大泉滉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
おおいずみ あきら
大泉 滉
大泉 滉
西鶴一代女』(1952年)
生年月日 1925年1月1日
没年月日 1998年4月23日(満73歳没)
出生地 日本の旗日本東京都北豊島郡高田町雑司が谷(現・東京都豊島区雑司ヶ谷)
民族 日本人
血液型 O型
ジャンル 俳優声優
活動期間 1937年 - 1998年
主な作品
ブレインズ(『サンダーバード』)

大泉 滉(おおいずみ あきら、1925年1月1日 - 1998年4月23日)は日本男性俳優声優。身長165cm。体重53kg。左利き

来歴・人物[編集]

日露混血アナキスト作家大泉黒石の息子として、東京府北豊島郡高田町雑司が谷(現在の東京都豊島区雑司が谷)に生まれる。

祖父はロシア皇帝と共に訪日した農家出身の侍従アレクサンドル・ステパノヴィチ・ヤホーヴィチ。大泉自身はアレクサンドル・ステパノヴィチ・ポチャーノフスキーと自称。

父の都合により、各地を転々として過ごす。1937年小学校卒業と共に劇団東童に入り、大泉ポーの芸名で子役として活躍。1940年日活映画風の又三郎』の一郎役で映画デビュー。

旧制城西学園中学校(現・城西大学附属城西高等学校)を中退し、1946年文学座に入団。この当時は二枚目俳優として活躍したが、1951年に出演した映画『自由学校』がきっかけでコメディアンに転身。テレビドラマ『モッキンポット氏の後始末』のモッキンポット神父役などで人気を集め、「トンデモハップン」などの流行語を生む。文学座退団後は、映画や当時放送開始されたばかりのテレビでコメディアンぶりを発揮。英国制作の人形劇サンダーバード』では、科学者のブレインズの声を担当するなど、声優・吹き替えでも活躍。特撮仮面の忍者 赤影』のペドロ役や、ウルトラシリーズでのコミカルな演技でも知られた。

1984年、大林宣彦監督が日本テレビ『火曜サスペンス劇場』のために円谷プロで撮った『麗猫伝説』はビリー・ワイルダーの『サンセット大通り』を下敷きにした幻想映画だが、元大監督、現在は隠棲する大女優の執事という、オリジナルではエリッヒ・フォン・シュトロハイムに相当する役を格調高く演じた。

1970年前後には東映のB級映画に多くゲスト出演。ほとんどがコメディーリリーフである。

テレビ朝日クイズタイムショック』に6回出場し、全ての回でイスを回すという記録を持つ。

外見によらずプレイボーイとして知られ、結婚多数。その反面恐妻家でもあった。1989年から放送されたフジテレビバラエティわてら陽気なオバタリアン』には、夫婦で出演。妻・道子に反抗できず、尻に敷かれるダメ亭主というイメージにぴったりとはまった役柄で夫婦で毎回ショートコントを演じた。

趣味で完全有機農法を研究し、東京都国立市の自宅の庭で、自身の排泄物を利用して家庭菜園を営み『ぼく野菜人』などの著書もあった。なお、自宅の家庭菜園は大泉が亡くなって以降も妻が管理している。また、もう一つの趣味は三味線であった。

1998年4月23日、肺癌のため東京都立川相互病院で死去。享年73。

出演作品[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

テレビアニメ[編集]

OVA[編集]

吹き替え[編集]

バラエティ[編集]

CM[編集]

[編集]

著作[編集]

  • ポコチン男爵 女探検紀 (青年書館)(1975)
  • ぼく野菜人―自分で種まき、育て、食べようよ! (カッパ・ブックス)(1983/7)