松竹蒲田撮影所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

松竹キネマ蒲田撮影所(しょうちくキネマかまたさつえいじょ、1920年6月 - 1936年1月15日)は、かつてに東京に存在した松竹映画スタジオである。新派歌舞伎の映画化であった当時の映画界(活動写真)とはうって変わり、ハリウッド帰りの技術者を起用したり、女形を排して女優を採用したりするなど、外国映画を踏襲しつつも、新しいスタイルの映画作りを行い、日本映画黎明期をリードする撮影所となった。また国産初の本格的トーキー映画を生み出したのも同撮影所である。通称:松竹蒲田

概要[編集]

設立まで[編集]

1895年12月、大谷竹次郎京都新京極阪井座のオーナーになることで創業、1902年1月、兄の演劇興行者・白井松次郎とともにその名をとって松竹と大阪朝日新聞が報道し、松竹合資会社を設立、松竹合名会社と改称した演劇興行会社「松竹」が、1920年2月、松竹キネマ合名社を設立、映画の製作・配給を発表を発表するとともに[1]東京府荏原郡蒲田村[2](現在の東京都大田区蒲田5丁目)[3]中村化学研究所の跡地9,000坪を買収し、同地に同年6月オープンしたのがこの松竹蒲田撮影所である。

同年11月8日帝国活動写真株式会社を設立、翌1921年4月には、帝国活動写真を松竹キネマ株式会社に改称、松竹キネマ合名社を吸収して、本社を本郷区から京橋区に移転した[1]

作品スタイル[編集]

これまでの日本映画界は歌舞伎新派劇の映画化や旧劇と呼ばれる講談調の時代劇に過ぎなかったものだが、帰山教正らの純映画劇運動によって日本映画界の革新が行われていた。そのさなかに松竹キネマ合名社が設立された。開設当初からハリウッド風の近代的な作品作りを目指し、のちに初代撮影所長となる田口桜村が渡米して、アメリカで活躍していたヘンリー・小谷田中欽之を技術指導者として招いた。同社の陣容は、理事長に大谷竹次郎、社長・理事に玉木長之輔、他の理事に小山内薫松竹キネマ俳優学校校長、撮影総監督兼務)、野村芳亭(営業部顧問兼務)、木村錦花、田口桜村(蒲田撮影所長)らで、撮影技師長に小谷、撮影所顧問に田中が就任した。

蒲田の開設第1作は3巻ものの短篇映画『島の女[1](1920年)で、山崎紫紅の原作を脚本に起こした木村錦花が、小谷と共同で監督し小谷が撮影したものである。主演は川田芳子で、すでに女優を起用している(川田はスター女優第1号と呼ばれている)。この映画は同年11月1日に松竹直営の歌舞伎座山田耕作指揮による交響楽団の演奏で公開されたが、あくまでも歌舞伎座だけの特別上映であったため、一般に出回った実質的な第1回作品は小谷監督・伊藤大輔脚本による『新生』となった。

同年、純映画劇運動の提唱者の一人であった小山内薫が『光に立つ女』『奉仕の薔薇』などの芸術性をメインにした作品を製作したが、商業路線の会社の製作陣と対立して退社。監督になる前の島津保次郎牛原虚彦松竹キネマ俳優学校の卒業生など小山内門下の人たちで松竹キネマ研究所を設立した。その第1作が『路上の霊魂』である。翌1921年に解散し、研究所の所属者は撮影所に復帰している。

1921年田口桜村の後任として野村芳亭が監督と兼任するかたちで撮影所長に就任。野村の指揮の下、新派から題材を取った悲劇的メロドラマや小唄映画など、旧来の活動写真のスタイルの作品が多く作られた。しかし、興業的には成功し、1923年の『船頭小唄』(池田義信監督、岩田祐吉栗島すみ子主演)などの作品が大ヒットした。また、日本映画界で初めてスター・システムを導入した。

1923年9月1日関東大震災によって撮影所は壊滅、復旧までの一時を、京都府京都市松竹京都撮影所に拠点を移す。野村をはじめ多くのスタッフ・俳優が京都へ移ったが、島津保次郎らは蒲田に残っている。また、その間城戸四郎が代理の撮影所長として就任した。

1924年、蒲田撮影所が復旧し、再び蒲田での映画製作がスタートするが、復帰から半年後に野村所長は京都撮影所に異動(2年後に蒲田に復帰している)、代わって城戸が所長に就任した。

以降はサラリーマン階級の庶民の日常生活をユーモアに描いた小市民映画(蒲田調、のちの大船調)が作品の主流となった。島津保次郎牛原虚彦らはその先駆的存在で、清水宏五所平之助小津安二郎成瀬巳喜男などの監督が活躍した。また、チャールズ・チャップリンなどのスラップスティック・コメディ映画を意識したナンセンス喜劇と呼ばれるどたばたコメディも多く製作され、斎藤寅次郎などの監督がその分野で知られる。1928年からは牛原監督・鈴木傳明のコンビで明朗快活な青春映画も製作された。

やがて、トーキーの研究に取り組み、1931年8月1日五所平之助監督の『マダムと女房』を、「国産初の本格的トーキー」と銘打って、帝国劇場で公開した。

終焉・その後[編集]

トーキー化に伴い、町工場騒音の多い蒲田では撮影に支障をきたすようになり、1936年1月15日神奈川県鎌倉郡大船町(現在の鎌倉市大船)の「松竹大船撮影所」(現存せず)に全機能を移転する。同撮影所は閉鎖、高砂香料工業に売却され、16年の松竹蒲田の歴史に幕を閉じるが、この地で製作した映画は1,200本を超えた[2]。現在、同撮影所の跡地には、「大田区民ホールアプリコ」が建っている[3]

データ[編集]

  1. 田口桜村(1920 - 1921年
  2. 野村芳亭(1921 - 1924年
  3. 城戸四郎(1924 - 1936年)

主な所属者[編集]

監督
脚本家
カメラマン
男優
女優
子役

構成[編集]

  • ダークステージ(1~2)
  • グラスステージ
  • 写真部
  • 電気部
  • 撮影部
  • 現像部
  • 衣装部
  • 男優大部屋
  • 幹部俳優部屋
  • 大幹部俳優部屋
  • 女優大部屋
  • 本館
  • 食堂
  • 松竹橋
    正門前を流れていた逆川に架かっていた橋で、その親柱が現在アロマスクエアに記念碑として展示されている。

[編集]

  1. ^ a b c 松竹公式サイト内の「松竹の沿革 1895年 - 1940年」の記述を参照。
  2. ^ a b INAX公式サイト内の「くにまる東京歴史探訪」の記述を参照。
  3. ^ a b 大田区公式サイト内の「松竹キネマ蒲田撮影所跡」の記述を参照。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]