お早よう

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
お早よう
Good Morning
監督 小津安二郎
脚本 野田高梧
小津安二郎
製作 山内静夫
出演者 設楽幸嗣
島津雅彦
三宅邦子
音楽 黛敏郎
撮影 厚田雄春
編集 浜村義康
公開 日本の旗 1959年5月12日
上映時間 94分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

お早よう』(おはよう)は、小津安二郎監督による1959年(昭和34年)の日本映画で監督第50作。

概要[編集]

1958年10月、『東京物語』がロンドン映画祭でサザーランド賞を受賞。11月には小津安二郎が映画人として初めて紫綬褒章を受章。1959年1月には日本芸術院賞を受賞した。名実ともに映画界の重鎮としてみられるようになった直後に、小津が選んだのは、郊外の新興住宅地を舞台に元気な子供たちにふりまわされる大人たちをコメディタッチで描いたこの『お早よう』であった。本作品では子どもたちがオナラ遊びに興じる場面が出てくるが、「オナラ」を使ったギャグは小津監督がサイレント時代から温めていたアイデアだという。[1]1959年(昭和34年)1月にロケハンをし、2月27日から4月19日まで撮影をし、5月12日に公開された。小津作品としては二本目のカラー作品であり、画面における色彩の使い方に小津の遊び心が随所に感じられる。[2]

あらすじ[編集]

郊外の住宅地、長屋のように複数の家族が隣り合って暮らしている。林家の息子実(設楽幸嗣)と勇(島津雅彦)はテレビがほしいと両親にねだるが、聞き入れてもらえない。子供たちは、要求を聞き入れてもらえるまで口を利かないというストライキをして、最終的に買ってもらうのだった。 

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

作品データ[編集]

  • 製作 : 松竹大船撮影所
  • フォーマット : カラー スタンダードサイズ(1.37:1) モノラル
  • 初回興行 :
  • 同時上映 :

脚注[編集]

  1. ^ 松竹映像版権室、『小津安二郎映画読本』、フィルムアート社、p100
  2. ^ 田中真澄、『小津ありき 知られざる小津安二郎』、清流出版、2013年、p242

参考文献[編集]

  • 松竹映像版権室編、『小津安二郎映画読本(新装改訂版)』、フィルムアート社、1993年

外部リンク[編集]