フリテンくん

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フリテンくん
ジャンル ギャグ
漫画
作者 植田まさし
出版社 竹書房
掲載誌 まんがライフ
近代麻雀
近代麻雀オリジナル
漫画ギャンブルパンチ
月刊ギャグダ
レーベル バンブーコミックス
発表期間 1980年
巻数 既刊4巻
テンプレート - ノート 

フリテンくん』は、植田まさし原作の4コマ漫画作品、およびアニメ作品。『かりあげクン』と共に植田まさしの出世作品の一つでもある。

概要[編集]

1980年より『近代麻雀』『近代麻雀オリジナル』『漫画ギャンブルパンチ』『月刊ギャグダ』といった竹書房の雑誌に並行して連載。その後『まんがライフ』に移籍。現在は「新」がつけられている。また、80年代にはアニメ映画化、OVAが発売されている。

かつて近代麻雀に掲載されていたころは、そのタイトルのとおり麻雀を行うシーンや競馬が多く見られたが、その後のまんがライフ以降は様々なネタのオムニバスとなっている。中期以降においては、ある意味「主人公不在の漫画」と呼ぶ事も出来る。連載後期の定番ネタとして、無人島を題材にした1コマ漫画やドラキュラがある。

単行本の表紙には

  • 90%笑える人は正常
  • 30%しか笑えない人は異常
  • 100%笑える人もまた異常

と記されている(コンビニコミック版でも記されている)。

現在ではリニューアル版として「新フリテンくん」がまんがライフで連載中。 この作品のヒットが、竹書房が数々の4コマ専門誌を創刊するきっかけとなり一部4コマ漫画家の間では「現在の竹書房のビルは『フリテンくん』の売り上げで建っている」という都市伝説まで生み出している。

登場人物[編集]

フリテン
声優:映画版:近田春夫/OVA版:杉村太郎
この漫画の主人公的存在。であるが、初期のネタと麻雀編以外にはほとんど登場しない。中期にさしかかると麻雀編も無くなっていった為、表紙等以外での出番は全くと言っていい程無くなった。髪型に特徴があるが、特に本人であると言及がされる訳でもなく、同作者の他の作品にも稀に出ている事もある。特に『コボちゃん』の田畑コボのお父さん、田畑耕二に似ている。しかし、性格や麻雀をあまりやらない点などおそらくまったくの別キャラである。いたずら好き。本名:『神田フリテン』?。平社員
課長
声優:映画版:増岡弘/OVA版:伊藤洋介
をはやしている。作中、似た人物が出てくる。
社長
声優:映画版:/OVA版:大泉滉
主に、ハゲ

単行本[編集]

  • フリテンくん - 全19巻
  • おすすめフリテンくん - 全8巻
文庫版
  • フリテンくんジュニア版 - 全4巻
作者の作品としては珍しく手書きだったセリフが写植にルビをつけた形式になっている。
  • フリテンくん海賊版
映画版の応援として「キップくん」など他の作品を集めて発売された。名前はいささか非常識であるが公式のシリーズであり、外伝として見る事が出来る。
  • 新フリテンくん - 1~4巻 既刊
現在もまんがライフで連載中のシリーズ。
  • 特○フリテンくん
不定期で刊行されているコンビニコミック版。タイトルには「特選」や「特上!」など毎回『特』のついたフレーズを冠している。

映画版[編集]

1981年4月11日に公開された。同時上映は『じゃりン子チエ』。

ナック初の映画作品であり、7話の短編からなるオムニバス形式となっている。

エピソード一覧[編集]

  • 第1話 おとぼけカンパニー
  • 第2話 ギャンブル笑学校
  • 第3話 おとぼけ道中記
  • 第4話 スポーツならおまかせ
  • 第5話 今日はふたりの噴火の日
  • 第6話 ハレのちハレーッ!
  • 第7話 雀狂時代

スタッフ[編集]

  • 原作:植田まさし
  • 企画:馬場和夫
  • 製作:西野聖市、深井知信
  • 監督:杉山卓
  • 助監督:岡追和之
  • 脚本:城山昇伊東恒久山崎晴哉、杉山卓
  • 絵コンテ:久茂すずめ、原田益次、岡本良雄、高橋和十八
  • 演出:四辻たかお、吉田浩
  • キャラクター設定・総作画監督:三輪孝輝
  • 作画監督:小林準治、高橋春男森下圭介
  • 色彩設計:矢野悦子、山之内直美
  • 特殊効果:柴田睦子
  • 美術監督:佐藤信
  • 撮影監督:菅谷信行
  • 編集:辻井好子、吉田美恵子
  • 効果:伊藤克己
  • 整音:太田克己
  • 音楽:あかのたちお
  • 音楽監修:松下治夫
  • 歌:中崎英也
  • プロデューサー:西條剋麿
  • 配給:東宝
  • アニメーション制作:ナック

ビデオ[編集]

サウンドトラック[編集]

  • 『愚奴楽/HAVE A NICE DAY』(1981-04、K07S-172、700円、キング・レコード)
  • 『フリテンくん』(1981-05-05、K25-G-7023、2500円、キング・レコード)

OVA[編集]

1990年ポニーキャニオンより2巻発売。

フリテンくん Vol.1 フリテンの麻雀放浪記[編集]

  • 第1話 似た者どうし
  • 第2話 フリテンくんの子守り
  • 第3話 フリテンの麻雀放浪記

フリテンくん Vol.2 フリテンくんの白い巨搭[編集]

  • 第1話 フリテンくんの白い巨塔
  • 第2話 マージャンでダイエット
  • 第3話 オーいそがし社員旅行

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

  • 原作:植田まさし
  • 企画:西野聖市
  • 製作:ナック
  • 監督:高垣幸蔵
  • 脚本:円山知恵、翁妙子、萩田寛子、安藤豊弘
  • 絵コンテ:高垣幸蔵、落合正宗、木暮輝夫
  • 演出:高垣幸蔵
  • キャラクターデザイン:北原健男
  • 作画監督:須田勇、泉明宏
  • 美術監督:坂本正、李大照
  • 撮影監督:趙福東
  • 音響監督:本田保則
  • 音楽:高橋五郎
  • 歌:シャインズ 『アルプスのサラリーマン』
  • プロデューサー:西野範子、久米憲司

パチンコ[編集]

竹屋より2007年3月からCRフリテンくんが登場した。