下條村

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
しもじょうむら
下條村
Flag of Shimojo Nagano.png
下條村旗
Shimojo Nagano chapter.JPG
下條村章
町旗・町章、共に1989年平成元年)10月19日制定
日本の旗 日本
地方 中部地方甲信越地方
都道府県 長野県
下伊那郡
団体コード 20411-1
面積 37.66 km²
総人口 4,011
推計人口、2014年8月1日)
人口密度 107人/km²
隣接自治体 飯田市
下伊那郡阿南町阿智村泰阜村
村の木 ハナノキ
村の花 コスモス
下條村役場
所在地 399-2101
長野県下伊那郡下條村睦沢8801-1
北緯35度23分50.4秒東経137度47分9.1秒
下條村役場
外部リンク 下條村公式ページ

下條村位置図

― 市 / ― 町 / ― 村

特記事項 役場の標高:484m
 表示ノート編集履歴 ウィキプロジェクト
下條小学校および下條村中心部

下條村(しもじょうむら)は、長野県下伊那郡のほぼ中央に位置する

天竜川を隔てて泰阜村は阿智川、鶯巣川により飯田市阿智村と、西は下條山脈により阿智村と境し、阿南町と接している。

村名は、室町時代のはじめ甲斐の国からこの地に入り、室町中期から戦国期に全盛を極めた下條氏に由来する。

歴史[編集]

  • 1875年明治8年)1月23日
    • 筑摩県伊那郡小松原村・大久保村・粒良脇村・阿知原村・親田村・山田河内村が合併して睦沢村(むつざわむら)となる。
    • 筑摩県伊那郡吉岡村・菅野村・仁王関村・合原村・北又村・入野村・鎮西野村・下新井村が合併して陽皐村(ひさわむら)となる。
  • 1876年(明治9年)8月21日 - 睦沢村・陽皐村が長野県の所属となる。
  • 1879年(明治12年)1月4日 - 郡区町村編制法の施行により、睦沢村・陽皐村が下伊那郡の所属となる。
  • 1889年(明治22年)4月1日 - 町村制の施行により、睦沢村・陽皐村の区域をもって下條村が発足。

行政[編集]

人口[編集]

Demography20411.svg
下條村と全国の年齢別人口分布(2005年) 下條村の年齢・男女別人口分布(2005年)
紫色 ― 下條村
緑色 ― 日本全国
青色 ― 男性
赤色 ― 女性
下條村(に該当する地域)の人口の推移
1970年 4,057人
1975年 4,000人
1980年 4,078人
1985年 4,049人
1990年 3,859人
1995年 4,004人
2000年 4,075人
2005年 4,210人
2010年 4,202人
総務省統計局 国勢調査より

交通機関[編集]

バス[編集]

道路[編集]

教育[編集]

  • 下條村立下條中学校
  • 下條村立下條小学校
  • 下條保育所

備考[編集]

  • 少子化対策にいち早く取り組み、現在では出生率が全国平均を上回っている。04年度の出生率は2.59[1]
  • 高校生以下の医療費を無料としている。
  • 親田地区で栽培される「親田辛味大根」は、一般の青首大根に比べ辛味成分イソチオシアネートを4倍近く含む激辛大根であり、おろし蕎麦用の高級薬味として重宝されている。

名所[編集]

道の駅信濃路下條
  • 道の駅信濃路下條 - そばの城。ここを中心にご当地ローカルヒーロー地域戦隊カッセイカマンが活躍中。景気と元気を守るため、悪の組織フキョーダと戦う3人組のヒーローであり、全国のヒーローとの交流も多い。全国版テレビでもたびたび紹介された。現在、カッセイカマンドラマがYou Tubeにて公開中。この地に全国のローカルヒーローが集まることも多い。
  • リフレッシュパーク下條
  • 天龍ライン下り
  • 下條親水公園オートキャンプ場
  • サンモリーユ下條 - ここは愛知県刈谷市内に在住、在学、在勤している人と下條村民のみ利用できる。

温泉[編集]

  • 下條温泉郷 コスモスの湯
  • くつろぎの宿 佳が美
  • 浪漫の館 月下美人

下條村出身の有名人[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]