東京暮色

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
東京暮色
Tokyo Twilight
監督 小津安二郎
脚本 野田高梧
小津安二郎
製作 山内静夫
出演者 原節子
有馬稲子
笠智衆
山田五十鈴
音楽 斎藤高順
撮影 厚田雄春
配給 松竹
公開 日本の旗 1957年4月30日
上映時間 140分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
前作 早春
次作 彼岸花
テンプレートを表示

東京暮色』(とうきょうぼしょく)は、小津安二郎監督による1957年の日本映画。

概要[編集]

小津にとっては最後の白黒作品であり、戦後期の大女優、山田五十鈴が出演した唯一の小津作品でもある。『東京暮色』はジェームズ・ディーンの代表作であるハリウッド映画『エデンの東』(1955年)の小津的な翻案とされる。どちらも妻が出奔しているが、『エデンの東』では兄弟だった子供たちが姉妹に置き換えられている。[1]次女明子役に当初岸恵子を想定していたが、『雪国』の撮影が延びてスケジュールが合わなくなったため、有馬稲子がキャスティングされた。

本作は戦後の小津作品の中でも際立って暗い作品である。内容の暗さもさることながら、実際に暗い夜の場面も多く、明子役の有馬稲子は全編を通じて笑顔がない上に物語中で非業の死を遂げる。このような内容に、共同脚本の野田高梧は本作に対して終始批判的であり、脚本執筆でもしばしば小津と対立、完成作品に対しても否定的だったとされる。小津当人は自信を持って送り出した作品だったが、同年のキネマ旬報日本映画ランキングで19位であったことからわかるように一般的には「失敗作」とみなされ小津は自嘲気味に「何たって19位の監督だからね」と語っていたという。[2](ちなみに前作『早春』は6位、次回作『彼岸花』は3位である。)與那覇潤は杉山周吉が「京城」へ赴任した時に妻が出奔した点に着目する。彼は『戸田家の兄妹』での天津、『宗方姉妹』の大連とあわせて「天津-大連-京城」という一連の地名の連鎖に志賀直哉の『暗夜行路』の影響を見る。[3]

「菅井の旦那」役の菅原通済は『彼岸花』、『秋日和』など戦後の小津作品にワンポイントでよく出ているが、本職の俳優ではなく実業家であり、昭和電工事件(1948年)への関与も疑われた人物。劇中、川口(高橋貞二)が明子の苦境を面白おかしく語るシーンで、高橋貞二は当時人気があった野球解説者小西得郎の口調を真似ている。「なんとー、申しますかー」は小西のよく使ったフレーズ。

あらすじ[編集]

杉山周吉(笠智衆)は銀行に勤め、男手一つで二人の娘を育ててきた。ところが、姉の孝子(原節子)が夫との折り合いが悪くて幼い娘を連れて実家に戻ってくる。妹の明子(有馬稲子)は大学を出たばかりだが、遊び人の川口(高橋貞二)らと付き合うようになり、その中の一人である木村(田浦正巳)と肉体関係を持ち、彼の子を身籠ってしまう。木村は明子を避けるようになり明子は彼を捜して街をさまよう。中絶費用を用立てするため、明子は叔母の重子(杉村春子)に理由を言わずに金を借りようとするが断られ、重子からこれを聞いた周吉はいぶかしく思う。その頃、明子は雀荘の女主人喜久子(山田五十鈴)が自分のことを尋ねていたと聞き、彼女こそ自分の実母ではないかと孝子に質すが、孝子は即座に否定する。喜久子はかつて周吉が京城(ソウル)に赴任していたときに周吉の部下と深い仲になり、出奔した過去があったのだ。明子は中絶手術を受けた後で、喜久子がやはり自分の母であることを知って自分は本当に父の子なのかと質す。そして、場末の中華料理店で不意に木村と出くわすが、その不誠実な態度に絶望し店を飛び出して、鉄道にはねられ息をひきとる。孝子は夫の元に戻り、喜久子は現在の夫と北海道へ行き、周吉はひとり日常生活へと戻っていくのだった。

スタッフ[編集]

  • 監督:小津安二郎
  • 脚本:野田高梧小津安二郎
  • 企画:山内静夫
  • 撮影:厚田雄春
  • 美術:浜田辰雄
  • 録音:妹尾芳三郎
  • 照明:青松明
  • 音楽 : 斎藤高順
  • 装置 : 高橋利男
  • 装飾 : 守谷節太郎
  • 衣裳 : 長島勇治
  • 現像 : 林龍次
  • 編集 : 浜村義康
  • 監督助手:山本浩三
  • 撮影助手:川又昂
  • 録音助手 : 岸本眞一
  • 照明助手 : 佐藤勇
  • 録音技術 : 鵜澤克己
  • 進行 : 清水富二

キャスト[編集]

作品データ[編集]

  • 製作 : 松竹大船撮影所
  • フォーマット : 白黒 スタンダードサイズ(1.37:1) モノラル
  • 初回興行 :
  • 同時上映 :

脚注[編集]

  1. ^ 千葉伸夫、『小津安二郎と20世紀』、国書刊行会、2003年、p299
  2. ^ 松竹映像版権室編、『小津安二郎映画読本(新装改訂版)』、フィルムアート社、1993年、p96
  3. ^ 與那覇潤、『帝国の残影―兵士・小津安二郎の昭和史』、NTT出版、2011年、p57

参考文献[編集]

  • 松竹映像版権室編、『小津安二郎映画読本(新装改訂版)』、フィルムアート社、1993年
  • 千葉伸夫、『小津安二郎と20世紀』、国書刊行会、2003年
  • 與那覇潤、『帝国の残影―兵士・小津安二郎の昭和史』、NTT出版、2011年

外部リンク[編集]