徳川夢声

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
徳川夢声

徳川 夢声(とくがわ むせい、1894年4月13日 - 1971年8月1日)は、日本の弁士漫談家作家俳優ラジオテレビ番組などをはじめ、多方面で活動した日本の元祖マルチタレントとも言える人物である。本名は福原駿雄(ふくはら としお)。「彼氏」「恐妻家」の造語でも知られる。日本放送芸能家協会(現・日本俳優連合)初代理事長。

経歴[編集]

島根県益田市に生まれ、東京に育つ。口演童話家として活躍し、児童文学の普及に貢献した天野雉彦は叔父。

3歳の頃、母に捨てられ、同居していた祖母に育てられる。幼少の頃から話術が達者で当時演じられていた落語をほとんど覚えていたという。学生時代に、近所に住む人妻と恋愛関係になるが、彼女は後に新劇界の伝説の女優「伊沢蘭奢」になった。

東京府(現:東京都)立第一中学校(現在の都立日比谷高校)を卒業したが、一高(現在の東京大学教養学部)の入学試験に二度失敗。明治大学の聴講生になったが、憧れの落語家になるため三遊亭圓子の元に入門を決意する。しかし親に反対され、1913年(大正2年)に活動写真(無声映画)の弁士となる。日活第二福宝館で清水霊山に師事し「福原霊川」となのる。

1914年(大正3年)に秋田の映画館で主任弁士を3カ月つとめた後、1915年(大正4年)に帰京して新宿の映画館の主任をつとめるがすぐに館がつぶれ、再度、秋田の映画館に2カ月でかける。

1915年(大正4年)9月に、赤坂葵館に主任弁士として迎えられる。この時、支配人が勝手に、「葵」から「徳川」という芸名をつけたため、後でそれを知った当人はその大げさな名前に驚いたという[1]1921年(大正10年)5月14日、日本で初公開のドイツ表現派の映画『カリガリ博士』の弁士を務めたという記録もあり、活動写真が好きでなかった竹久夢二なども観覧し、その印象を雑誌「新小説」に挿絵とともに寄稿している。1925年(大正14年)、新宿武蔵野館に入る。東京を代表する弁士として、人気を博す。

ストレスのため酒量が増え、20代で早くもアルコール使用障害になり、酒の上での失敗を繰り返す。40歳で妻を亡くすが、妻が亡くなった夜も酩酊状態であったほどであった。3人の娘をかかえ途方にくれるが、親友であったユーモア作家東健而の未亡人・静枝と再婚。新妻との間に長男が生まれるが、自身の健康に自信がなかった夢声は、「この子が成長するまで生きられるか?」と不安をいだいたが、結果としては長生きして、長男は無事に成人した。

二人目の妻・静枝の妹は、頭山秀三頭山満の三男)の妻。妻の別の妹は、「天鬼将軍」としてしられた馬賊薄益三の長男の妻となった[2]

昭和の時代になって、音声の出るトーキーが登場すると弁士の必要はなくなり、漫談や演劇に転じる。 1926年(大正15年)に古川ロッパらと元弁士らの珍芸劇団「ナヤマシ会」を結成。1933年(昭和8年)、やはりロッパらと劇団「笑の王国」を結成するも意見の相違ですぐに脱退。1937年(昭和12年)、岸田国士杉村春子らの文学座に参加。ただし、新劇俳優としての夢声については悪評の嵐であり、文学座を退団。他に、映画にも俳優として出演する。

また、漫談の研究団体「談譚集団」を結成。メンバーは、大辻司郎山野一郎松井翠声泉虎夫奈美野一郎木下華声5代目蝶花楼馬楽(後の林家彦六)ら。また、夢声の弟子の丸山章治福地悟郎吉井俊郎木戸竝であり、月に1回、新作漫談の発表会をやっていた[3]

なお、夢声は早くから老人めいた雰囲気があり、40代から「夢声老」と、50代では「夢声翁」とよばれていた。

また、ラジオでも活躍。1939年から、NHKラジオで吉川英治の『宮本武蔵』の朗読を始め、人気を博す。独特の「間」は夢声独自のものであった。

文筆に優れ、「新青年」などにユーモア小説やエッセイを多数執筆。1938年(昭和13年)、1949年(昭和24年)の直木賞候補にもなった。 また、俳句好きで、1934年(昭和9年)から久保田万太郎が宗匠の「いとう句会」に所属し、句歴三十年に及んだ。ただし、毎日のように作ったので膨大な凡作の山である。

日々、詳細な日記をつけており、その一部は『夢声戦争日記』として出版され、戦時下の生活の貴重な資料となっている。また、自伝や自伝的な書も何冊も出しており、それらの執筆に日記が役立ったと思われる。

太平洋戦争中は各地に慰問興行に出かけている。1942年(昭和17年)から1943年(昭和18年)、占領下の東南アジア各地の慰問団に参加し、占領地での日本軍の野蛮な行動にショックを受けている。また、シンガポールでは日本未公開の映画「風と共に去りぬ」「ファンタジア」を見て、「日本は物質的のみならず、精神的にもアメリカに劣っているのではないか」という感想を抱き、後に随筆に記した(1945年発表の随筆「風とともに去りぬ」)。

第二次世界大戦後は新しいメディアの波に乗り、ラジオ・テレビで活躍した。NHKラジオのクイズ番組『話の泉』のレギュラー回答者などを努め、またテレビ放送も初期から関わり、NHKテレビの『こんにゃく問答』(柳家金語楼と競演)などに出演、日本におけるテレビ創成期の立役者のひとりである。1951年(昭和26年)、芸術祭賞受賞。

1953年(昭和28年)の、エリザベス女王の戴冠式には、特派員として訪英。また、娘が日系アメリカ人と結婚していたため、その帰りにアメリカにも寄って娘や孫と会い、その旅を著書『地球もせまいな』にまとめた。

1955年

1955年(昭和30年)、「年ごとに円熟を示している各方面における活躍」により、菊池寛賞を受賞。

代表作のラジオ朗読『宮本武蔵』は戦後も、1961年(昭和36年)-1963年(昭和38年)にかけてラジオ関東(現・アール・エフ・ラジオ日本)にて放送。2002年(平成14年)から同局と東海ラジオで再放送されている。また、この『宮本武蔵』は1971年(昭和46年)に同局開局15周年記念としてレコード化され、エレックレコードから発売された。

1965年(昭和40年)には愛知県犬山市にオープンした博物館明治村の初代村長となった。

1971年(昭和46年)8月1日脳軟化症肺炎を併発して死去。77歳没。最期の言葉は「おい、いい夫婦だったなあ」であった。墓所は府中多磨霊園

著書[編集]

  • 漫談叢書 第1編 夢声漫談 聚英閣 1927
  • 徳川夢声・大辻司郎漫談集 春江堂 1929
  • 漫談レヴュウ 古川ロッパ岡田時彦共著 現代ユウモア全集刊行会 1929 (「現代ユウモア全集」18巻)
  • 夢声半代記 現代ユウモア叢書 第5編 資文堂書店 1931
  • 夢声軟尖集 往来社 1931
  • くらがり二十年 アオイ書房 1934 / 新版春陽文庫
  • 閑散無双 アオイ書房 1934
  • 現代ユーモア小説全集 第5巻 喃扇楽屋譚 他六篇 アトリヱ社 1935
  • 新版ユーモア小説全集 第5巻 唖にされた音盤 アトリヱ社 1939
  • 駄犬駄主人 東成社(ユーモア文庫) 1941
  • 吾家の過去帖 万里閣 1942
  • 柳緑花紅録 イヴニング・スター社 1946
  • 甘辛十五年 コバルト社 1946
  • 自伝夢声漫筆 明治、大正篇 早川書房 1946
  • 世相談議 中央社 1947
  • 有中先生物語 ユーモア推理小説 誠光社 1948
  • うすけぼう譚 随筆二十年 東寳書店 1948
  • チコ一世伝 展文社 1948
  • あかるみ十五年 世界社 1948
  • 夢声懺悔録 生活文化社 1948
  • 強盗時代 眞光社 1948
  • 話術 白揚社 1949
  • 親馬鹿十年 創元社 1950
  • 同行二人 養徳社 1950
  • 放送話術二十七年 白揚社 1951
  • 雁のあとさき 随筆集 四季社 1951
  • 悲観も愉し 創元社 1951
  • 放送西遊記 第1 宝文館 1951
  • 負るも愉し 二十世紀日本社 1951
  • 私の動物記 要書房 1951
  • 夢声身上ばなし 明治の巻、大正の巻 早川書房 1952
  • 問答有用 対談集 全10冊 朝日新聞社 1952-58
     (1951年(昭和26年)から、『週刊朝日』の人気連載で、約400回の各界著名人との対談)
  • 連鎖反応 東成社 1952 (ユーモア小説全集 第6)
  • 夢諦軒句日誌二十年 オリオン社 1952
  • 甘茶博物誌 随筆 東和社 1953
  • 徳川夢声代表作品集 全4巻 六興出版社 1953
  • いろは交友録 鱒書房 1953
  • 随筆寄席 座談会 1-4 辰野隆林髞 日本出版協同 1954
  • 世界飛びある記 桃園書房 1954
  • お茶漬哲学 文藝春秋新社 1954
  • 地球もせまいな 朋文堂 1954
  • 現代ユーモア文学全集 第3 徳川夢声集 駿河台書房 1954
  • 悲観楽観 文藝春秋新社 1955
  • 夢声随筆 河出新書 1955
  • 芸術家素描 徳川夢声との対談 関書院 1955
  • こんにゃく随想録 鱒書房 1956
  • 対談奥義書 問答有用うらばなし 有紀書房 1957
  • 地声人語 探偵長自白他 東洋文化協会 1959
  • 雑記・雑俳二十五年 オリオン社出版部 1959
  • あなたも酒がやめられる 文藝春秋新社 1959
  • 夢声戦争日記 全5巻 中央公論社 1960/ 中公文庫 全7巻 1977
  • 明治は遠くなりにけり 夢声自伝・明治篇 早川書房 1962
  • よき友よき時代 夢声自伝・大正篇 同 1962
  • 一等国にっぽん 夢声自伝・昭和篇 同 1962/ 「夢声自伝」 講談社文庫全3巻 1978  
  • 世にも不思議な話 実業之日本社 1969 (ホリデー新書)
  • 銭と共に老ひぬ 夢声自叙伝 上下 新銭社 1968-70

新版[編集]

研究書[編集]

映画作品[編集]

  • 坊っちゃん』(1935) 出演 校長役
  • 吾輩は猫である』(1936) 出演 迷亭役
  • 『水戸黄門漫遊記 日本晴れの巻』(1938) 出演 水戸黄門光圀公役
  • 綴方教室』(1938) 出演 父由五郎役
  • 『水戸黄門漫遊記 東海道の巻』(1938) 出演 水戸黄門光圀公役
  • 南京』(1938) 解説
  • はたらく一家』(1939) 出演 職工・石村役
  • 『エノケンの孫悟空 前編』 (1940) 出演 天文博士鰐々居士役
  • 『エノケンの孫悟空 後編』 (1940) 出演 天文博士鰐々居士役
  • 『春よいづこ』 (1940) 出演
  • 『川中島合戦』 (1941) 出演 市兵衛役
  • 『子寶夫婦』(1941) 出演
  • 『小林一茶』(1941) 解説
  • 昨日消えた男』(1941) 出演 篠崎源左衛門役
  • 『水滸伝』(1942) 出演 羅真人役
  • 『陸軍航空戦記 ビルマ篇』(1943) 語り
  • 『生きてゐる孫六』(1943) 解説
  • 『煉瓦女工』(1946) 出演
  • 『浮世も天国』(1947) 出演
  • 『看護婦の日記』(1947) 出演 大月役
  • 幽霊暁に死す』(1948) 出演
  • 手をつなぐ子等』(1948) 出演 校長役
  • 『馬車物語』(1948) 出演 石中石次郎役
  • 『幽霊塔』(1948) 出演
  • 『死美人事件』(1948) 出演 検事総長役
  • 『日本産業地理大系第1篇 国立公園伊勢志摩』(1949年)<未公開> 解説
  • 流れる星は生きている』(1949年) 出演
  • 春の戯れ』 (1949年) 出演 金蔵役
  • エノケンのとび助冒険旅行』(1949年) 解説
  • 『仔熊物語』(1950年) 解説
  • 『母情』(1950年) 出演
  • 海魔陸を行く』(1950年) 解説
  • 『剣難女難 女心伝心の巻』(1951) 出演
  • 自由学校』(1951) 出演
  • 『天明太郎』(1951) 原作
  • 『又四郎行状記 鬼姫しぐれ』(1951) 出演 内藤治部右衛門役
  • 『三太と千代の山』(1952) 出演
  • 『西遊記』(1952) 出演
  • 『色ごよみ 権九郎旅日記』(1953) 出演
  • 『親分の青春』(1953) 出演
  • 『女性に関する十二章』(1954) 出演 呉平太役
  • ノンちゃん雲に乗る』(1955) 出演 おじいさん役
  • 『白夫人の妖恋』(1956) 出演 法海禅師役
  • 『伴淳・アチャコ・夢声の活弁物語』(1957) 出演 谷口緑風役
  • 『弥次喜多道中記夫婦篇 弥次喜多道中双六』(1958) 出演 十返舎一九役
  • 弥次喜多道中記』(1958) 出演 十返舎一九役
  • 続社長三代記』(1958) 特別出演 本人
  • 『爆笑水戸黄門漫遊記』(1959) 出演 水戸黄門役
  • 『孫悟空』(1959) 出演
  • 『花のお江戸のやくざ姫』(1961) 出演
  • おとぎの世界旅行』(1962) アニメ 声の出演
  • 雪之丞変化』(1963) 出演 語る人役

徳川夢声市民賞[編集]

夢声の生地である益田市が、2001年より、夢声にちなんで話芸に秀でた人を表彰する賞として授与している。

夢声が登場するフィクション[編集]

  • 横溝正史「びっくり箱殺人事件」 - 夢声をモデルとした「深山幽谷」というキャラクターが登場。

脚注[編集]

  1. ^ なお、のちに夢声が高名になった際、「徳川家のどちらの家の方ですか?」と会う人からいつも質問されて、閉口したという。また、夢声の代表作の一つである連続対談『問答有用』の第1回は、尾張徳川家当主の徳川義親との「真贋徳川対決」であり、また最終回も水戸徳川家当主の徳川圀順との対談であった。
  2. ^ 『徳川夢声代表作選集 随筆編(下)』収録「天鬼将軍」より。
  3. ^ 木下華声『芸人紙風船』大陸書房

関連項目[編集]

外部リンク[編集]