ノンちゃん雲に乗る

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ノンちゃん雲に乗る』(ノンちゃんくもにのる)は、1951年に出版された石井桃子児童文学作品。

1955年鰐淵晴子の主演で映画化された。また、2008年12月24日には作品をモチーフにオリジナル楽曲として大橋のぞみのCDアルバム『ノンちゃん雲に乗る』が発売された。

あらすじ[編集]

8歳の女の子、田代信子ノンちゃん)は、ある春の朝、お母さんと兄ちゃんが自分に黙って出かけたので、悲しくて泣いていた。木の上からひょうたん池に映る空を覗いているうちに、誤って池に落ちてしまう。気がつくとそこは水の中の空の上。雲の上には白いひげを生やしたおじいさんがいて、熊手ですくって助けてくれた。ノンちゃんはおじいさんに、自分や家族の身の上を打ち明ける。

舞台には作者が幼いころ遊んだ浦和の町の神社や池が使われている。

映画作品[編集]

ノンちゃん雲に乗る
ノンちゃん雲に乗る
監督 倉田文人
脚本 倉田文人
村山節子
製作 熊谷久虎
中田博二
出演者 鰐淵晴子
原節子
藤田進
徳川夢声
名古屋章
大泉滉
小沢路子
高崎淳生
倉田マユミ
谷桃子バレエ団
音楽 飯田信夫
撮影 小原譲治
配給 新東宝
公開 日本の旗 1955年6月7日
上映時間 84分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

雲の上の世界の描写にはアニメーション合成技術が使用されている[1]

前年から病気療養していた原節子の復帰作として注目された[1]

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

単行本[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 『日本特撮・幻想映画全集』 勁文社1997年、56頁。ISBN 4766927060 

外部リンク[編集]