八丁畷駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
八丁畷駅
中央口(2005年11月6日)
中央口(2005年11月6日)
はっちょうなわて - Hatchō-nawate
所在地 川崎市川崎区池田一丁目6番1号
駅番号 KK27(京急)
所属事業者 京浜急行電鉄(京急)
東日本旅客鉄道(JR東日本)
電報略号 ワテ
駅構造 地上駅(京急)
高架駅(JR東日本)
ホーム 2面2線(京急)
1面1線(JR東日本)
乗車人員
-統計年度-
(JR東日本)
1,242人/日(降車客含まず)
-2012年-
乗降人員
-統計年度-
(京急)
13,873人/日
-2012年-
開業年月日 1916年大正5年)12月25日
乗入路線 旅客線2路線 合計3 路線
所属路線 京急本線
キロ程 13.1km(品川起点)
KK20 京急川崎 (1.3km)
(0.7km) 鶴見市場 KK28
所属路線 JR東日本 南武線
(浜川崎支線)
キロ程 1.1km(尻手起点)
尻手 (1.1km)
(0.9km) 川崎新町
所属路線 JR東日本 東海道貨物線
(東海道本線支線)*1
キロ程 2.3km(鶴見起点)
鶴見 (2.3km)
(川崎新町)►
備考 共同使用駅(京急の管轄駅)
浜 横浜市内駅(JR東日本)
*1 川崎新町方の南武線と直通運転

八丁畷駅(はっちょうなわてえき)は、神奈川県川崎市川崎区池田一丁目にある、京浜急行電鉄(京急)・東日本旅客鉄道(JR東日本)の。両社の共同使用駅で、京急の管轄駅である。

乗り入れ路線[編集]

旅客駅には京浜急行電鉄の本線とJR東日本の南武線(浜川崎支線、旅客案内では「南武支線」)が乗り入れ、両線の接続駅となっている。京急の駅には「KK27」の駅番号が与えられている。当駅は川崎市内にあるが、JR東日本の駅は特定都区市内制度における「横浜市内」の駅として扱われる。

このほか、当駅と鶴見駅を結ぶJR東日本東海道本線の支線があり、書類上では当駅が同支線と南武線との分岐点となっている。この東海道本線支線は貨物列車専用であり、南武線浜川崎駅方面と合わせて東海道貨物線を構成しているが、南武線尻手駅方面へ通じる線路と貨物線の線路は、物理的には当駅より1つ浜川崎方の川崎新町駅構内で合流しており、当駅には貨物施設は存在しない。

駅構造[編集]

京急本線は相対式ホーム2面2線を有する地上駅。そのホームの上を浜川崎支線が高架で越しており、南武線は単式ホーム1面1線を設けている。かつて京急は構内踏切があったが、1974年昭和49年)10月に廃止し、南武線ホーム部を跨線橋として共同使用している。そのため京急と南武線との間に中間改札はなく、簡易ICカード改札機のみが設置されている。

駅舎は京急1番線の品川寄りに1989年完成の中央口、踏切を挟んで反対側の2番線側に小規模な西口があり、ともに自動改札機を設置している。JR東日本は駅業務を京急に委託しており、自動改札機はJRの乗車券やICカードに対応している。また、JR線用の自動券売機はJR東日本のタッチパネル型で、オレンジカードPASMOを含む各種ICカードには対応しておらず、購入は現金のみ、かつ購入可能範囲も片道540円の区間までに限られている。なおSuicaでのチャージ(入金)は2007年(平成19年)3月18日のPASMOとの相互利用開始により、京急の自動券売機で対応するようになった。当駅は京急管理駅だが、JR南武線を利用する場合に限り、Suicaとの相互利用をしているPASMO以外のカードも利用可能であった。ただし、券売機や入金機でのチャージやきっぷの購入はPASMOおよびSuicaに限られていた。2013年3月23日以降はPASMOと相互利用しているすべての交通系ICカードについて京急の自動券売機・入金機でのチャージが可能になった。

南武線ホーム尻手寄りから東海道貨物線鶴見方面より伸びており、当駅より上り方へ向けて並走している。朝方を中心に貨物列車が走行する光景が見られる。

京急・JRとの正式な連絡駅で、京急線と南武線沿線間の乗り換えに関しては、京急川崎駅川崎駅よりも歩く距離が短くて済むという利点がある。しかし、南武線の運行本数が少なく、京急も普通しか停まらず、さらに尻手駅で乗換えをする必要があるなど不便な点も多い。

京急の車内アナウンスや列車内の電光掲示板では、南武線への乗り換え案内はしていない。

ICカード導入に伴う対応[編集]

2002年12月10日に、JR東日本の駅としてSuicaが導入され、当時の展開エリアでは最後の導入となった。これにより、南武線についてはSuica対応となった。

2007年3月18日の京急でのPASMO導入に伴い、南武線のホームの階段近くに京急・JR連絡用の簡易ICカード改札機(南武線ホームの画像にある黄色や青色の機械)が設置された。簡易改札機ではJR・京急間の出場・入場を同時に処理するため、同日より京急線の磁気定期券とJRのSuica定期券の2枚を使っての当駅での乗り換えには非対応となった。乗り換える旅客は1枚の定期券にまとめる必要がある。また、PASMOなどを使って当駅で乗り換える際、簡易ICカード改札機にカードをタッチしないと、当駅経由とみなされず異なる経路で計算され、定期券の場合も含めて実際の運賃とは異なった運賃を差し引かれる。

さらに、旅客が当駅からSuicaなどで南武線を利用する場合、京急の八丁畷駅改札から入場するため、改札口にタッチした後に、さらに黄色の簡易ICカード改札機にもタッチする必要がある。逆に南武線から下車する場合は、青色の簡易ICカード改札機に読ませた後、駅改札機に読ませる形になる。タッチしないと実際の経路と異なる運賃を差し引かれる。万が一タッチを忘れた場合はすぐに駅係員に申し出る必要がある。ICカード上では京急の八丁畷駅から入場、出場をしてJRの八丁畷駅に入場する処理がされる。南武線の車内放送(ワンマン運転のため自動放送)でも同様の案内がICカードの利用者に向けて行われる。

また、乗り換える際に残額が不足した場合は、チャージ(入金)してからタッチする必要があるため、南武線のホーム上にも京急管轄のチャージ機が存在する。

のりば[編集]

京浜急行電鉄

1 京急本線  横浜新逗子浦賀三崎口方面
2 京急本線 京急蒲田羽田空港品川泉岳寺都営浅草線方面

JR東日本

南武支線 尻手方面
浜川崎方面

利用状況[編集]

  • 京浜急行電鉄の2012年度1日平均乗降人員は13,873人である[1]
  • JR東日本の2012年度の1日平均乗車人員は1,242人である[2]

近年の1日平均乗車人員の推移は下記の通り[3]

年度 JR東日本 京浜急行電鉄
1995年 1,075 4,979
1996年 987 4,754
1997年 868 4,784
1998年 862 4,587
1999年 836 4,558
2000年 768 4,814
2001年 886 5,081
2002年 841 5,198
2003年 860 5,417
2004年 895 5,666
2005年 940 5,858
2006年 955 6,061
2007年 1,132 6,076
2008年 1,162 7,006
2009年 1,187 7,032
2010年 1,230 7,080
2011年 1,197 7,033
2012年 1,242

駅周辺[編集]

当駅中央口のすぐ正面の踏切前の交差点には、川崎鶴見臨港バスの交通整理を行う人員が、朝ラッシュ時前から夕方ラッシュ時が終わるまでの間、配置されている。これは、踏切前の交差点に信号がなく、駅中央口の前を臨港バスの大型路線バスが右左折する際に、踏切前の道路を大きくふさいでしまうことと、バスの右左折する側には、交差点ギリギリに建物が建っており、反対側を見通すことができず衝突事故を起こす可能性が高いことが理由である。またこの踏切では、過去に何度も人身事故や自動車等の立ち往生などが発生している。

バス路線[編集]

歴史[編集]

当駅の開業日には諸説ある。「京浜急行百年史」では1915年、広報誌「なぎさ」では1916年12月25日、「横浜貿易新報」では1917年1月14日と記載されている。

川崎アプローチ線計画[編集]

2003年3月4日日本経済新聞の記事によると、2010年までに「川崎アプローチ線」を建設する計画があった。完成した場合、当駅付近に「新八丁畷駅」を設置し、南武線の駅は廃止される案があったが、完成予定時期を過ぎた2011年になっても、この計画については未だ進展が見られない。

作品での登場[編集]

小津安二郎が監督した映画『お早よう』では、佐田啓二久我美子が立ち話をするシーンで、当駅の南武支線ホームが使用された。

隣の駅[編集]

京浜急行電鉄
本線
京急ウィング号快特・快特(金沢文庫駅以南は特急)・特急・エアポート急行
通過
普通
京急川崎駅 (KK20) - 八丁畷駅 (KK27) - 鶴見市場駅 (KK28)
東日本旅客鉄道
南武線支線(浜川崎支線)
尻手駅 - 八丁畷駅 - 川崎新町駅
東海道貨物線
川崎新町駅 - (八丁畷駅) - 鶴見駅
※書類上では当駅が鶴見駅 - 八丁畷駅間の東海道本線支線の終点で、川崎新町駅方は南武線支線。

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]