新宿武蔵野館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
新宿武蔵野館
Shinjuku Musashino-kan
新宿武蔵野館(2010年8月撮影)
情報
正式名称 新宿武蔵野館1・2・3
旧名称 新宿武蔵野館、シネマカリテ1・2・3、新宿武蔵野館1・2・3・4
開館 1920年6月30日
開館公演 短夜物語
「嫉妬に燃える眼」
収容人員 (3館合計)301人
設備 ドルビーデジタルサラウンドEX(シアター1・2)
ドルビーSR(シアター3)
用途 映画上映
運営 武蔵野興業株式会社
所在地 160-0022
東京都新宿区新宿3-27-10
武蔵野ビル3階
アクセス 新宿駅(東口)から徒歩約3分
公式サイト http://shinjuku.musashino-k.jp/

新宿武蔵野館(しんじゅくむさしのかん)は、東京都新宿区映画館。新宿武蔵野館1・2・3の3館がある。武蔵野興業が経営。

住所は、新宿三丁目27番地10号 武蔵野ビル3階。かつては同ビル7階が新宿武蔵野館で、3階はミニシアターのシネマ・カリテ1・2・3だった。

概要・略歴[編集]

黎明期[編集]

新宿駅を中心とした1937年(昭和12年)の地図。駅の東側(右側)の角筈町1丁目(現在の新宿3丁目)に、同館のほか新宿劇場新宿座帝国館等が密集している。

戦後[編集]

  • 1968年12月、武蔵野ビルを改装し、7階に500席(後に334席に減少)の映画館「新宿武蔵野館」として再オープン。東宝洋画系作品のロードショー館(特にみゆき座で上映される作品が多かった)として営業を続ける。
  • 1994年10月4日、武蔵野ビル3階にミニシアター「シネマ・カリテ1・2・3」(各84席)がオープン。
  • 2000年4月、「シネマ・カリテ3」が拡張工事により133席になり、「シネマ・カリテ1」に変更(同時にそれまでの「1」が「3」に改称)。同時に3階ロビーなども改装。
  • 2002年1月1日、7階の「新宿武蔵野館」を「新宿武蔵野館1」に、3階の「シネマ・カリテ1・2・3」を「新宿武蔵野館2・3・4」に改称。同時に3階ロビーなども改装。
  • 2003年9月30日、7階にあった「新宿武蔵野館1」が閉館。それに伴い、3階の「新宿武蔵野館2・3・4」を「新宿武蔵野館1・2・3」に改称し、現在の3館体制となる。それ以降はみゆき座やシャンテ・シネ(現:TOHOシネマズシャンテ)、シネスイッチ銀座などで上映されるアート系の作品に加え、B級ものの邦画・洋画もレイトショー興行するなど、幅広いジャンルの作品を世に送り出している。
  • 2012年1月、シアター1と2にデジタル上映設備、シアター3にブルーレイ上映設備を新設。

座席数[編集]

  • 武蔵野館1:133席
  • 武蔵野館2:84席
  • 武蔵野館3:84席

関連項目[編集]

関連文献[編集]

  • 武蔵野興業株式会社 監修 『映画の殿堂 新宿武蔵野館』 開発社、2011年12月、ISBN 978-4-7591-0135-5

外部リンク[編集]