筑摩郡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
長野県筑摩郡の範囲

筑摩郡(つかまぐん、ちくまぐん)は、長野県信濃国)にあった

郡域[編集]

現在の下記の区域にあたるが、行政区画として画定されたものではない。

歴史[編集]

国府があった現在の松本市を中心とした地域。大宝律令によって束間から筑摩と改められた。二十巻本の和名類聚抄(巻5・17)には万葉仮名で「豆加萬(つかま)」と訓が記載されており、延喜式(巻10)でも「つかまのこおり」となっている。古来「つかま」と呼ばれていたが、明治時代に「ちくま」に変更された。しかし、松本市内の町丁や筑摩神社、市立筑摩小学校のように「つかま」の名も残る。

木曽地域は鎌倉時代に美濃国恵那郡から編入された部分である。また、古代には麻績郷が更級郡に属していた。郡衙の位置は未詳だが、松本市が最有力と見られる。天平勝宝4年(752年)には郡司大領他田国麻呂の名が見える。

院政時代の荘園として、捧中村荘・捧北条荘(八条院領)、洗馬荘(蓮華王院領)、桐原荘(知行主不明)、岡田郷・浅間社(岩清水八幡宮領)、会田御厨・麻績御厨(伊勢神宮領)、北内牧・南内牧大野牧(左馬寮領)が見える。

近代以降の沿革[編集]

所属町村の変遷は東筑摩郡#郡発足までの沿革木曽郡#郡発足までの沿革をそれぞれ参照

脚注[編集]

参考文献[編集]

関連項目[編集]

先代:
-----
行政区の変遷
- 1879年
次代:
東筑摩郡西筑摩郡