21年度版) 238,240,244,245,247ページ
  19. ^ 各駅の乗車人員(2008年度) - JR東日本
  20. ^ 各駅の乗車人員(2009年度) - JR東日本
  21. ^ a b 神奈川県県勢要覧(平成22年度版) 236,238,242,243ページ
  22. ^ 各駅の乗車人員(2010年度) - JR東日本
  23. ^ 各駅の乗車人員(2011年度) - JR東日本
  24. ^ 神奈川県県勢要覧(平成24年度版) 232,234,238,239ページ
  25. ^ 各駅の乗車人員(2012年度) - JR東日本
  26. ^ 神奈川県県勢要覧(平成25年度版) 236,237,240,241ページ
  27. ^ 各駅の乗車人員(2013年度) - JR東日本
  28. ^ 乗降人員最高値年度
  29. ^ 小田急電鉄の平成19年度1日平均乗降人員・通過人員 (PDF, 関東交通広告協議会のレポート一覧による)
  30. ^ 小田急電鉄1日平均乗降人員
  31. ^ 神奈川県県勢要覧(平成16年度版) 228ページ
  32. ^ 神奈川県県勢要覧(平成18年度版) 230ページ
  33. ^ 神奈川県県勢要覧(平成20年度版) 237ページ
  34. ^ 島田 守家『ブルーバックス B-922 暴風・台風びっくり小事典 目には見えないスーパー・パワー』 p.104、p.105 講談社 1992年6月20日発行 ISBN 4-06-132922-7

関連項目[編集]

外部リンク[編集]