電気館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
電氣館
Denkikan
略称 電気館
本社所在地 日本の旗 日本
111-0032
東京市浅草区浅草公園六区
(現在の東京都台東区浅草1丁目42番4号)
設立 1903年10月1日
業種 サービス業
事業内容 輸入映画の興行、のち国産映画の興行
代表者 河浦謙一
主要株主 変遷
吉沢商店 1903年10月 - 1912年9月
日活 1912年9月 - 不詳
松竹 不詳 - 1971年
中映 1971年 - 1976年
テンプレートを表示

電気館(電氣館:でんきかん)は、かつて東京浅草にあった映画館である。日本初の映画専門の劇場で、明治末年、東京の浅草公園六区に設立された。当初は輸入サイレント映画の専門館であったが、のちに浅草電気館(あさくさでんきかん)と改称、国産映画の専門館となった。また、これに倣って日本全国に多数の「電気館」ができたが、これらについても付記する。

略歴・概要[編集]

日本初の常設映画館[編集]

1903年明治36年)10月1日吉沢商店が、東京市浅草区浅草公園六区(現在の東京都台東区浅草1丁目42番4号)に、「日本で初めての常設活動専門館」としてオープンした。「常設」というのは、当時の活動写真(映画)の上映形態が、映写機を会場に設置しての「移動上映」中心だったからで、演劇等の実演を混在させない、映画の専門館であった。それまで同地には「電友館」というエックス線実験の見世物小屋があり、「電気館」はこれを改称したものである[1]

1907年(明治40年)7月、京都横田商会が、大阪難波に、日本で2番目、大阪では初の常設映画館「千日前電気館」を開業した。以降、全国各地に「電気館」を名乗る映画館ができた。1911年(明治44年)には、窪寺喜之助熊本初の活動常設館「電気館」を現在の同市内シャワー通に創設している[1]。熊本の電気館は1914年大正3年)に現在の所在地に移転以来、現在も存在している[1]。⇒#他地域の電気館

1912年(大正元年)9月、吉沢商店は、福宝堂、横田商会、M・パテー商会との4社合併で「日本活動写真株式会社」(現在の日活)を設立した。「電気館」は日活の直営館となるが、すぐに松竹に手放す。

松竹の経営になってからは、松竹蒲田撮影所製作の映画や洋画の混映館となった。1931年昭和6年)に帝国キネマ演芸に松竹資本が導入されて、新興キネマに改組されてからは、新興キネマ作品の封切館となる。1942年(昭和17年)、新興キネマが大都映画等と統合されて「大日本映画」(のちの大映)となって以降は、大映の封切館となった。

1971年(昭和46年)11月29日に大映が倒産、その後に、松竹は子会社の中映に「浅草電気館」を移管した。1976年(昭和51年)2月29日に閉鎖された。

閉鎖以降[編集]

閉鎖以降、跡地は更地になり「蚤の市」として機能した。

1987年(昭和62年)9月14日、同地に地上8階・地下2階の「浅草電気館ビル」を建設しようという計画に反対し、東京都と台東区に「おかみさん会」が陳情書を提出した。その後、「株式会社電気館」が建築主、「株式会社高村デザイン事務所」が設計して、商住複合施設「電気館ビル」が完成し、商業部分は「電気館フードコート」となった。

1999年(平成11年) 8月23日郵政省から「20世紀デザイン切手シリーズ第1集」10種のうちの一つとして電気館の写真を用いた80円切手「常設映画館「電気館」開業」(総合デザイン/郵政省技芸官:森田基治)が発行された[2]

2000年(平成12年)7月に浅草にオープンしたテプコ浅草館の2階に大正時代の電気館のジオラマが常設展示された[3]。ただしこの施設は2011年に閉鎖されている(運営会社であった東電ピーアールの記事も参照のこと)。

他地域の電気館[編集]

大正時代の電気館分布は下記の通り[4]

北海道
東北地方
関東地方
中部地方
近畿地方
四国
九州
前身:寄席「千鳥座」(1907年12月)→電気館(1910年8月~1945年8月9日)→松竹国際映劇(1947年9月)→長崎松竹(1966年10月1日2002年2月28日閉館)
外地

[編集]

  1. ^ a b c 熊本市のDenkikan公式サイト内「Denkikan」の「Theater」の項の記述を参照。
  2. ^ 「20世紀デザイン切手」シリーズの発行(当時の郵政省作成のページ)2010年1月16日閲覧)
  3. ^ テプコ浅草館(2Fフロアマップ参照)(2010年1月16日閲覧)
  4. ^ 全国主要映画館便覧 大正後期編」の記述を参照した。
  5. ^ “名寄唯一の映画館「第一電気館」閉館 98年の歴史に幕 最後の上映ファン集い観賞”. 北海道新聞 (北海道新聞社). (2014年10月22日). http://www.hokkaido-np.co.jp/news/chiiki4/569999.html 
  6. ^ 原島広至『横浜今昔散歩』(中経出版、2009年 ISBN 4806133752)、p.187の地図を参照。
  7. ^ 読売新聞公式サイト内の記事「伊勢佐木町 劇場核に娯楽の街に」の記述を参照。

関連項目[編集]