南牧村 (長野県)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
みなみまきむら
南牧村
Nobeyama Radio Observatory 45-m Telescope.jpg
野辺山宇宙電波観測所
日本の旗 日本
地方 中部地方甲信越地方
都道府県 長野県
南佐久郡
団体コード 20305-0
面積 133.10 km²
総人口 3,261
推計人口、2014年5月1日)
人口密度 24.5人/km²
隣接自治体 茅野市
南佐久郡小海町川上村南相木村
山梨県北杜市
村の木 オオヤマザクラ
村の花 スズラン
村の鳥 ヒバリ
南牧村役場
所在地 384-1302
長野県南佐久郡南牧村海ノ口1051
北緯36度1分15秒東経138度29分31.7秒
Minamimaki village-office.jpg
外部リンク 南牧村ホームページ

南牧村 (長野県)位置図

― 市 / ― 町 / ― 村

 表示ノート編集履歴 ウィキプロジェクト

南牧村(みなみまきむら)は、長野県南佐久郡の一つ。村の集落は佐久海ノ口駅周辺の海ノ口地区と、野辺山高原の野辺山地区がある。前者は千曲川のほとりにあり、後者は八ヶ岳の裾野に位置しているため、300m近い標高差がある。村の幹線道路である国道141号線は、両地区を「市場坂」と呼ばれるカーブの連続する勾配のきつい坂で結んでいる。隣の川上村と同様に、高原野菜の産地である。

隣の群馬県甘楽郡にも南牧村があるがそちらは「なんもくむら」である。

歴史[編集]

  • 1889年明治22年)4月1日 - 町村制の施行により、海尻村・海ノ口村・広瀬村・平沢村および大明村の一部(板橋)の区域をもって発足。現在に至る。

地理[編集]

隣接している自治体[編集]

気候[編集]

南牧村(野辺山)
雨温図説明
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
 
 
48
 
-0
-11
 
 
55
 
-0
-11
 
 
99
 
4
-6
 
 
106
 
11
-0
 
 
120
 
16
5
 
 
178
 
19
10
 
 
188
 
22
14
 
 
179
 
23
15
 
 
227
 
19
11
 
 
123
 
14
4
 
 
69
 
9
-2
 
 
29
 
3
-8
気温(°C
総降水量(mm)
出典:[1]

標高が1,000mを超えるために、亜寒帯湿潤気候に属し冬の寒さは非常に厳しい。零下20度以下になることも珍しくない。一方、夏は涼しく避暑地として賑わう。

人口[編集]

Demography20305.svg
南牧村と全国の年齢別人口分布(2005年) 南牧村の年齢・男女別人口分布(2005年)
紫色 ― 南牧村
緑色 ― 日本全国
青色 ― 男性
赤色 ― 女性
南牧村(に該当する地域)の人口の推移
1970年 3,604人
1975年 3,413人
1980年 3,435人
1985年 3,468人
1990年 3,582人
1995年 3,537人
2000年 3,540人
2005年 3,494人
2010年 3,528人
総務省統計局 国勢調査より

行政[編集]

交通[編集]

鉄道[編集]

東日本旅客鉄道JR東日本小海線

海尻駅-佐久海ノ口駅-佐久広瀬駅-(※)-野辺山駅
(※間に信濃川上駅川上村)をはさむ)

道路[編集]

国道

県道

標高日本一[編集]

  • JR線最高地点 - 野辺山清里間(標高1,375メートル)
  • 野辺山駅 - 日本一高い所にある普通鉄道の駅(標高1,346メートル)
  • 南牧村村立南牧南小学校 - 日本一高所にある小中学校(標高1,325メートル)
  • 本沢温泉「雲上の湯」 - 日本最高所の露天風呂(標高2,150メートル)

名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事[編集]

出身著名人(スポーツ選手・文筆家・研究者など)[編集]

  • 長久保初枝(旧姓:高見沢) スピードスケート競技者
  • いではく 作詞家
  • 山川啓介 作詞家
  • 土屋史紀 超高層物理学 (東北大学大学院理学研究科 附属惑星プラズマ・大気研究センター)
  • 中島陽司 質量分析学・同位体地球化学 (現:旭硝子中央研究所)

外部リンク[編集]