中映

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
中映株式会社
Chuei Co., Ltd.
種類 株式会社
市場情報 非上場
略称 中映
本社所在地 日本の旗 日本
郵便番号:111-0032
東京都台東区浅草2丁目9番13号[1]
浅草中劇会館内
設立 1944年3月13日[1]
業種 サービス業
事業内容 映画館の経営、演劇演芸その他の興行ボウリング場の経営ほか[1]
代表者 野口知信[2]
資本金 2,749万円[1]
支店舗数 事業場を参照
主要株主 松竹100%
外部リンク e-asakusa.net
特記事項:略歴
1944年3月13日 設立
テンプレートを表示

中映株式会社(ちゅうえい-、1944年3月13日 設立[1] - 2013年2月15日合併消滅[2])は、日本の映画演劇演芸の興行会社である。

略歴・概要[編集]

1944年(昭和19年)3月13日、松竹の関連会社として設立された。

1949年(昭和24年)2月、ストリップ劇場の浅草座を浅草新劇場地下に開場。

1951年(昭和26年)11月、ストリップ劇場の美人座を国際通り沿いに開場。

1952年(昭和27年)11月23日、ストリップ劇場のカジノ座を大勝館地下に開場。

1954年(昭和29年)、美人座を閉鎖。

1964年(昭和39年)10月、浅草新劇会館地下に浅草世界館を開場。

1965年(昭和40年)、大勝館を合併。[2]常盤座を松竹から移管、「トキワ座」と改称。

1971年(昭和46年)10月12日、大勝館を閉館。カジノ座を浅草新劇会館地下(浅草座跡)に移転。同年、電気館を松竹から移管。

1972年(昭和47年)12月、大勝館跡地に浅草中映ボウルを開場(地下に個室のボウリング場を設置)。中映インドアゴルフを併設。

1976年(昭和51年)2月29日、電気館、千代田館を閉鎖。

1981年(昭和56年)、浅草中映ボウルを閉鎖する。

1984年(昭和59年)、「トキワ座」を閉鎖する。

1998年(平成10年)、松竹に買収され、松竹の完全子会社となる。[2]

2001年(平成13年)、浅草中映ボウル(旧大勝館)建物を譲渡、演芸場「浅草大勝館」となる。

2012年(平成24年)10月21日、浅草新劇場ならびに浅草中映劇場、浅草名画座を閉館して経営する映画館は消滅。10月31日、事業会社としての業務を終了。

2013年(平成25年)2月15日、松竹に吸収合併(存続会社は松竹)。[2]

事業場[編集]

最後まで営業していた事業所[編集]

  • 浅草新劇場 - 名画座東京都台東区浅草2-9-11 浅草新劇会館1階)(2012年10月21日閉館)[3]
  • 浅草世界館 - 成人映画 (東京都台東区浅草2-9-11 浅草新劇会館地階)(2012年9月25日閉館)[3]
  • 浅草名画座- 名画座 (東京都台東区浅草2-9-12 浅草中劇会館地階)定員262人 (2012年10月21日閉館)[3]
  • 浅草中映劇場 - 名画座 (東京都台東区浅草2-9-13 浅草中劇会館1階)定員394人 (2012年10月21日閉館)[3]
  • 浅草シネマ - 成人映画 (東京都台東区浅草2-9-8 浅草新劇会館地階)(2012年9月17日閉館) [3]

かつての事業場[編集]

関連事項[編集]

  • 東活 - 松竹傘下の成人映画製作会社

[編集]

  1. ^ a b c d e 『映画年鑑 2009』(時事映画通信社、2008年12月1日 ISBN 4915207048)のp.287の記述を参照。
  2. ^ a b c d e 「文化通信」会長コラム2012年12月27日付[1]参照。
  3. ^ a b c d e 『映画年鑑 2009』(時事映画通信社、2008年12月1日 ISBN 4915207048)の別冊付録『映画館名簿 2009』のp.31の記述を参照。

外部リンク[編集]