三國一朗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

三國三国一朗(みくに いちろう、1921年1月12日 - 2000年9月15日)は、愛知県出身の放送タレントエッセイストである。

来歴・人物[編集]

第八高等学校を経て東京帝国大学文学部社会学科を繰り上げ卒業。劇作家久板栄二郎の下で修業した後、雑誌編集者を経てアサヒビール社員となる。

1952年に、志摩夕起夫らと行った、深夜放送「イングリッシュ・アワー」(ラジオ東京)での仕事は「日本で最初のラジオ・パーソナリティ」である。

1953年日本テレビ放送網で放送を開始したアサヒビール一社提供番組「ほろにがショー 何でもやりまショー」の初代司会者として出演し、以後放送タレントとして各種番組に出演。1956年にアサヒビールを退社した後はタレントを専業とした。近代日本史への造詣が深く、東京12チャンネルの「私の昭和史」の司会や、二・二六事件を扱ったNHK特集のレポーターを務めている。

晩年は「お好み演芸会」(NHK総合テレビジョン)の「花の落語家5人衆の知恵比べ」の司会も務めた。

スクラップ・ブックが趣味で、技術指南書『ハサミとのり』を刊行。この本は刊行当時、スクラップ愛好家の間で、非常な評判を博した。また、放送タレントの先輩として、徳川夢声を敬愛し、夢声研究の決定版『徳川夢声の世界』を刊行し、芸術選奨新人賞を受賞した。

その他にも「タレントの余技」をこえた、軽妙なエッセイ集を何冊も刊行した。

出演番組[編集]

テレビ[編集]

ラジオ[編集]

映画[編集]

著書[編集]

編著[編集]

  • 『昭和史探訪』全6 インタビュアー・編者 番町書房 1974-75
    • 『昭和史探訪』全6 井田麟太郎共編 1985-86 角川文庫
    • 『証言・私の昭和史』全6 テレビ東京編 三国一朗 きき手 1989 文春文庫
  • 『日本の名随筆 96 運』作品社 1990
  • 『昭和生活文化年代記 1 戦前』TOTO出版 1991

エピソード[編集]

  • 1954年9月、ラジオ東京で番組担当中に「洞爺丸が函館港外で座礁」の臨時ニュースを読んでいる。ニュース終了直後に流れたのはアルゼンチンタンゴの『SOS』(後に『コンデナ』に改名)であったが、意図した選曲ではなく全くの偶然であった。後年になって『この時のような不気味な経験は他に一度もない』と語っている。

研究書[編集]

  • 濱田研吾『三國一朗の世界 あるマルチ放送タレントの昭和史』清流出版 2008年4月