十誡 (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
十誡
The Ten Commandments
監督 セシル・B・デミル
脚本 ジャニー・マクファーソン
製作 セシル・B・デミル
出演者 テオドラ・ロバーツ
シャルル・ド・ローシュ
エステル・テイラー
ニタ・ナルディ
音楽 ヒューゴ・リーゼンフェルド
撮影 ペパーレル・マーレー
ジェー・S・ウェスターバーグ
アーチー・スタウト
編集 アン・バウヘンズ
配給 パラマウント映画
公開 アメリカ合衆国の旗 1923年11月23日
日本の旗 1925年2月6日
上映時間 136分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 180万ドル(当時)
興行収入 800万ドル(当時)
テンプレートを表示

十誡』(じっかい、The Ten Commandments)は、1923年製作のアメリカ映画。監督はセシル・B・デミル

映画は2部構成となっており、第1部で旧約聖書の物語を、第2部は現代の物語を描く。それまできわどい男女関係を描いた豪華な社交界劇でヒットを続けていたデミルは、作品が良俗に反するという批判的な世論が高まると見るや、180度転回してこの作品を作り、今度は豪華スペクタクルの巨匠としての歩みを始めることになった。

デミルは、1956年にこの映画の第1部をリメイクしている。チャールトン・ヘストンモーゼを演じた『十戒』である。

ストーリー[編集]

第1部はモーゼイスラエルの民を連れてエジプトを脱出、シナイ山十戒を受けるというおなじみのお話である、モーゼはシオドア・ロバーツ。彼の留守中偶像を崇拝、歓楽に溺れる町を滅ぼす原因となる妹ミリアムをエステラ・テイラーが演じている。

第2部の現代篇はこの旧約聖書の物語を母親が2人の息子に読んで聞かせた、という形で始まり、真面目人間に成長した兄(リチャード・ディックス)に対し、金儲けのためには不正も辞さぬ弟(ロッド・ラ・ロック)は妻(リートリス・ジョイ)がいるのに愛人(ニタ・ナルディ)に溺れ、建築工事に不正を行い、現場を訪れた母を不正工事で崩れた壁のために死なせる羽目となり、おまけに不正もばれたので、愛人に金策を頼みに行くが冷酷にはねつけられ、しかも彼女から病気を感染させられたと知って射殺、モーターボートで逃亡する途中、嵐に遭って最期を遂げる。

エピソード[編集]

  • 特にモーゼ一行がエジプトを脱出して紅海に達すると、海面が2つに分かれて彼らを通らせ、追ってきたエジプト軍が渡ろうとすると海面が元に戻り全軍を溺れさせるシーンは黒白版から色彩版に変わるのは2色式テクニカラーの最初の使用例の1つである。
  • 古代篇のエキストラは3千人と数千頭の家畜を動員して撮影した。
  • 紅海が2つに割れるシーンは、2つにわけた青いゼラチンを熱して溶け始めたところを撮影した。それを逆回しにして、集団を合成したものである。
  • エジプト脱出のシーンで一人乗り2輪馬車の転倒は本物で、予定していなかったものである。約60人の負傷者が出たが、傷に包帯を巻いて撮影に臨んだ。
  • プロローグのエジプトのシーンは、本物で非常に巨大な建造物を造っている。D・W・グリフィスの『イントレランス』より実際にも壮大なセットで、よく比較される。

関連事項[編集]

外部リンク[編集]