諏訪郡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
長野県諏訪郡の範囲(1.下諏訪町 2.富士見町 3.原村)

諏訪郡(すわぐん)は、長野県信濃国)の

人口43,165人、面積254.79km²、人口密度169人/km²。(2014年5月1日、推計人口

以下の2町1村を含む。

郡域[編集]

1879年明治12年)に行政区画として発足した当時の郡域は、上記2町1村に岡谷市諏訪市茅野市を加えた区域にあたる。

歴史[編集]

近世以降の沿革[編集]

知行 村数 村名
藩領 信濃高島藩 2町
143村
神戸村、赤沼村、飯島村、上金子村、新井村、上赤田新田村、下赤田新田村、中河原村、横内村、上原村、塚原村、向河原新田村[1]、矢ヶ崎村、粟沢村、下古田村、宮原新田村、福沢村、埴原田村、鋳物師屋新田村、北大塩村、一本木新田村、塩沢村、芹ヶ沢村、中村、●湯川村、堀新田村、南大塩村、塩之目村、上古田村、中込新田村、中沢村、山田新田村、金沢村、大沢新田村、大池新田村、柏原村、金山新田村、糸萱新田村、笹原新田村、須栗平新田村、新居新田村、白井手新田村、山口新田村、上菅沢新田村、下菅沢新田村、上場沢新田村、大日影新田村、御作田新田村、槻木新田村、小屋場村、中道村、子ノ神新田村、菊沢村、穴山村、大久保村、柳沢村、八ツ手新田村、払沢新田村、柏木新田村、中新田村、室内新田村、菖蒲沢新田村、木舟新田村、川久保新田村、青柳新田村、福島村、下金子村、中金子村、田辺村、文出村、小川村、有賀村、上野新田村、覗石新田村、北真志野村、板沢新田村、南真志野村、椚平新田村、後山新田村、大熊村、●神宮寺村、安国寺村、茅野村、舟久保新田村、二久保新田村、大河原新田村、下河原新田村、坂室新田村、御射山神戸村、栗生新田村、松目新田村、大平新田村、若宮新田村(現・富士見町)、木間村、休戸村、先能村、木戸口新田村、とちの木新田村[2]、花場新田村、横吹新田村、瀬沢村、机村、平岡村、神代村、烏帽子新田村、上蔦木村、下蔦木村、田端村、先達村、小東村、森新田村、葛久保村[3]、池袋村、高森村、乙事村、瀬沢新田村、立沢村、小六新田村、下桑原村[4]、大和村、高木村、富部村、下諏訪町[5]、友之町[6]、●下原村[7]、東山田村、西山田村、今井村、東堀村、西堀村、小梅沢新田村、若宮新田村(現・岡谷市)、小井川村、小口村、岡谷村、三沢村、新倉村、駒沢村[8]、鮎沢村、橋原村、花岡村、小坂村、上桑原村、田道新田村、小和田村[9]
その他 諏訪大社 7村 久保村、武居村、高部村、北久保新田村、田沢村、丸山新田村、神之原村
  • 明治3年 - 小東村が先達村に、森新田村が田端村にそれぞれ合併。(2町148村)
  • 明治4年
  • 明治7年(1874年)から明治8年(1875年)にかけて下記の町村の統合が行われる。カッコ内は統合時期。(24村)

町村制以降の沿革[編集]

1.上諏訪村 2.下諏訪村 3.川岸村 4.平野村 5.長地村 6.四賀村 7.永明村 8.米沢村 9.北山村 10.湖東村 11.豊平村 12.玉川村 13.泉野村 14.原村 15.本郷村 16.境村 17.落合村 18.富士見村 19.金沢村 20.宮川村 21.中洲村 22.湖南村 23.豊田村 24.湊村(紫:諏訪市 桃:岡谷市 赤:茅野市 橙:富士見町 黄:下諏訪町 青:合併なし)

変遷表[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 同名の2村に分かれて記載。
  2. ^ a b 「とちの」は草冠に子。
  3. ^ 葛久保村・円見山村に分かれて記載。
  4. ^ 下桑原村・角間新田村に分かれて記載。
  5. ^ 記載は湯之町。
  6. ^ 友之町・土波止新田村に分かれて記載。
  7. ^ 下原村・萩倉新田村に分かれて記載。
  8. ^ 駒沢村・萩山新田村に分かれて記載。
  9. ^ 「旧高旧領取調帳」には掲載なし。

参考文献[編集]

「長野県公式」に記載されているが「旧高旧領」に記載されていない村は枝郷とみなし、本項では割愛した。

関連項目[編集]